1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. キューバ観光地
  5. ロス インヘニオス渓谷の現地クチコミ
キューバ 観光の現地クチコミ

現地のプロ(3人)詳細

Valle de los Ingenios ロス インヘニオス渓谷

池上和徳 (DTACキューバ観光情報局代表)

大地に刻まれた甘く、そして過酷な記憶!

  • 歴史的観光地おすすめ
  • 定番人気

ロス・インヘニオス渓谷は、トリニダーの西方12 km に位置しています。日本人の感覚では、渓谷というより、むしろ盆地といった感じです。

現在はだだっ広い荒野としか見えませんが、18世紀末から19世紀にかけては、砂糖の一大生産地として、繁栄を極めました。絶頂期には50以上の製糖工場があり、その工場やサトウキビのプランテーションでは、3万人を超す黒人奴隷が労働を強いられていました。こうして製糖は、キューバの基幹産業に成長し、その生産高は世界一になったのです。

ところが、19世紀後半に入ると、奴隷制度の廃止や砂糖相場の暴落等によって、衰微の一途をたどり,工場は操業停止に追い込まれていきます。
現在、総面積270平方 kmのプランテーションと70以上の製糖工場が、廃墟と化しています。

そんな中で、往時を偲ばせる遺構が残っているのが、マナカ・イグナサとグアチナンゴ。
マナカ・イグナサには、農園主アレホ・イスナガが1835年に構築した、高さ45 m の監視塔、通称“イスナガの塔”と農園主の邸宅が現存。監視塔は創建当時、キューバで最も高い塔だったと言われており、まさに、イスナガ家がその権威を見せつける象徴でした。塔は登ることができ、かつて奴隷を見張っていた最後部からは、ロス・インヘニオス渓谷が一望できます。邸宅は現在、レストランとして営業。

マナカ・イグナサではお土産に、繊細な刺繍が入ったファブリックが売られています。この地に移民した中国人から伝わったそうです。
なお、ロス・インヘニオス渓谷は、トリニダーとともに、1988年、世界文化遺産に登録されています。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。