2019年 格安航空券比較サイト/格安ホテル比較サイト オリコン顧客満足度®調査第1位に選ばれました!
  1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. キューバ観光地
  5. ソロア蘭園の現地クチコミ

キューバ 観光の現地クチコミ

現地のプロ(3人)詳細

Orquideario Soroa ソロア蘭園

キューバに移住した2人の男の人生が、花を咲かせた!

  • 自然散策おすすめ
  • 穴場
  • 人気急上昇
  • 地元っ子に人気

21歳の時にスペインからキューバへ移住して、後に大統領の法律顧問を務めた、トマス・フェリベ・カマチョが、蘭が好きで早逝した娘を偲んで、1943年に造園を開始したのが、ソロア欄園です。

ハバナから西に約90km、車で約1時間のシエン・デル・ロサリオ生物保護区内にあり、広さは約3万5000平方m。海抜約250mの、雨の多い谷間に展開しています。
園内には約700種類の蘭が1年中、咲き誇っており、その内の約130種類がキューバ固有の種。中には世界最小の蘭をはじめ、虎柄模様やチョコレートの香りを放つ品種等、珍しい花も含まれています。

この蘭園には、一人の日本人が深くかかわっています。1931年に留学のために渡米する途中、キューバで病に倒れ、この国で一生を終えることになる竹内憲治です。
もともと園芸・農業に素養があった彼は、アメリカの大財閥、イレーネ・デュポンに庭師として雇われ、バラデラにあるデュポンの別荘の庭園を手掛けました。1950年には、キューバ独立革命の英雄、ホセ・マルティと命名した百合の花を栽培して名声を博します。竹内はソロアでも辣腕を発揮して、蘭の育成はもちろん、害虫や病気の研究、そして予防法を考案して、偉大な業績を上げたのです。

現在でも、園内の一画にその研究施設が残っています。また、後輩達によって、様々な蘭研究が継承されています。
彼は1977年にキューバで76年間の生涯を閉じましたが、フィデル・カストロは彼を亡き友と慕い、日本人としての美徳の全てをキューバへの奉仕に捧げたと追悼しました。

Carretera a Pinar del Rio Cuba
☎ +53・48・522848
営業時間 8:00〜17:00 無休 入園料は3CUC(約350円)

  • ジャンル
    その他自然・景勝地
  • エリア
    ソロア
  • 住所
  • 電話番号
    +53-48-522848
  • 営業時間
    8:30-16:30
  • 予算
    入場料 3CUC
    カメラ撮影 2CUC
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。