1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ホイアン(ベトナム) 治安・危険情報

ホイアン (ベトナム) 危険情報の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

 
  • 1 ランタン祭り
  • 2 古都ホイアン (ホイアン旧市街)
  • 3 ホイアン ナイトマーケット

ホイアン全域で注意したいこと

乾季と雨季のホイアン観光の仕方

ダナンよりも土地の低いホイアン。
まず乾季の特に5~8月はとても蒸し暑い!
しかも旧市街は世界遺産の景観保護の為、冷房施設があまり整っていません。街歩きをしていて、気付いたら熱中症になっていた、というお客様もよくいらっしゃいます。水分補給は必ず行ってください。水だと、体内の塩分濃度を薄めてしまうので、スポーツドリンクやフルーツジュース等が好ましいです。
旧市街の中にはカフェが沢山あり、路上でも飲みのもを売っています。路上のペットボトルのスポーツドリンクは約10,000VND(約50円)~です。当然ですが売り子によって値段は違います。
次に、雨季の中でも台風シーズンの10月、11月で雨のとても激しい日や台風が接近している時に観光をするのはあまりお勧めできません。
先にご紹介したように、ホイアンは土地が低く水捌けもあまり良くないので、洪水に見舞われれやすく、旧市街側のトゥボン川が氾濫することもあります。
多少の雨であれば情緒があり、素敵なのですが、激しい雨の際は日を改めるといいかもしれません。

ホイアンで道を渡る際には更に注意を!

ベトナムに来ると、外国人は道を渡るのが大変、と言われていますが、ダナンよりもホイアンの方が車やバイクの運転が荒い印象があります。
ダナンやその他都市では、ゆっくり歩いて立ち止まらなければ向こうが避けてくれる、と言われておりますが、ホイアンは特にスピードが速く、運転が荒いドライバーが多いです。
旧市街の中は基本的に車やバイクの侵入が禁止なので比較的安全ですが、それ以外は車やバイクが猛スピードで通っているので、道を渡る際はよく確認して、できれば信号のある所を渡って下さい。
信号のある道でも、ベトナムは「赤も気を付けて進め」タイプの人が多いので、注意しながら渡ってください。

  • エリア
    カム チャウ
  • ジャンル
    祭り

ランタン祭りは犯罪率高め!

毎月旧暦の14日はランタン祭りが催されるホイアン旧市街。
世界各国から観光のお客様や、地元民で賑わうお祭り。
ランタン祭りに合わせて、ホイアンに行かれる方も多いのでは?
しかしながら、暗闇の中、人が多く集まっているのでスリやひったくり、置き引き等が多く起きます。
人ごみに紛れて狙われやすいのは鞄やポケットに入れた財布や携帯電話のスリ。鞄ごと盗られてパスポートも中に入れていた…なんて事になるとかなり大変です。(パスポートの紛失についてはダナンの危険情報をご参照ください。)
比較的治安のいいベトナム中部ですが、大人数の多国籍の人が行き交う中で失くしたものはなかなか出てくることは難しいです。警察も諦めるしかない、という態度で接してきます。
ポケットには物を入れない、鞄はファスナーの付いているもので必ず自分の目の届く位置に持つ、リュックは前に持つ、等して十分に注意して下さい。
各旅行会社のツアーでも、ランタン祭りの日は混乗のお客様が増えるのでガイドさんもずっと一人一人の動きを警戒できません。
自分の身は自分で守り、観光を楽しんでくださいね。

2 古都ホイアン (ホイアン旧市街)

このスポットの観光情報を見る

  • エリア
    ホイアン シティ センター
  • ジャンル
    世界 遺産

人の写真を撮る時は注意。

ホイアン旧市街では竿に籠を付けたものを背負ってフルーツを売るベトナム人や、暗くなってくると川に流す灯籠を売るベトナム人が沢山います。
ベトナムらしい!と売り子のベトナム人の写真を撮る方がいらっしゃいますが、無料ではないことも。
売り子によっては写真を撮ると「Picture!!1USD!(20,000VND、約100円)」と言われ、お金を請求されます。
最近では竿に籠を付けたものをにこにこと観光客の肩に乗せて来て、写真を記念に撮ったら?と誘って来る売り子もおりますが、それも有料ですのでご注意を。
子供達の売り子もとても可愛らしいですが、彼らもきっちり写真代請求をすることがあります。

3 ホイアン ナイトマーケット

このスポットのショッピング情報を見る

  • エリア
    ホイアンその他
  • ジャンル
    市場

紙幣のすり替えや破損しているお札に注意

ベトナムの紙幣は全てホーチミン氏が描かれており、金額も0が多く分かりにくいです。ナイトマーケットでは薄暗い中、お会計をするのでおつりが間違っていることもあります。また、こちらが出した金額が足りていたにも関わらず、お札をすり替えて足りない!と更に要求される悪質なケースも。
お金を渡す前とおつりは、しっかりと確認しましょう。
色で見分けると分かりやすいかもしれません。
また、ベトナムでは一部破けて欠如している紙幣は使えません。その様な紙幣がおつりで来た場合は、必ず替えてもらいましょう。
セロハンテープで補強してあるものは使える場合多いですが(それでもババ抜きみたいなもので、見つかると断られる場合も)、出来るだけ替えてもらい、破損の無い紙幣を受け取るようにしてください。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。