1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ハワイ島(ハワイ)観光地
  5. ハワイ火山国立公園の現地口コミ・地図

Hawaii Volcanoes National Park ハワイ火山国立公園

  • 世界 遺産 国立公園
  • ヒロ
  • 価格帯大人(車1台につき) 10USドル
    大人(徒歩・自転車) 5USドル
  • 定休日なし

このスポットへ行くオプショナルツアー

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Hawaii Volcanoes National Park, Island of Hawaii, Hawaii 96718, United States of America
アクセス
ヒロ空港から車で約1時間13分
営業時間
24時間(噴煙の影響で一時閉鎖になる可能性有) [キラウエア・ビジター・センター]7:45~17:00 [ジャガーミュージアム]10:00~19:30
公式サイト
http://www.nps.gov/havo/planyourvisit/plan_your_visit_japanese.htm
電話番号
+1-808-985-6000
駐車場
あり(無料)
投稿日2016/03/07

今も火山活動が続くハワイ火山国立公園

  • 自然散策おすすめ
  • 定番人気

(グルメライター)

ヒロの町から40分ほど、車で走るとハワイ火山国立公園に行きつく。高台に上がって行くため、外の気温も少し涼しくなる。

火山国立公園に入ると、歩いて探索できる場所と、車で移動する場所の二通りがある。
まず歩いて行けるところは溶岩洞。これは約500年前にできた溶岩のトンネル。溶岩が冷えた壁から流れ出て、空気に触れた表面が残り、溶岩の流路に巨大が空洞ができたもの。それほど長くはないが、このトンネル内を歩いてみるのはハワイ島のキラウエア国立公園ならではの醍醐味であろう。

また、火口を望むボルケーノ・ハウスがあり、あの有名な『トム・ソーヤーの冒険』の著者、マーク・トウェインもハワイ訪問の際にここに宿泊したとのこと。ちなみにホテルは2013年に改築され、新しい経営陣で最オープンしている。そしてこのレストランから見えるのが、ハレマウマウ火口である。

車で移動する場合、「世界唯一のドライブイン火山」と呼ばれ、両側いたるところに溶岩が冷えて残っている道を通り、その様子をそこかしこで見ることができ、その一番南では、太平洋に溶岩が落ちて、噴火が今も続いている様子を感じることができる。

【現地クチコミ事務局よりお知らせ】------------------------------
ハワイ州知事は、現地時間2018年5月3日(木)、
ハワイ島キラウエア火山の噴火に伴い非常事態宣言を発出しました。

キラウエア火山の火口周辺にあるハワイ火山国立公園は、
新たな噴火の可能性も指摘され、5月11日から当面の間閉鎖されることになりました。

周辺地域のご旅行を予定されている方は最新情報の入手に努め、
安全確保に十分注意を払ってください。

▼外務省

ハワイ島キラウエア火山の噴火に伴う注意喚起(その2)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2018C075.html

ハワイ島キラウエア火山の噴火に伴う注意喚起
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2018C068.html

▼ハワイ火山国立公園の最新情報はこちらの公式HPをご覧下さい(英語のみ)
https://www.nps.gov/havo/index.htm

2018年5月14日 現地クチコミ事務局
------------------------------------------------------------

投稿日2015/03/23

ハワイで最も人気の観光スポットで、自然のエネルギーを体感

  • 観光おすすめ
  • ガイドの超イチオシ!

(ライター、レストラン経営)

 ハワイ火山国立公園は、ハワイで最も人気のある観光スポット。世界で最も活発な火山といわれるキラウエアと、世界で最も体積の大きい火山であるマウナロアを含む広大な国立公園です。1987年には世界遺産地域に登録されました。
マウナロアが最後に噴火したのは1984年。キラウエアは1983年以来ずっと噴火を続けています。
この国立公園に行くなら、まずはビジターセンターで情報を収集を。噴火の最新情報や、ハイキングコースの地図などが入手できます。また、さまざまなアクティビティの予約もできます。
キラウエア・カルデラを一周するクレーター・リム・ドライブを通れば、キラウエア展望台やジャガーミュージアム、ハレマウマウ火口、サーストン溶岩洞などのメイン・アトラクションをまわることができます。
この公園の一番の楽しみ方は、なんといってもハイキング! 初心者向けから上級者向けまで、たくさんのトレイルがあるので、自分のレベルに合うトレイルをぜひ歩いてみてください。ハワイ島の大自然を体で感じることができるはずです。
アクセスは、ヒロから車で45分、コナからは3時間もかかります。見どころの多い公園なので、できればヒロでの滞在がおススメ。公園内には施設がないので、水や食料を忘れずに。標高が高いので、寒さに対応できる服装を。溶岩流の状況によって道路が閉鎖される場合もあります。
キラウエアはハワイアンにとって聖地。ハレマウマウ火口は、女神ペレが住む場所としてしれれています。火山の石は聖地の一部なので、絶対に持ち帰らないようにご注意を!

投稿日2015/03/23

世界遺産に触れるハワイ火山国立公園

  • 観光おすすめ
  • ガイドの超イチオシ!

(医療介護系)

ヒロ空港からハイウェイ11号線を40分ほど南へ進んでいくと、ハワイ島で最も有名な観光スポットであるハワイ火山国立公園があります。
ハワイ島をよく知らない人でも、火山がすごい!というのはご存知なのでは。

この国立公園は、標高1247mのキラウエア山の山頂をメインとして、その裾野一体に広がる多くのクレーターや、真っ黒な溶岩台地が広がっていて、その眺めは圧巻です。
世界遺産にも指定されているこのキラウエア山頂にできたキラウエアカルデラ、その中にあるハレマウマウクレーター、このクレーターが2008年に水蒸気爆発を起こしてそれ以来噴煙がモクモクと今もなお上がり続けているんです。ハワイの人は、火の女神マダム・ペレが住む場所と信じています。
日中は灰色の噴煙ですが、夕方暗くなってから見ると、陥没した中からマグマが噴煙を真っ赤に染め、暗闇の中に幻想的な赤い煙が上っている様子を見ることができます。
展望できるジャガーミュージアムでは火山の知識や、実際にハワイ島の幾つかの場所に設置している振動観測計を見る事ができます。 お土産売り場では、国立公園ならではのここでしか買えないオリジナルがたくさんありますよ。

見どころを書き出したらきりがないのですが、有名どころは、キラウエア・イキクレーター、なんとクレーターを実際にハイキングできるんですよ!他には溶岩が地下を流れた際にできたトンネル“サーストン・ラバチューブ“、ひんやりしていて気持ちがいい洞窟のようなところです。ハワイ島の火山地帯で生息する原生林オヒア・レフアも探してみてください。
国立公園内は、レンタカーで自由に動き回るかツアーに参加をしないと、歩いては見てまわれません。ボルケーノハウスというクレーターが目の前に眺望できるホテルもありますし、併設されているレストランは、宿泊者以外でも利用できます。このレストランからの眺めも最高です。
溶岩台地の上で寝転がって台地を感じてみたり、ハワイの原生林オヒアの森をハイキングして鳥の声を楽しんだり、1日中いても決して飽きることのない公園です。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する