1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. マニラ(フィリピン)のモデルコース

マニラ (フィリピン) モデルプランの現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

1万円未満 1万円以下で満喫するフィリピンの歴史を訪ねる旅 1日コース

このモデルプランのポイント

1万円以下でマニラの歴史を訪ね歩くプランです。マニラは危険な箇所も多いので、ひとけの無いところには行かない、日本語で話しかけてこられても気軽に返事しない、身の回りの持ち物には常に注意して下さい。

地図アイコン例
  • レストラン
  • ホテル
  • 観光地
  • ショッピング
スケジュール
  • 合計予算
    5,950円/人
  • 所要時間
    11時間 5
    移動 1時間 45分を含む
  1. 1
    08:00~08:05
    ニュー ワールド マニラベイ ホテル
    徒歩
    移動:55分
    詳細を見る

     早朝出発して海沿いを散歩してみましょう。

     馬車「カレッサ」が近づいてきますがほとんどが交渉通りの料金では済みません。
    絶対に乗らないようにしましょう。
     
     散歩が済んだら、イントラムロスエリアに出かけましょう。

    車
    移動:30分
    詳細を見る

    タクシーをつかまえたら「イントラムロス、CasaManila(カーサ・マニラ)」と伝えて下さい。15分ほどで石造りの大きな建物にたどり着きます。

  2. 2
    09:30~10:00
    カーサ マニラ博物館
  3. 3
    10:00~13:00
    バンバイク
    車
    移動:15分
  4. 4
    13:15~14:00
    ジョリビー(ロビンソンズ プレイス)
    車
    移動:60分
  5. 5
    15:00~18:00
    アヤラ博物館
  6. 6
    18:00~20:00
    Sentro 1771
1 08:00~08:05ニュー ワールド マニラベイ ホテル
  • エリア
    シティー・オブ・マニラ
  • 住所
    1588 Pedro Gil cor M.H. Del Pilar Manila Philippines
  • ランク
    5つ星ホテル ?
  • 電話番号
    +63-2-2526888
  • チェックイン
    14:00~12:00
  • チェックアウト
    12:00

ステンレスのバケツを担いで声を出している行商人がいたらそれは「タホ売り」です。タホはフィリピンのおやつで豆腐にタピオカと黒蜜をかけて頂きます。小は10ペソ大は20ペソ程度で売り歩いています。日本人にはなじみのある味ですのでトライしてみて下さい。
こちらのニュー ワールド マニラ ベイ ホテルの前あたりにたくさんいるはずです。

写真はタホ

その他で移動約分
料金目安
約0円
2 09:30~10:00カーサ マニラ博物館
  • エリア
    シティー・オブ・マニラ
  • 住所
    General Luna Street, Intramuros, Manila, Luzon, 1002 Metro Manila, Philippines
  • ジャンル
    博物館
  • 営業時間
    [火-日]9:00-18:00
  • 定休日
    月曜日、祝日
  • 電話番号
    +63-2-527-4084
    +63-2-527-4088
  • 平均予算
    150円

1850年に作られたスペインの邸宅をまねて1980年にマルコス元大統領のイメルダ夫人によって建てられました。
 中は博物館になっており75ペソ(=約150円)で見学できます。スペイン時代の暮らしや調度品に興味のある方にだけお勧めです。

3 10:00~13:00バンバイク
  • エリア
    シティー・オブ・マニラ
  • 住所
    Bambike HQ, Plaza San Luis Complex, Real Street, corner General Luna Street, Manila City, 1002 Manila, Philippines
  • ジャンル
    その他体験・アクティビティ
  • 営業時間
    [火-日]9:00-18:30
  • 定休日
    月曜日
  • 公式サイト
  • 電話番号
    +63-2-5258289
  • 平均予算
    2,400円

カーサマニラ博物館のとなりに、竹で作った自転車がたくさん置いてあります。そこは「BamBike(バン・バイク)」という竹製自転車専門の自転車屋。
フィリピン人が誇りを持って働ける職場をと、ブライアンさんが創業しました。収益金は地元の教育にも充てられています。
バン・バイクは、10箇所の観光スポットを2時間半かけてめぐるエコツアーで体験できます。
好きなバン・バイクを選び、ヘルメットをかぶり、水を受け取れば出発です。出発時間は10時と15時の2回、事前に必ず予約しましょう(63-2-525-8289)。
ツアー料金は1200ペソ(約2400円)。

車車で移動約15分
料金目安
約200円
4 13:15~14:00ジョリビー(ロビンソンズ プレイス)
  • エリア
    シティー・オブ・マニラ
  • 住所
    Ground Floor, Robinson’s Place, Ermita, Manila, 1000 Metro Manila
  • ジャンル
    アメリカ料理 ハンバーガー ファーストフード
  • 営業時間
    8:00-22:00
  • 定休日
    無休
  • 公式サイト
  • 電話番号
    +63-2-5367839
  • 平均予算
    250円

フィリピンではマクドナルドよりも店舗数の多い、フランチャイズハンバーガー屋さん。
街のいたるところにあります。かわいいキャラクターは「ハチ」がモチーフとか。並んで記念撮影はいかがでしょうか?

ハンバーガーもさることながら、甘くてふわふわしているスパゲッティー、KFCのようなチキンも地元では愛されています。

車車で移動約60分
料金目安
約250円
タクシーでアヤラミュージアムへ
5 15:00~18:00アヤラ博物館
  • エリア
    マカティ
  • 住所
    Makati Avenue corner De La Rosa Street, Greenbelt Park, Makati City 1224, Philippines
  • ジャンル
    博物館
  • 営業時間
    [火-日]9:00-18:00
  • 定休日
    月曜日、12月24・25日、年末年始
  • 公式サイト
  • 電話番号
    +63-2-759-8288
  • 平均予算
    500円

アヤラミュージアムでは、フィリピンの歴史を知ることができる常設展と、近現代芸術などのイベントが開かれています。

館内全てを見て回るには約2時間かかります。歩き疲れたらミュージアム1階のミュージアムカフェで休憩しましょう。
カラマンシーなど、フィリピンならではドリンクもあるのでぜひトライしてみましょう。

(写真はフィリピンのブランド葉巻「タバカレラ展」より)

6 18:00~20:00Sentro 1771
  • エリア
    マカティ
  • 住所
    Level2, Greenbelt 3, Ayala Center, Makati, 1228 Metro Manila
  • ジャンル
    フィリピン料理 ファーストフード
  • 営業時間
    11:00-23:00
  • 定休日
    無休
  • 公式サイト
  • 電話番号
    +63-2-7573941
  • 平均予算
    2,000円

フィリピン料理のイメージを良い意味で180度変えてくれる「Sentro 1771」。

マストトライは「Sinigang na Corned Beef(シニガン・ナ・コーンド・ビーフ)」(595ペソ)。注文すると「さかずき」のような入れ物で味見させてくれるので好みの酸っぱさを伝えましょう。

(写真はシニガン。)

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。また、各スポットの予算も、訪問時点の為替レートに基づきおおよその日本円に換算しています。
    訪問先の都合や現地事情、為替レートの変動により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。