1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ミュンヘン(ドイツ)観光地
  5. ローテンブルク市庁舎の現地口コミ・地図

ミュンヘン(ドイツ)

現地のプロ(4人)詳細を見る

Rothenburg Rathaus ローテンブルク市庁舎

  • その他建造物
  • ローテンブルク
  • 価格帯入場料(大人) 2ユーロ
    入場料(15歳以下) 0.5ユーロ
  • 定休日塔は11月と1~3月の平日

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Marktplatz 1, 91541 Rothenburg ob der Tauber, Germany
営業時間
[4~10月]9:30~12:30、13:00~17:00
[11~3月]12:00~15:00
公式サイト
http://tourismus.rothenburg.de/
電話番号
+49-98-614040
駐車場
なし
投稿日2015/05/01

ロマンチック街道で見逃せないスポット。からくり時計で有名。

  • 観光おすすめ
  • 定番人気

(フリージャーナリスト)

ミュンヘンがあるバイエルン州にある観光地で、最も日本人に人気があるのはローテンブルクかもしれません。
おとぎ話に出てくるような城壁と街並みは一度は訪れてみたいと思うことでしょう。

中でも、この街で最も有名な観光地が市庁舎です。マルクト広場に面して建つこの市庁舎、
最初にできたゴシック様式の部分と、その後に出来た広場に面したルネサンス様式との二つの部分が、
バロック様式のアーケードでつながるという形になっています。

ゴシック様式の建物から高さ60メートルの尖塔が伸びています。塔の上へは螺旋階段を登って行かねばなりませんが、
上からの眺めはその苦労を吹き飛ばすのに十分なほど、息を飲む見事な風景が広がっています。

市庁舎に行った際に見逃せないのが、すぐ隣にある市参事会酒宴館の「からくり時計」です。
壁には、時計と日時計、その両脇にからくり時計の仕掛けがある小窓があります。
11〜15時と20〜22時の毎正時に窓が開き「上演」が始まります。
マイスタートルンク、というからくり時計のストーリーを紹介しましょう。

三十年戦争の際、この街を攻略したティリー伯のヨハン・セルクラエスという人物が、
「この大ジョッキーに入ったワインを飲み干したら、街を襲うのをやめる」と提言。
これを聞いた市長のヌッシュがこの3.25リットルのワインを飲み干し、街の人を救いました。
この故事に基づいて仕掛けが作られています。ちなみに左の窓がティリー伯、右がヌッシュです。

夜遅くでも観光客が結構集まっています。夕食後に夜景観光をしながら時計を見に行くのも良いでしょう。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
ローテンブルク市庁舎周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する