1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ニューヨーク(アメリカ)ホテル
  5. ザ タワーズ アット ロッテ ニューヨーク パレスの現地クチコミ
ニューヨーク (アメリカ) ホテルの現地クチコミ

現地のプロ(11人)詳細

The Towers at Lotte New York Palace ザ タワーズ アット ロッテ ニューヨーク パレス

海外ドラマ「ゴシップガール」のロケーションとしても大人気なラグジュアリーなホテル

  • ガイドの超イチオシ!

19世紀には ジャーナリストからノーザンパシフィック鉄道王として、
アメリカンドリームを成し遂げたヘンリー・ビラード氏の邸宅だった建物の後ろ側に、
54階の高層ビルが増築されました。
この40階以上のフロアーの部分を、ザ・タワーズとして、パレスホテルとは差別化をしています。
2014年に、リノベーションが終了したばかりなので、近代的な設備のホテルと言えるでしょう。

タワーズ宿泊者専用のプライベートエントランスにて、チェックインすると、
ミネラルウオーターとおしぼりのサービス。
ウエルカムシャンペンは、このフロントデスクの向い側に置かれています。
フロントのすぐ横のデスクは、タワーズ宿泊者専用のコンシェルジェデスク。
彼らは、不可能を可能にする選りすぐりの精鋭として知られています。

フロントデスクの対応も、明るくてフレンドリーです。
私達が宿泊した時は、手続きを終えると、「待つ甲斐は絶対あるから、期待して!」と、
本当に、かなり待たされたのですが、お部屋をアップグレードしてもらえました。
予想していた43平米のタワーズルームが、51階にある99.4平米のスイートのお部屋に
泊まれたのは、奇跡。まさに、ゴシップガールの世界そのまま。

お部屋に入るとすぐ、マンハッタンの摩天楼が目に飛び込んできます。とにかく広いです。
NY特有の狭いホテルに慣れている私としては、これは、かなりの衝撃でした。
大改装工事中のセントパトリック大聖堂とロックフェラーセンター、
ミッドタウンの摩天楼が眼下に広がります。
テレビ画面上のホテルインフォメーションに限って、日本語字幕の選択も可能です。

ベットルームに、Ipadタイプのタッチパネルがあり、照明、室内温度、アラーム機能、
カーテン開閉、プライバシーの設定がこの一台でできるようになっています。

ハイスピードインターネットのアクセスは、タワーズ宿泊者は、
ラストネームと部屋番号を入力すればフリー。

ミニチョコレートとミネラルウオーターが、ベッドサイドにありました。

深夜1時までに革靴をお部屋の外に出しておけば、翌朝7時までには、靴磨きもしてくれます。

アメニティは、Molton Brown、ルームサービス24時間、ターンダウンサービス有。

ルネサンス・スタイルの豪華なロビーと近代的でモダンな客室

  • 有名人ご用達

アメリカで有名な財閥の一人、ヘンリー・ビラードの邸宅「ヴィラード・マンション」を改装した豪華なラグジュアリー・ホテル「ニューヨーク・パレス」。その隣に建設された55階立てのタワー棟「ザ・タワーズ」は、近代的でモダンなホテルです。ロビー部分の「ヴィラード・マンション」は、ルネサンス・スタイルでまさに「宮殿」。「ザ・タワーズ」というだけあり、全客室からマンハッタンのビル群を眺望できます。ホテル全域にWi-Fiが完備され、無料でインターネットが利用できます。スパ、マッサージなどもあり(有料)、広く開放的なフィットネス・センターは夜10時までオープン。館内には、有名フレンチ・シェフ、ミシェル・リチャード氏が腕を振るう「ヴィラード・ミシェル・リチャード」があり、味・人気ともに上々。アメリカの高級レストランでは、子供が入れない場合があるため、ホテルではベビーシッター・サービスも行っています。その他にも、スイーツやペーストリー、コーヒーなどが飲めるカフェ「ポム・パレス」や、バーラウンジ「トラブルズ・トラスト」や「タバーン・オン51」もあり大人のためのサービスが充実。また、宿泊プランのひとつに朝食付きの「ポム・パレス・ブレックファースト・パッケージ」があり、リチャード氏の極上ペーストリーが味わえます。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。