1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. サンディエゴ(アメリカ)観光地
  5. クヤマカ ランチョ ステート パークの現地クチコミ
サンディエゴ (アメリカ) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Cuyamaca Rancho State Park クヤマカ ランチョ ステート パーク

ohtakarosan (製造会社顧問)

自由気ままに大自然を感じよう!!

  • 自然散策おすすめ
  • 穴場

クヤマカランチョステートパークは、サンディエゴから1時間程度の場所にあります。フリーウェイI-8を西に向かってデスカンソからフリーウェイ79号を左折し、山岳道路に入っていくと、普段見ている景色とは一味違う山間部の景色が見えてきます。この公園は広大で、ロスカバロスキャンプグラウンドというキャンプ場には、テントやバンガローのレンタルなどが出来るため、週末には多くのキャンパーが訪れます。

79号をはさんだ反対側にはストーンウォールピークへのトレイルヘッドがあり、単独峰のストーンウォールピーク頂上までストーンウォールピークトレイルを歩くこと片道1時間半くらいで登ることができます。ストーンウォールピークは山の頂上部分がむき出しの大きな岩となっており、その頂上からは360度の展望が可能で、サンディエゴの街並みや水平線などを楽しむことができます。時には大岩をロッククライミングで登っている人に会うこともあります。

この登山道は、急坂を避けるため細かな折り返しカーブになっており、高低差は300m程度ですが、歩行時間は前述のように1時間半程度かかります。79号をさらにもう少し走るとカヤマカ湖があり、ここにもキャンプ場があって週末にはファミリーキャンパーでにぎわい、湖では多くの太公望たちが釣り糸を下げて楽しんでいる様子が見られます。I-8をさらに西に向かいS1を左折してしばらく行くと、Lake Big Lagna周辺に行くことができますが、雨の少ないこの地方において、この湖はほとんど枯渇状態になっており、名前だけの湖となっています。

この周辺には広大な大草原が広がっており、その草原を周回するようにいくつかのハイキングコースが整備されています。コースはとてもフラットで歩きやすく、馬にのって、ハイキング、マウンテンバイクで、などなど多様な楽しみ方ができます。ハイキングコースにはきちんとルールが明示されており、リスクを極力減らす努力が伺えます。ハイカーやバイカーなどには大変貴重な遊び場になっているようで、週末には多くのマウンテンバイクや乗馬を楽しむ人に会うことができます。啄木鳥がたくさんの穴を開けたもみの木の幹などを眺めながら、時を忘れてのんびり歩くのもまたいいものです。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。