1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. 上海(中国)観光地
  5. 南翔老街の現地クチコミ
上海 (中国) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

Nanxiang Old Street 南翔老街 ナンシャンラオジエ

Myusya (旅行関連の編集、ライター)

地下鉄でさくっと行ける、古き良き水郷へ!名物・小籠包も忘れずに味わって

  • 食べ歩きおすすめ
  • 定番人気

上海を訪れるからには、近場の水郷にも行ってみたいという人も多いはず。
そんな人のために、貴重な水郷「南翔老街」をご紹介します。
ちなみに南翔は、上海名物・小籠包の発祥の地でもあるんです!

まずは地下鉄に乗って数十分、11号線南翔駅を目指します。
上海の地下鉄は安いので、主要なスポットから南翔までは5元ほどで行けます。

南翔駅に到着後、南翔老街まで行く方法は徒歩、バス、タクシーの3つ。
観光客の立場だと、バスはちょっぴりハードルが高いかも?
がんばって徒歩で20分くらい歩くか、メモを見せてタクシーで向かうか
どちらかの方法をチョイスした方が良いかなと思います。
ちなみに徒歩の場合、駅の2号口を出て、ひたすら目の前の道を歩けば到着します。

南翔老街のメインは、人民街、解放街、共和街、混堂弄という4つの歩行街です。
主要な観光ポイントには、日本語の説明文(間違いは多いですが…)が書かれています。

見どころとしては、街の中央の双塔をはじめ1000年近い歴史を持つ建造物、
古寺「雲翔寺」、「檀園」という美しい庭園などがあります。

このほか、中国らしいおやつやB級グルメ、お土産屋さんなどを
冷やかしながら見てまわるのも楽しいですね。

そして、なんといっても小籠包は外せません!
小籠包のお店はたくさんありますが、おすすめは、雲翔寺の近くにある「長興楼」。
プレーンな「南翔小籠」は8個で15元と安価なのに、味のレベルはかなり高いです。
蒸したてアツアツで、かぶりついたときにあふれ出るジューシーな肉汁がたまりません。

市内から少し足をのばすだけで、宋代や明代の史跡にふれることができるうえ、
本場の小籠包をリーズナブルに味わえる、穴場的なスポット。
上海観光のスケジュールに、組み込んでみてはいかがでしょうか。

  • 中国本土からアクセスした場合、GoogleMAPが表示されない可能性がございます。
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。