1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. 上海(中国)のモデルコース

上海 (中国) モデルプランの現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

1万円未満 地元の名物グルメとレトロな街並みを満喫!日帰りおでかけプラン 1日コース

このモデルプランのポイント

上海に来たらはずせないローカルグルメ&中国ならではの懐かしい風景や古い街並みを楽しむプラン。地元の人たちに愛される名物を食べ歩くのは、上海旅の醍醐味のひとつ! 市内からひと足延ばして水郷をのんびり散策した後は、有名スポットから隠れた文化系ストリートまで、効率良く一気に巡っていきましょう。

  • 中国本土からアクセスした場合、GoogleMAPが表示されない可能性がございます。
地図アイコン例
  • レストラン
  • ホテル
  • 観光地
  • ショッピング
スケジュール
  • 合計予算
    5,420円/人
  • 所要時間
    10時間 20
    移動 1時間 50分を含む
  1. 1
    10:00~11:30
    南翔老街
    徒歩
    移動:10分
  2. 2
    12:00~13:00
    古猗園餐廳
    電車
    移動:45分
    詳細を見る

    地下鉄11号線「南翔」駅から出発、上海の中心部へと戻ります。「江蘇路」駅で2号線に乗り換えて、「南京東路」で下車。

  3. 3
    14:00~15:00
    福州路
    電車
    移動:20分
    詳細を見る

    地下鉄10号線「南京東路」駅から出発して、「豫園」駅で下車。一駅なので、歩いて行くことも可能です。

  4. 4
    15:30~17:00
    湖心亭
  5. 5
    17:00~19:00
    豫園商城
    電車
    移動:20分
    詳細を見る

    地下鉄10号線「豫園」駅から出発。「南京東路」駅で2号線に乗り換えて、「南京西路」駅で下車。

  6. 6
    19:30~20:30
    [閉店]夏麺館(恒隆広場店)
    徒歩
    移動:15分
  7. 7
    21:00~21:30
    甜蜜蜜(呉江路店)
1 10:00~11:30南翔老街 ナンシャンラオジエ
  • エリア
    嘉定
  • 住所
    中国上海市嘉定区南翔鎮
  • ジャンル
    その他の観光地
  • 営業時間
    店舗によって異なる
  • 定休日
    なし
  • 平均予算
    0円

まずは上海市内から地下鉄またはタクシーで移動して、レトロな雰囲気が漂う「南翔老街」へ。4つの歩行街がコンパクトにまとまっているので、時間を気にせずのんびりと観光が楽しめます。気軽に足を運べる水郷として有名なこちらには、1000年近くの歴史を持つ建造物や古寺「雲翔寺」のほか、美しい庭園など見どころがいっぱい!屋台や軽食屋さんに立ち寄ってB級グルメに挑戦したり、お土産ショップを見て回るのもおすすめ。

徒歩徒歩で移動約10分
料金目安
約0円
南翔老街から「古猗園」という古い庭園を目指して歩くこと約10分。庭園正門の左手側に、次の目的地「古猗園餐廳」があります。
2 12:00~13:00古猗園餐廳
  • エリア
    嘉定
  • 住所
    中国上海市嘉定区南翔鎮宜公路218号古猗園
  • ジャンル
    その他中華料理
  • 営業時間
    [月-金]8:00-16:00、[土・日]8:00-18:30
  • 定休日
    無休
  • 電話番号
    +86-21-59121335
  • 平均予算
    1,000円

南翔は上海名物・小籠包の発祥地でもあります。そのルーツと言われるのがこちらのお店。店内は広いのですが、有名店のためランチ時には満席&行列ができますのでご注意を。入口の右側にあるレジで注文して、受取所でレシートと蒸籠を交換するスタイル。南翔小籠(20個入り)は30元、蟹粉小籠(10個入り)は25元。厚めの皮とぎっしりお肉が詰まった餡は、食べごたえ満点!本場の美味しさをぜひここで味わってみてください。

電車電車で移動約45分
料金目安
約100円
地下鉄11号線「南翔」駅から出発、上海の中心部へと戻ります。「江蘇路」駅で2号線に乗り換えて、「南京東路」で下車。
3 14:00~15:00福州路
  • エリア
    外灘/黄埔
  • 住所
    中国上海市 黄浦区福州路
  • ジャンル
    ショッピング街・エリア
  • 平均予算
    0円

文房具店や画材屋、トロフィー店などがずらりと立ち並ぶ、上海きっての文化ストリート。洋書から日本語の本まで多彩に揃う大型書店も点在しており、紙モノやステーショナリー、本や雑誌が好きな人にはたまらないスポットです。書道グッズや中国語の本、中国画集などはもちろん、ノートやペンなど普段使い用のアイテムも格安で入手可能。文化街らしいアカデミックな空気を感じつつ、店先を覗きながら歩くだけでも楽しめます。

電車電車で移動約20分
料金目安
約60円
地下鉄10号線「南京東路」駅から出発して、「豫園」駅で下車。一駅なので、歩いて行くことも可能です。
4 15:30~17:00湖心亭 フーシンティン
  • エリア
    外灘/黄埔
  • 住所
    中国上海市黄浦区豫園路257
  • ジャンル
    カフェ
  • 営業時間
    [月-金]8:30-21:30、[土・日]8:30-22:30
  • 定休日
    無休
  • 電話番号
    +86-21-63558270
  • 平均予算
    1,200円

豫園の九曲橋に佇む、上海で最も古い茶芸館。アンティークが配された居心地の良い店内で、外の景色を眺めながらほっとひと息。ポットの中でふわりと花が咲く工芸花茶(各種60元)は、見た目も可愛くて飲みやすいのでおすすめ。お茶を注文すると、お菓子やうずらの卵など盛りだくさんなお茶受けセットが無料でついてきます。おかわり用のお湯ポットももらえるので、時間を気にせずゆっくりカフェタイムを満喫しちゃいましょう。

5 17:00~19:00豫園商城 ユーユェンシャンチャン
  • エリア
    外灘/黄埔
  • 住所
    中華人民共和国 上海市 黄浦区 方浜中路 269号
  • ジャンル
    その他の観光地
  • 営業時間
    各店舗の営業日に準ずる
  • 定休日
    無休
  • 電話番号
    +86-21-63559999
  • 平均予算
    0円

言わずとしれた有名観光地である豫園は、夕方から夜にかけて訪れるのが正解!昼間の喧騒が嘘のように、しっとりとしたムードをたたえるロマンティックなスポットへと変化するんです。中国の伝統建築を幻想的に彩るライトアップはいちばんの見もの。豫園商城内のショップやレストランは夜まで営業しているので、ショッピングや食事ももちろんOK。そぞろ歩きを楽しみながら、心ゆくまでチャイナムードに浸ってみましょう。

電車電車で移動約20分
料金目安
約60円
地下鉄10号線「豫園」駅から出発。「南京東路」駅で2号線に乗り換えて、「南京西路」駅で下車。
6 19:30~20:30[閉店]夏麺館(恒隆広場店) シアミエングアン
  • エリア
    静安
  • 住所
    中国上海市静安区南京西路1266号恒隆広場5F
  • ジャンル
    上海料理 ファーストフード
  • 営業時間
    10:00-21:30
  • 定休日
    無休
  • 平均予算
    2,000円

高級デパート内に位置する蘇州麺のお店。化学調味料を一切使用しない、身体にやさしい料理が人気を集めています。麺料理のほか一品料理も充実しており、価格も全体的にリーズナブル。看板メニューの「蝦仁蟹粉伴麺」(68元)は、濃厚な蟹味噌とプリプリの海老が絶妙にマッチした逸品!ちなみに蘇州麺は、麺と具材が別皿で出てくるのが特徴です。それぞれの味を楽しんだ後は、麺の上に具材をのせ、よくかき混ぜて一緒に味わって。

徒歩徒歩で移動約15分
料金目安
約0円
南京西路を東方面へ歩き、茂名北路を右折するとすぐに呉江路に到着します。
7 21:00~21:30甜蜜蜜(呉江路店)
  • エリア
    静安
  • 住所
    上海市静安区呉江路178号
  • ジャンル
    スイーツ
  • 営業時間
    10:00-24:00
  • 電話番号
    +86-21-62677319
  • 平均予算
    1,000円

食事の後は、やっぱりスイーツ!こちらは老若男女に愛される、香港式カフェ&レストランのローカルチェーンです。誰でも気軽に入れるカジュアルなムードの店内は、いつも地元のお客さんでいっぱい!「マンゴーサゴ(タピオカのようなデザート)」(23元)などのマンゴースイーツをはじめ、中華系スイーツや変わり種ドリンクも豊富に揃っています。いくつかオーダーして、いろいろ食べ比べてみるのもいいですね。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。また、各スポットの予算も、訪問時点の為替レートに基づきおおよその日本円に換算しています。
    訪問先の都合や現地事情、為替レートの変動により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。