「センスいいね」って言わせたい!世界の買うべきお土産リスト13選

楽しくも悩ましいお土産選び。「ありきたり」「いやげ物」なんて言わせない、海外旅行先でマストバイなアイテムとお店を厳選して教えます。すべて現地在住お買い物マスターのお墨付き、つまり永久保存版!「ココでしか買えない」お宝リストです。

「かわいい」を個人輸入♪雑貨編

長く愛用してもらえるお土産と言えば、やっぱり雑貨。ベトナム、フランス、ロシア、イタリアには雑貨好きにはたまらないアイテムがたくさんあります。もちろん、自分用お土産にももってこい!世界中の「かわいい」を探しに出かけましょう。

ベトナム土産(ホーチミン)
【刺繍ポーチ】かわいくって実用的!女子度200%アイテム

  • 自分用お土産
  • バラマキ
  • 女子向け

かつてフランス統治下にあったベトナム。最大都市であるホーチミンには「東洋のプチパリ」の香りが残る、キッチュでかわいらしい雑貨屋さんがたくさんあります。中でもおすすめなのが、この刺繍ポーチや巾着。「Shoes」「Laundry」といった単語が縫い付けられていて、旅行時のパッキングにも重宝しそうです。丁寧な縫製でしっかりした作りながら、1個あたり99,000ドン(約500円)~!「ベトナム=チープなバラマキ土産」という以前のイメージから一転、今やホーチミンのお土産屋さんはどこも値上がりしてしまったそうですが、それでも、日本の物価と比べたらお得感たっぷり。お友達の顔を思い浮かべながら選んでみては?

買うならココ!

ニン クーン(ドンコイ通り店)

ホーチミン在住の買い物の達人・Carolさんによる 「このショップで買う理由」

フランス土産(パリ)
【フレンチ・カントリー雑貨】パリジェンヌをトリコにするプチプラグッズ

  • 自分用お土産
  • バラマキ
  • 女子向け

ワインやチョコレート、エシレバター…etc.フランス名物はいろいろありますが。1つだけ選ぶなら、食べたらなくなってしまう“キエモノ”よりも、ずっと手元に置いておけるフレンチ・カントリー雑貨をおすすめします。

ここ「コントワール・ドゥ・ファミーユ」は、フランスでは知らない人はいない有名店。「昔ながらの温かみのある、こだわった商品作り」がコンセプトで、キッチン&テーブルウェア(5~15ユーロ)やファブリック(20~50ユーロ)、ルームフレグランス(15ユーロ前後)など雑貨好きにはたまらない品揃えです。マグカップ、ミニ皿、ロウソク、石鹸などが4~6個詰め合わせになったセットをバラしてお土産にしてもよし!

買うならココ!

コントワール・ドゥ・ファミーユ(パリ9区店)

パリ在住の買い物の達人・Ritsukoさんによる 「このショップで買う理由」

ロシア土産(サンクトペテルブルク)
【マトリョーシカ】一つひとつ、違う顔。お気に入りの子を連れて帰ろう

  • 自分用お土産
  • ワレモノ

ロシアといえばマトリョーシカ。愛嬌のあるその佇まいはインテリアのアクセントにもなりますよね。しかしながら、一つひとつ手作りされた“一点もの”だけに、値が張るのもまた事実。現地のお土産屋さんのマトリョーシカは、日本円で1万円を超えることも珍しくありません。ですがこの市場で買えるマトリョーシカは、モノにもよりますが1,000円前後。だからと言って「安かろう悪かろう」ではないのでご安心ください。一見同じ絵柄でも、よ~く見ると微妙に表情が異なるので、納得の一品に出会うまでじっくり選ばせてもらう交渉にもトライしてみて。意外と(失礼!)フレンドリーな店員さんが、慣れない英語で対応してくれるそうですよ。

買うならココ!

スパース・ナ・クロヴィー市場

サンクトペテルブルクに詳しい買い物の達人による 「このショップで買う理由」

イタリア土産(ベネチア)
【ベネチアングラス】「ちゃんとしたお店」で買いたい、一生モノ

  • 自分用お土産
  • ワレモノ

ベネチアで売っているガラス製品=ベネチアングラスではないってご存知でしたか?ベネチアングラスとは、ベネチア近郊の村「ムラーノ島」で作られたものに限定されるのです。ですが実状、街中で売っているグラスは東欧あたりで作られたニセモノが紛れていたり、たとえ本物だとしても、異常に高値で売り付けられたり…注意が必要です。そんな、よほどの目利きでないと難しいベネチアングラスですが、自信を持っておすすめできるのがこの「カルロ モレッティ」ブランド。ムラーノ島出身のガラス職人の第一人者が開いたお店なので、品質は確かです。普段使いにもうってつけな、カジュアルデザインのグラスが意外とお手頃価格で手に入りますよ。

買うならココ!

カルロ モレッティ ショールーム リーゾラ

イタリア在住の買い物の達人・山岸 玲子さんによる 「このショップで買う理由」

「バラマキ」の強い味方★お菓子編

「パッケージが読めない」外国のお菓子って、もらってもニオイをくんくんしちゃったり、机の引き出しにそっと押し込められてしまったり…そんな憂き目に遭いがち。バラマキ用の大定番であるお菓子こそ、選ぶセンスの見せどころです。モノ珍しさだけでない、味もハイレベルなご当地スイーツはこちら!

ハワイ土産(オアフ島)
【ホノルル・クッキー】「定番」の理由はシンプル、美味しいから

  • バラマキ

お馴染みのホノルル・クッキー。パイナップル型をしたショートブレッドクッキーは、ほっくりとした歯ざわりと上品な甘さが後をひき、いくらでも食べられてしまいます。それもそのはず、最高品質の素材を使っているから。多くの人々を魅了してやまないハワイの名物を背負って立つ“キング・オブ・お土産”に相応しいクオリティだと思います。定番のクッキー以外にも、母の日、クリスマス、バレンタインデーなどなど、イベントごとにかわいらしいパッケージの箱や缶入りのクッキーが売り出され、ロコたちにも人気なのだとか!「ハワイ土産はマカデミアナッツチョコレート」、その牙城を崩した実力をご堪能あれ。

買うならココ!

ホノルル・クッキー・カンパニー (ロイヤル・ハワイアン・センター店)

ハワイ在住の買い物の達人・Ari Kaiさんによる 「このショップで買う理由」

台湾土産(台北)
【ヌガークラッカー】NEXTパイナップルケーキはコレ!

  • バラマキ
  • 日本未上陸

「台湾土産と言えばパイナップルケーキ」はもう古い!?今の大本命は「ヌガークラッカー(牛軋糖蘇打餅)」です。砂糖と水飴を煮詰めたソフトキャンデー状のヌガーをソーダクラッカーで挟んだこのお菓子、ネギ入りや抹茶ベースなど、多彩なアレンジで出ています。推し味はネギ入りで、ヌガーの濃厚ミルク味×クラッカーの塩味=甘じょっぱさが、やめられない止まらない!

そんな台湾の新銘菓は、今や現地の菓子店やスーパーがこぞって売り出し中。食べ比べた結果、優勝は一番ネギの風味が強い「台北犁記餅店」のものと勝手に決めました。1箱12枚入りで168台湾元(約570円)。軽いから持ち運びにも困らないし、本当におすすめです。

買うならココ!

台北犁記餅店

  • 住所
    台湾台北市中山区長安東路二段67号台湾台北市中山区長安東路二段67号
  • 営業時間
    9:00-21:00
    [中秋節期間]8:00-22:00
    [中秋節当日]8:00-18:00
    [旧正月の前日]9:00-18:00 (元旦からは通常営業)
  • 定休日
    無休
台北在住の買い物の達人・Aiwanさんによる 「このショップで買う理由」

シンガポール土産(シンガポール)
【プラナカン菓子】日本では買えないシンガポール伝統菓子

  • 自分用お土産
  • バラマキ
  • 日本未上陸

「プラナカン」とは、15世紀後半、マレーシアやシンガポールにやってきた中国系移民の子孫のこと。彼らによって作られた東西折衷のエキゾチックな文化は、独特のアイテムや料理を生み出しました。お菓子もそのひとつ。プラナカンらしい、お花模様のカラフルな缶に入った「ブンガワン ソロ」のクッキーは高級感があり、目上の人へのお土産にも最適です。イチオシはパイナップル・タルト。シンガポ―リアンにとっては旧正月などのお祝いに欠かせない、ちょっと特別なお菓子です。マーライオンのキーホルダーや、某有名ブランド紅茶もいいけれど、ここでしか買えない“ならでは感”が欲しいなら「ブンガワン ソロ」のお菓子で決まりです。

買うならココ!

ブンガワン ソロ(アイオン オーチャード店)

シンガポール在住の買い物の達人・Y.Kさんによる 「このショップで買う理由」

アメリカ土産(ニューヨーク)
【ファットウィッチベーカリーのブラウニー】この“濃厚さ”いち早く試してみて!

  • バラマキ
  • 女子向け
  • 日本未上陸

流行の発信基地であるニューヨーク。何をセレクトしてもサマになりそうですが、相手の好みを選ばない、小洒落たお土産といえばコレ!「ファットウィッチベーカリー」のブラウニー。かわいい魔女のキャラクターとモノトーンの配色がいかにもNYっぽい、クールなデザインです。チェルシーマーケットにあるお店は日本人旅行客の女の子でいつもいっぱい。オリジナル、ウォルナッツ、キャラメル…皆、“日本未上陸スイーツ”に目を輝かせながら多彩なフレーバーを試食しています。お味はというと、THEアメリカのお菓子らしくとにかく濃厚!でもでも、甘さは意外と控えめです。暑い夏は溶けてしまわないよう、滞在最終日に買うのが吉。

買うならココ!

ファット ウィッチ ベーカリー(チェルシー マーケット店)

アメリカ在住の買い物の達人・小山 陽子さんによる 「このショップで買う理由」

「日本未上陸」に鼻高々!ファッション・コスメ編

免税でお得にゲットしたり、新色をいち早く試したり…インポートブランドや海外コスメ好きにとって、現地直営店でのお買い物はまさに旅のハイライト。そこで、日本では入手困難なファッション・コスメが買える、マストGOアドレスを紹介!散財覚悟で挑むべし。

韓国土産(ソウル)
【ネイル用品】日本にはない充実度!セルフ美容の先進国で大人買い

  • 自分用お土産
  • バラマキ
  • 女子向け

セルフネイルを始めたいけれど、UVライトやアセトンリムーバーを買い揃えたり、初期コストがかかりそう…なんて案ずるあなたは美容大国・韓国へ。ここミリオレ東大門内の「ネイルモール」は、ジェル用品やネイルケア用品の品揃えがピカイチ&安い!たとえばピンク系ならば、薄い桜色からビビッドなフーシャピンクまで濃淡のグラデーションがズラリ。気分にぴったりのジェルネイルが見つかるはずです。「O.P.I」などプロ御用達の有名ブランドマニキュアも破格でラインナップ。詳細は、自身もセルフネイル愛好家という買い物マスターの口コミをご覧ください。衝撃価格にテンション上がりますよ!

買うならココ!

ネイルモール(ミリオレ東大門)

ソウル在住の買い物の達人・YUKAKOさんによる 「このショップで買う理由」

タイ土産(バンコク)
【チュアンピサマイの水着】こじはるが火付け役!かわい過ぎるビキニ

  • 自分用お土産
  • 女子向け

水着はタイで買う。お洒落ピープルの間で広がっているこの新常識、現地に行ったらぜひお試しを!海外の水着って、日本にはない色使いやデザイン、カッティングが素敵だけれど、値が張りがち…ですがここタイには、ラブリーでお手頃価格のスイムウエアブランドがたくさんあるのです。中でも要注目が「Chuan Pisamai(チュアンピサマイ)」。AKB48の小嶋陽菜さんが着用画像をInstagramに投稿するや否や、その破壊的なかわいさが大変な人気になりました。お花をふんだんにあしらったハンドメイドのビキニは、今日も世界中の女の子をビーチのアイドルに変身させています。

買うならココ!

チュアンピサマイ

バンコク在住の買い物の達人・サーヤさんによる 「このショップで買う理由」

アメリカ土産(サンフランシスコ)
【ベネフィットのコスメ】このショッピングバッグ、捨てられない!

  • 女子向け
  • 日本未上陸

日本未上陸ながら根強いファンを持つサンフランシスコ発のコスメブランド「Benefit(ベネフィット)」。バービー人形のお部屋みたいな店内ディスプレイ、レコード盤を模した容器など、そのキュートでポップな見た目とは裏腹に、機能性にもこだわる実力派です。毛穴レスの肌に整えてくれる下地「The POREfessional」やリップにもチークにも使える「Benetint」は一度使ったら手放せなくなるので2個、3個と買い置きを!木村カエラさんや梨花さん、鈴木えみさんなど“肌がキレイ”なイメージのあるオシャレ有名人も愛用中です。そんなベネフィットの直営店舗で行われている驚きのサービスとは…口コミをチェック!

買うならココ!

ベネフィット(フィルモア ブティック)

サンフランシスコ在住の買い物の達人・Maikaさんによる 「このショップで買う理由」

スペイン土産(バルセロナ)
【エスパドリーユ】“履きだおれ”の国・スペイン伝統サンダルは名店で買うべし

  • 自分用お土産
  • 日本未上陸

もともと皮革製品のメッカだったスペイン。そこから派生し、スペイン各地では昔から靴産業もさかんに行われています。エスパドリーユもその一つ。エスパドリーユとは、底をジュート麻の縄で編み、甲部分はキャンパス地で出来たサンダルのこと。夏のカジュアルな装いにピッタリですし、素足で履くと本当に気持ちいいのです。国内では数多くのブランドが展開されていますが、バルセロナからは唯一の老舗エスパドリーユ専門店「ラ マヌアル アルパルガテラ」がエントリー!1足11ユーロ(約1,400円)~と日本で買うより断然安いから、自分用にはもちろん、室内履きに、友達用にと色違いで何足もゲットしてしまいましょう。

買うならココ!

ラ マヌアル アルパルガテラ

バルセロナ在住の買い物の達人・水谷 かおりさんによる 「このショップで買う理由」

クロアチア土産(ドブロブニク)
【ネクタイ】クロアチア=ネクタイ発祥の地というトリビアも一緒に贈ろう

  • 自分用お土産

ネクタイって、クロアチアで生まれたということをご存知でしたか?17世紀、ヨーロッパで起きた三十年戦争の時にクロアチアの軍装だったスカーフがその起源なのだとか。そんなクロアチアでぜひ行ってほしいのがここ「クロアタ」。抜群の知名度を誇る、ネクタイのトップブランドです。驚くべきは、1柄あたりわずか32本しか作られないという希少性。クロアチア国内でさえ入手困難な品番もあるそうだから、日本では言わずもがなです。値段はネクタイ1本約1万円~、免税手続きも出来ますよ。大切な人への贈り物にピッタリ。帰国してから渡す時「クロアチアって、実はね…」とトリビアも披露すれば、より喜ばれることうけあいです。

買うならココ!

クロアタ

ドブロブニク在住の買い物の達人・大桑 千花さんによる 「このショップで買う理由」

持ち込みはOK?お土産に関するTIPS

いきなりですがクイズです。次の中から、お土産として日本に「持ち込み可能」なものをお選びください。

① イタリアの生ハム②アメリカのビーフジャーキー③ドイツのソーセージ ④台湾のマンゴー⑤中国のマツタケ⑥オーストラリアのキウイフルーツ ⑦スペインのトマト⑧南アフリカのルイボスティー⑨ロシアのじゃがいも

答え:⑤と⑧

ご存知でしたか?「検疫」が必要な肉、ハム、ソーセージなどの類は日本向け検査証明書が付いていない限り、日本国内への持ち込みは禁止されています。レバーペーストのように加熱・加工されているものでも、たとえ少量であっても、検査証明書がないものは持ち込むことができません。また野菜や果物も同様に、現在日本にいない病害虫が付着している可能性があるとの理由から、国・地域によって異なる規制があるため注意が必要です。

せっかく購入したお土産が空港で没収とならないよう、詳しくは農林水産省「動物検疫所」「植物防疫所」ホームページをご確認ください。そして現地の味は、現地で存分に楽しむようにしましょう。

いかがでしたか?定番からトレンドまで、「その国・都市ならではの、もらってうれしいもの」をポイントにリストアップしてみました。本ページを参考に、次の海外旅行では「お土産」基準で行き先を選んでみるのも良いかもしれません。

※本ページの内容は、取材時点の情報を元に作成しています。取材先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

最終更新日:2016年4月19日