パスポートに関するQuestion!

海外

Q電子渡航認証システム(ESTA)ってなに?

アメリカへの旅行を予定しているのですが、「電子渡航認証システム(ESTA)」の手続きが必要だと言われました。 どういった制度でどんな手続きが必要なのでしょうか?

A90日以内の短期滞在目的でアメリカを訪問する場合(アメリカで乗り継ぎするケースも含まれます。)は、事前に「電子渡航認証システム(ESTA)」にしたがって申請を行い、認証を受けなければなりません。

電子渡航認証システム(ESTA)とは?

電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization以下、ESTA)とは、何をするものなのでしょうか。簡単に言うと、アメリカへ観光やビジネスなどの短期旅行(90日以内)をする場合に、ビザ無しで旅行可能かどうかを前もって審査するシステムのことです。事前にESTAの認証を取得していないと、航空機への搭乗やアメリカへの入国を拒否される可能性があります。

アメリカに旅行するときにビザのことを気にする人はあまりいないかもしれませんが、現在、アメリカ合衆国のビザ免除制度に日本が参加しているので、 日本国籍をもっている人で、以下の条件を満たしていれば、短期旅行でビザの取得は必要ありません。

<ビザ免除の条件>
  • ・プログラム参加国の国籍を持っていること
  • ・ICパスポートを持っていること
  • ・ICパスポートを持たない場合は、顔写真がデジタル印刷であること
  • ・目的がビジネス、観光または通過であること
  • ・アメリカでの滞在期間が90日以下であること
<参加国>

アンドラ、アイスランド、ノルウェー、オーストラリア、アイルランド、ポルトガル、オーストリア、イタリア、サンマリノ、ベルギー、日本、シンガポール、ブルネイ、リヒテンシュタイン、スロベニア、デンマーク、ルクセンブルグ、スペイン、フィンランド、モナコ、スウェーデン、フランス、オランダ、スイス、ドイツ、ニュージーランド、英国、チェコ、エストニア、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、韓国、スロバキア、マルタ、ギリシャ

  • ※ICパスポートとは、2006年3月に導入された、国籍・名前・生年月日や顔写真を電磁的に記録しているパスポートのことです。 現在、パスポート更新を行うと、ICパスポートが発行されます。

なお、下記に該当する方は、ESTAへの申請を行う必要はありません。

  • ・すでに、アメリカのビザを取得されている方は不要。
  • ・グアムまたは北マリアナ諸島のみ、45日以下の入国・滞在であれば不要。

ESTA申請方法は?

申請から回答までの流れを説明していきましょう。

【申請から回答まで】
  • Step1.申請書の入力
  • Step2.申請書の送信
  • Step3.申請番号の受領・記録
  • Step4.申請に関する回答の受領

手続きは、全てインターネット上で行うことができ、申請結果まで10分ほどで終わります。
また、インターネットを利用できない方は、ご家族や旅行会社に代行を頼むことも可能なのでご安心を。下記のESTA専用サイトにアクセスして、必要事項を入力するだけ。即座に結果を見ることができます。

電子渡航認証システム(ESTA)サイトはこちら

  • ※画面上部で“日本語”を選ぶと日本語表示に切り替わります。
【主な入力事項】

渡航者の名前、生年月日、国籍、パスポート情報、便名、米国滞在中の住所などを選択または記入。記入式の欄は英語(ローマ字)記入。伝染病、逮捕歴、犯罪歴、ビザの取り消しや強制送還歴の有無などは、チェック式。

審査結果と対応方法は?

  • 認証:空港でESTA審査結果を提出する必要はありませんが、念のため、 審査結果画面の“申請番号”を控えるか、印刷をしておきましょう。
  • 保留:最終回答は72時間以内に受けとることができます。 専門サイトの最新情報をこまめにチェックしましょう。
  • 拒否:最寄りの米国大使館・総領事館でビザ申請を行う必要があります。

一度認証されると2年間(ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日まで)有効となり、その期間内は査証免除の対象となる旅行であれば、何度でもアメリカへの旅行が可能になるので、できるだけ早めに申請を済ませてしまいましょう!

他の人はこんなQ&Aも見ています