1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. アナハイム(アメリカ)観光地
  5. ディズニー カリフォルニア アドベンチャーの現地口コミ・地図

アナハイム (アメリカ) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

Disney California Adventure ディズニー カリフォルニア アドベンチャー

カリフォルニアらしさが詰まったディズニーパーク

  • テーマパークおすすめ
  • ガイドの超イチオシ!
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

他の写真も見る(全8枚)

ディズニーランドの向かい側にあるカリフォルニア・アドベンチャー(以下DCA)。
パークには8つのエリア:コンドル・フラット、グリズリー・ピーク、パラダイス・ピア、バグズランド、パシフィック・ワーフ、ハリウッドランド、
ブエナビスタ・ストリート 、カーズランドがあります。

オススメはDCAの代表的な噴水ショー/ワールド・オブ・カラー(開始時間9:45pm/所要時間22分)、
カリフォルニアの景色を楽しめるアトラクション/ソアリン・オーバー・カリフォルニア、
ワールド・オブ・カラーのダイニングパッケージプランもあるレストラン/ワイン・カントリー・トラットリア。

2012年にオープンしたカーズランドにあるアトラクション/ラジエーター・スプリングス・レーサーは特に人気で
ファストパスはなくなり次第発券終了してしまいます。朝一が無難。
ファストパスをうまく使ってパークを効率よくまわりましょう!

オススメのイベントは春に開催される、フード&ワインフェスティバル。
いつもは比較的ディズニーランドより空いているパークですが
アルコール販売をしているDCAは、このイベントでいつも以上の盛り上がりです。
ワインやビールのサンプラー、タパスのような小さめの限定メニューも出るので
お酒を飲みながら食事も楽しむことができます。

注意しておくことは年中暖かいカリフォルニアでも朝夜と昼の温度差があるので寒さ対策しましょう。
1日中パークにいる人はロッカー利用もオススメ。
一度支払うと何度も開け閉めできるので便利です(クレジットカード可)。
お土産や防寒着などを入れて身軽にパークを楽しみましょう。

チケット(2016年12月現在)は1デーチケット大人 - $95~119
<2デー>チケット(1日1つのパーク)大人$195/子供$183、
パークホッパー(両バーク入園可)大人$235/子供$223
<3デー>チケット(1日1つのパーク)大人$255/子供$243、
パークホッパー(両バーク入園可)大人$295/子供$283
3日以上のチケットを公式サイトから購入すると
1時間早く入れる特典券を1枚もらえます。

ロサンゼルスから車で1時間弱。
パーキング$18~

2016/11訪問

TIPSで攻略!ディズニーリゾート二つ目のテーマパーク

  • エンターテイメントおすすめ

2001年5月08日にオープンした、カリフォルニアのディズニーリゾート二つ目のテーマパーク。
ランドに比べて高い年齢層をターゲットとして始まりましたが、
昨今はバグズランドやリトルマーメイド等の、
低年齢層に人気のアトラクションも充実してきています。

まずは入り口で、当日のショーの時間割表をもらいましょう。
特に、パレードや夜のショーの時間は要チェックです。
表を見て、一日の簡単なプランを朝一番に立てるのがお約束!


2012年6月15日にオープンしたカーズランドは、
大人も子供も関係なく大人気で、オープン時には5時間待ちが続きました。

映画で登場したラジエータースプリングスの街や、アメリカの旧街道ルート66を
スポーツカーで飛ばす快感は最高です。
オープンした当時二回続けて乗ってしまいました。


夜のナイトショー のワールド・オブ・カラーショーも大人気です。
このショーを鑑賞エリアから見るためには事前にファストパスをとっておき、
決まった時間に色分けされた待機場所に集合する必要があります。

ファストパスを取る事ができなくとも、
園内の指定された場所で、ワールド・オブ・カラーショーパッケージのランチや夕食をとることで、
鑑賞エリアの立ち入りチケットを手に入れることができます。
その場合はレストランの事前予約をお勧めいたします。

あたらしい試みとして、$25でミッキーの耳のついた帽子を購入して、
このショーを見るという楽しみ方があります。
ミッキーの耳の部分がショーと連動して、一斉に同じ色に光だすのは、感動ものです。


それにしても繁忙期は、90分待ちの人気アトラクションもでてくるので、
ファストパスを上手に利用してのご利用をお勧めいたします。
iPhone等のアプリで園内の込み具合を調べるものを
無料で、ダウンロードできますので、私は常に愛用しています。

少し前に日本で大流行したディズニーベアのダッフィの販売は、
園内向って左側のレイクサイドにあります。
隣接しているダウンタウンディズニーのショッピングも充実しています。

ワンデーチケット$92。お子様(3歳から9歳まで)$86。
ワンデーパークホッパーチケット(ディズニーランドと両方のパークを
一日で回る事ができるチケットです)$137。お子様(3歳から9歳まで)$131。

この10年間一年にだいたい二回チケット料金が上がっているディズニーですが、
昨今大人料金と子供料金の差額が小さくなっており、
お子様料金の割合が高めになっているのは残念なところです。

ダウンタウンやハリウッド等にご宿泊の場合、バスでのアクセスもございますが、
チケット料金が高いことを考えたら、現地で長くいられる形を考慮されるのも大事です。

公共のバスを使う場合は、着くまでにどうしても時間がかかってしまいますので、
朝早く出るのもひとつです。
ただし、お帰りのアクセスの安全面には充分注意してください。

一般的なツアー会社のオプショナルツアーで行くディズニーも、
安全な送迎の確保ができることや、実際にかかる入園料を考慮すれば、
意外に割安だということもございます。

(裏技)隣接するダウンタウンディズニーのパーキングが、
大晦日をのぞく普段の日は2時間まで無料でパーキング可能です。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。