1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ハノイ(ベトナム)グルメ
  5. モッチンボンサウ (3号店)の現地クチコミ
ハノイ (ベトナム) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

1946 モッチンボンサウ (3号店)

地元のベトナム人が特別な日に食べに行くベトナム料理店

  • ベトナム料理がおいしい
  • 人気急上昇
  • 地元っ子に人気

1946年はベトナムが独立を求めてフランスに立ち向かった
第一次インドシナ戦争が勃発した激動の年。
貧しくも、強く民族が結束したベトナム人にとっては思い入れの強い年なのです。

そんな年を店名に掲げるこちらのお店は、
当時の様相を感じさせる素朴な「ベトナムの家庭の味」を、
ここならではの現代風な味に作り上げる人気店。
地元のベトナム人達が何かお祝い事やお金が入った時に出向く特別なレストランです。
その為、他の有名店と違い、お客さんはほとんどベトナム人。

当時の面影を残す意味を込めて、食器や鍋なども当時の物を再現。
1946年のベトナムを感じさせてくれます。
多少欠けたり、色褪せたりしている食器達もコンセプトの一部なのです。

おススメのメニューは「Lau cua bong ruou」というカニ鍋です。
お値段は4人前のミドルサイズが24万9000ドン(約1200円)。
上記のベトナム人達も、この品を目当てにこの店を訪れます。
トマトの旨みと酸味が効いたスープに、野菜と牛肉を入れ、
その中にカニのすり身とカニみそをたっぷり入れ込んで頂く。
野菜や肉に覆いかかったカニのすり身が見事にマッチし、箸が止まらなくなります。

「カニは人を黙らせる」と言いますが、そんな諺は、ベトナム人には関係なし。
ベトナム人達が、あちこちのテーブルで
「モッ!ハイ!バー!ウォンッ!」と乾杯の音頭で叫んでは飲む、
賑やかで楽しいレストランを是非一度お試しください。

*写真の店は、タイ湖周辺の一番新しい3号店になります。
他ハノイ市内に2店舗ありますので、詳細はホームページでご確認を。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。