1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ニース(フランス)観光地
  5. マセナ広場の現地クチコミ

ニース (フランス) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Place Massena マセナ広場

ココはニース市の中心地

  • 観光おすすめ
  • 地元っ子に人気

マセナ広場は、観光客の方々だけではなく、ニース市民にも、最もなじみのある広場です。

市松模様にも見えるタイル貼りの地面が一面にしきつめてあり、そこを曲線を描きながらトラムが行き来します。この広場を通るときだけ、トラムには架線がありません。まるで未来図を見ているような錯覚を覚えます。

いくつかのバス停もそばにあり、またギャラリー・ラファイエットという大型の百貨店があるのもこの広場です。

大道芸人が広場で芸を披露している姿、ピアニストがピアノを弾いている姿、あちこちに刺激するものが点在し、ニースに住んでいるわたしたちさえ、気が散漫になってしまうことがあります。

夜には「ブッダ」の名称で親しまれている高めに設置された像がさまざまな色にライトアップされます。

またクリスマス時期には毎年趣向をこらした飾りがほどこされてイルミネーションを楽しむことができます。二月のカーニバル時期にはメインの広場にもなります。

年中を通して、人の行き来の絶えない場所であることは言うまでもありません。

ニース中心にある広場

  • 街歩きおすすめ
  • 定番人気

ニースを訪れたら一度は通り過ぎることになるであろう広場、ニースのど真ん中に位置します。

ギャラリーラファイエット入り口からほど近く、ジャンメドゥサン通り、駅側を背にして海に向かっていくと突き当たります。
トラム駅(マセナ駅)降りたすぐです。

大きな広場になっていて、その中程をトラムが駆け抜けていく。
広場にはユニークで前衛的な、人が正座した彫刻も有名です。夜にはライトアップされて色が変わったりします。

ここから、プロムナードデザングレや、歩行者天国、パークドゥパイヨン、旧市街など、アクセスの中心地となるので目印に覚えておくと良いでしょう。

ニース市内を観光するプチトランの乗車はこの彫刻のある噴水前からです。

ニースの中心『マセナ広場』

  • 街歩きおすすめ
  • 定番人気

 ニースの中心と言ったらやっぱりここ、ナポレオンによるフランス第一帝政下で活躍した元帥、ニース生まれのアンドレ・マセナから名前がつけられた『マセナ広場』です。

 広大な広場にはトラム(路面電車)が走り、ギャラリー・ラファイエットがあり、30分ごとにおよそ45分かけてニースを周る観光用電車の発着場(大人8€、子ども4€)でもあり、待ち合わせにも大活躍なアポロン像そびえる噴水があり、すぐ近くには子どもにも嬉しい大きな公園があります。ベンチもたくさんあるので、休憩にもちょうどよく、高級ブランド通りにも直結、ショップやレストランが集まる歩行者天国にもつながり、ここから旧市街へも歩いて行くことができる、まさにニースの“中心”の名にふさわしい場所です。

 マセナ広場に着くとまず、ユニークな人物のオブジェが空高くそびえたっているのが目に飛び込んでくると思いますが、これはスペイン出身の現代アーティスト、ジャウマ・プレンサさんという方の作品で、7体の人物はそれぞれ7大陸を表しているそうです。たまに頭にハトがとまっていたりするのを眺めるのも趣深いものがあります◎夜にはカラフルにライトアップされ、昼とは違う顔を見せます。

 クリスマスシーズンにはクリスマス市場が、2月には世界3大カーニヴァルと言われているニースのカーニヴァルが開催されます。冬にはスケートリンクが設置されたり、観覧車が姿を見せたり、とにかく一年中賑やかな場所でもあります。

 2013年に完成したパイヨン公園の中の3000㎡ある≪水の鏡≫と呼ばれるエリアには、なんと128個の噴水口があり、噴水が止まっているときには、表面に空が映り込んでその名の通り鏡のように見えます。ここは常に誰かがシャッターを押しているカメラスポットとして有名です。この場所はニースの新たな名所になり、夏には子どもたちが水着で遊んでいる姿が涼しげです。

 1.2㎞続く公園の中は緑豊かでPromenade de Paillon(パイヨンの散歩道)という正式名がありながら、地元の人からは Coulée verte(流れた緑)という、なるほど!と納得する愛称で親しまれています。木で作られたの子どもの遊具も充実していて、この公園でピクニックしながら子どもたちを遊ばせているママさんを多く見かける場所です。ちなみにこの公園には公衆トイレが設置されていて、使用料金は50サンチームです。

 マセナ広場はこのように様々な光景が見られる場所ですが、やはり中心地なので夏には観光客を狙ったスリも多く現れるのも事実。常に警戒は忘れないように、鞄のファスナーはしっかり閉め、ポケットには何もいれず、斜めかけ鞄は必ず前にし、ファスナー部分に手をかけるなどの対策をしましょう。自分の身は自分で守る!これ旅の鉄則ですよ。

 防犯準備がしっかりできたら、マセナ広場を自由に散歩してみるのもいいですし、ギャラリー・ラファイエットで優雅にショッピングを楽しんだり、カフェに入ってゆっくり本を読みながら人間観察してみるのも面白いですよ。きっとあなたなりのマセナ広場を満喫できると思います♪

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。