1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. パリ(フランス)のモデルコース

パリ (フランス) モデルプランの現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

1万円未満 古代、中世のパリに触れる、歩いて巡る歴史ロマンプラン 1日コース

このモデルプランのポイント

シーザーで有名なローマ帝国が栄えていた時代から、パリはあった。その時代から中世までをカルチェ・ラタン界隈を中心に歩きながら探索してみよう。古きパリを作り上げてきた先人たちの息吹と、現在そこに暮らす学生たちのアカデミックな雰囲気を感じることだろう。

地図アイコン例
  • レストラン
  • ホテル
  • 観光地
  • ショッピング
1 10:00~10:20ノートルダム大聖堂
  • エリア
    4区 ポンピドーセンター
  • 住所
    Notre Dame Cathedral, Paris, France
  • ジャンル
    世界 遺産 寺社・教会
  • 営業時間
    [月-金]8:00-18:45
    [土・日]8:00-19:15
    塔:10:00-18:30(6-8月の金・土曜は23:00、10月-3月は17:30)
    地下の聖堂:10:00-18:00
  • 定休日
    地下の聖堂:月曜日
  • 公式サイト
  • 電話番号
    +33-1-42345610
  • 平均予算
    0円

シテ島に最初の住民が住みついたのでここにパリの中心がある。このゼロポイントから測って地方都市まで何キロということになる。パリと東京の距離はここから測って日本橋のゼロポイントまでということだ。日本でいうと鎌倉時代に建造されたノートルダム大聖堂を正面に見ると左右対称でないことに気が付く。左手の鐘楼には鐘が2つ、右手の鐘楼に一つしか入っていないためだ。

徒歩徒歩で移動約1分
料金目安
約0円
ノートルダム大聖堂を背にして、アルセーヌ・ルパンの小説の舞台になったパリ警視庁の方へ広場を歩いていく。
2 10:21~10:50地下聖堂
  • エリア
    4区 ポンピドーセンター
  • 住所
    7 Parvis Notre-Dame, Place Jean-Paul II, 75004 Paris, France
  • ジャンル
    史跡・遺跡
  • 営業時間
    10:00-18:00(入場は17:30まで)
  • 定休日
    月曜日、祝日
  • 公式サイト
  • 電話番号
    +33-1-55425010
  • 平均予算
    500円

初期キリスト教徒の地下聖堂。ノートルダム大聖堂正面の広場地下に駐車場を作ることになり地下を掘っていったら見つかったところ(ちなみに、遺跡を見つけたことにより発掘作業に入ったため、駐車場の工事は遅れてしまったという)。クリュニー浴場やリュテス円形闘技場など、古代から19世紀にかけてパリにあったローマ遺跡のCGイラストなどが展示されていて楽しめる。

徒歩徒歩で移動約10分
料金目安
約0円
サンミッシェル大通りを南に進むと、左手に煉瓦作りの壊れかかった建物が見えてくる。クルニー派の修道院があったところが今中世の歴史を説明する博物館になっている。
3 11:00~11:50クリュニー中世美術館
  • エリア
    5区 パンテオン/ノートルダム
  • 住所
    6 Place Paul-Painleve 5th arrondissement, 75005 Paris, France
  • ジャンル
    美術館・ギャラリー
  • 営業時間
    9:15-17:45
  • 定休日
    火曜日
  • 公式サイト
  • 電話番号
    +33-1-53737800
  • 平均予算
    1,500円

クリュニー派の修道士がいたところが博物館になった。フランス大革命の際にノートルダム大聖堂にあった王冠を被った彫刻は、聖者の彫刻にもかかわらず、フランス国王の偶像だと間違われてすべて革命軍の手によって壊されてしまう。その残骸が後世になって見つかり、この博物館に収められることになった。それ以外には例えば、一角獣のタペストリーなどが展示されている。

面白いのは、博物館の中庭に残っているローマガリヤ時代の公衆浴場の跡。土管のようなものの中を水を通して、太陽光線で土管を温めてお湯を作ったという。当時は3種類の温度差のある浴場があり、ローマ人とガリヤ人が共用していた模様。

徒歩徒歩で移動約5分
4 12:00~13:00ル ポルト ポ
  • エリア
    5区 パンテオン/ノートルダム
  • 住所
    14 rue Boutebrie 75005 Paris, France
  • ジャンル
    フランス料理
  • 営業時間
    [火-土]18:00-22:30
  • 定休日
    日曜日、月曜日
  • 公式サイト
  • 電話番号
    +33-1-43252424
  • 平均予算
    3,000円

裏道にあるワインバー。チキンの赤ワイン煮がおすすめ。

徒歩徒歩で移動約20分
5 13:30~13:50アレーヌ ド リュテス (リュテス円形闘技場)

ローマガリヤ時代に建設された闘技場。これ以外にもラテン地区、パリの学生街には、その昔、ローマ同様にフォーラム(集会場)やテンプルもあったという。ここは今では子供たちの遊び場でサッカーをやっている。古代ローマ人の格好をしてうまく写真をとればタイムトリップした気分になれる。

徒歩徒歩で移動約5分
6 13:55~14:30モンジュ広場

そばにはいくつもの大学機関があり、昔も今も多くの大学生がこの界隈に住んでいる。その中に「誰がために鐘が鳴る」などの文学作品を残したヘミングウェイもいた。このアメリカの大文豪にあやかろうと英語圏の学生たちが多く住んでいる界隈だ。

徒歩徒歩で移動約5分
料金目安
約0円
朝市の雰囲気を残すムフタール通りを下りていく。
7 14:35~16:00カフェ デルマ
  • エリア
    5区 パンテオン/ノートルダム
  • 住所
    2 Place de la Contrescarpe, 75005 Paris, フランス
  • ジャンル
    カフェ
  • 営業時間
    7:00-26:00
  • 定休日
    無休
  • 公式サイト
  • 電話番号
    +33-1-43265126
  • 平均予算
    1,000円

広場に面したカフェでお茶する。耳を傾けていると英語は聞こえてくるが、近所の学生たち。観光客はほとんどここには来ない。車の交通量も少なく、テラスと呼ばれる通りに面したカフェの椅子に座って物思いにふけるのもいい。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。また、各スポットの予算も、訪問時点の為替レートに基づきおおよその日本円に換算しています。
    訪問先の都合や現地事情、為替レートの変動により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。