2019年 格安航空券比較サイト/格安ホテル比較サイト オリコン顧客満足度®調査第1位に選ばれました!
  1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. てあむーるさんの旅行ブログ

  海外エリア: ヨーロッパ > フランス の他のブログはこちら|

旅する茶藝師

プロフィール

ニックネーム:
てあむーる
居住地:
東京都
性別:
女性
年代:
40代
自己紹介:
初めての海外旅行は大学の卒業旅行。そのあと仕事でよく海外に行くようになりました。特にフランスとはご縁をいただき、渡航回数は数知れず。ヨーロッパの国を訪れることが多かったですが、10年以上前に仕事の旅で台湾に行った時、お茶の魅力にはまり、中国政府認定中級評茶員・高級茶藝技師の資格を取得しました。

カレンダー
6月<2019年7月    
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

アーカイブ

記事一覧

1 - 3件目まで(3件中)

NoPhoto
パリでお手軽ランチするなら・・・
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:グルメ 
投稿日:2019/01/22 17:32
コメント(0)
フランスの旅の楽しみの一つは何と言っても美味しい食事!
地元食材を使ったフレンチに舌鼓をうつのは至福の瞬間ですが・・・、
数日滞在しているとこってりお料理に少々食傷気味になること、ありますよね。

そんな時、パリ・オペラ座の周辺に行くと、
日本食のお店がたくさんあったりして、
ちょっと嬉しくなります。

オペラ座界隈はラーメン店が点在していることでも有名ですが、
お昼時は大体行列しています・・・。

時間に余裕があれば並んで食べてももちろんOKですが、
「ちょっとそこまで時間ないの〜」、とか、
「1人旅で行列するのも億劫〜」、とか、
「ラーメンじゃなくてご飯が食べたい〜」とか、

そういう時にオススメのお店が・・・、

「おむすび権兵衛」
http://www.omusubi-gonbei.com/shoplist/europe/paris.html

日本国内でも多数のお店を展開中のおむすび屋さんがなんとパリのど真ん中に出店していました。

もちろんテイクアウト可能、イートインもできます。
おむすびは秋田県のお米を使っていて、
とてもしっかりした感触。

フレンチに飽きた時、ちょっとおむすび、いいかもですよ!





おむすび

NoPhoto
お正月のパリ
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:観光地 
投稿日:2019/01/14 13:50
コメント(0)
ルーブル美術館やオランジュリー美術館もすぐそばの憩いの場、チュイルリー公園。
シャンゼリゼでのクリスマスマーケットがなくなった代わりに、
チュイルリー公園でクリスマスマーケットが開かれていました。

子供たちが大喜びの遊園地と、ホットワインやワッフル、あったかいスープにお土産品の屋台に加え、
シャンパンバーやカキを食べられるお店も!

小腹が空いたときに、クリスマスマーケットであったかい飲み物や食べ物を買って、
チュイルリー公園の中で静かに頂けるので、
お一人様のお散歩にもオススメです。
チュイルリー

NoPhoto
2019年はフランス・ロワール地方へ!
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス
テーマ:お祭り・イベント 世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2018/12/11 21:13
コメント(0)
2019年の旅、行き先はもう決まってますか?
もしフランスに行きたいなーと思っているのであれば、サントル・ヴァル・ド・ロワール地方を目的地に選ぶのもありかもしれませんよ!

2019年,サントル・ヴァル・ド・ロワール地方が熱いんです!
その訳は、2019年が「ルネサンス500年祭」の年だから。

サントル・ヴァル・ド・ロワール地方は、かつてフランス王家の居城が点在したロワール川流域の地方、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

中世から17世紀の初めごろまで、「フランスの庭」と呼ばれるほどに、フランス文化が花開いた場所でもあるんです。

天才発明家であり、比類なきアーティストだったあのレオナルド・ダ・ヴィンチは、フランス国王フランソワ1世に重用され、亡くなる前の3年間をクロ・リュセ城で過ごしました。
ダ・ヴィンチは1516年、フランソワ1世の招きでアンボワーズヘやってきます。すでに老年に達していたダ・ヴィンチはこれが最後の旅と思い定め、アルプスを越え、フランス・ロワール地方を訪れました。その手荷物の中に、あの「モナリザ」を始めとする絵画も入っていたのです。

パリのルーブル美術家に「モナリザ」があるのは、そういうことだったんですね!
ダ・ヴィンチがフランスにやってきたことでほかの多くのイタリア人の著名人や芸術家も集まり、フランス・ルネサンスが花開いたのです。

フランスに後々まで影響を与える
2019年は彼がクロ・リュセ城で亡くなってからちょうど500年に当たります。

さらに、フランスにイタリアから嫁いだ王妃、カトリーヌ・ド・メディシス生誕500年、ルネサンス様式の傑作シュノンソー城の建設開始500年の年。

そういう記念すべき2019年、サントル・ヴァル・ド・ロワール地方では、今までにない、特別なイベントがたくさん予定されています。
2019年1月から12月まで各地で500を超えるイベントのプログラムが!

普段はお目にかかれないエキシビジョンや催しが盛りだくさんのなので、まだロワール地方を訪れたことがないという方は一度足を運んでみては?


ロワール地方

1 - 3件目まで(3件中)