1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. 大連(中国)観光地
  5. 張氏帥府の現地口コミ・地図

Former Residence of Zhang Zuolin and Zhang Xueliang 張氏帥府 チョウシスイフ

  • その他建造物
  • 瀋陽
  • 価格帯大人 50元
    子供 25元
  • 定休日無休

営業時間・地図等の詳細を見る ※中国本土からアクセスした場合、GoogleMAPが表示されない可能性がございます。

住所
46 Chaoyang Street Shaoshuaifu Alley, Shenhe, Shenyang 110011, Liaoning, China
営業時間
[夏季]8:30-17:00, [冬季]8:30-16:30
公式サイト
http://www.syzssf.com/html/jp/index.php
電話番号
+86-24-24842454
投稿日2015/10/07

張作霖、張学良父子の官邸兼私邸

  • 歴史的建造物おすすめ
  • 定番人気

(経済ライター・翻訳者、日本語講師)

高校時代に日本史を選択していた人なら「張作霖」という名前は聞いたことがあるでしょう。1900年代前半に東北三省を支配し「満州王」と呼ばれた奉天軍閥のトップで、日本の関東軍とも深いかかわりがありながら、最後は関東軍の陰謀により乗っていた列車を爆発され、亡くなりました。
ここはその張作霖と彼の息子である張学良の官邸および私邸です。

実際に現地を訪れ、ここの建物や敷地を見ると、彼らの権勢がいかに大きかったかがよく分かります。執務室、寝室、食事室、応接室…どれも今の時代でもそれなりに使えそうなモダンで豪華な作りです。また、張作霖が自らの脅威となりつつあった部下を自ら殺害した部屋、爆発で瀕死の状況で運び込まれ、息を引き取った部屋もあり、歴史的にも見どころの多い場所です。

日本では張作霖の方が有名ですが、中国では彼の跡を継ぎ、その後の中国政治で重要な役割を果たした張学良の方が圧倒的に存在感が大きく(最近まで存命だったこともあり)、残されている資料は彼の物が多いです。「張学良氏が使っていたドライヤー」なども展示されており、どれだけ偉人だったんだ、と若干突っ込みたくなりますが…。

この父子は相当のプレイボーイだったようで、いわゆる第〇夫人の部屋も複数あります。例えば張作霖が亡くなったのは第五夫人の館。敷地から少し離れたところには、張学良の愛人だった女性(後に妻になりました)のために用意した家もあります。この家は二人のためのダンスホールなどもあり、なかなかの豪華さで、その寵愛ぶりがよく分かります。

営業時間は夏(4月中旬~10月初旬)が8時半~17時、それ以外が8時半~16時半。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
張氏帥府周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する