1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 海外現地クチコミ
  4. バリ島(インドネシア)の治安・危険情報

バリ島(インドネシア)

現地のプロ(8人)詳細を見る

 
  • 1 ウルワトゥ寺院
  • 2 バウンティ ディスコ
  • 3 バリ コレクション
  • 4 ダナウ・タンブリンガン通り
  • 5 デンパサール国際空港

バリ島の全域で注意したいこと

投稿日:2014/10/09

夜間の外出時は特に注意。あなたのカバン狙われてます!?

繁華街を歩いていて、肩にかけていたバッグをオートバイに乗った二人組に追い越しざまにひったくられる事案が発生しています。特にレギャン、クタ、スミニャック、サヌール地区で発生、特に夜の時間帯に多く起きています。街中を歩く時は、荷物は車道側の手に持たない、体の前の方に置くことで少しでも事前に防ぐことが出来ます。また多額な現金、貴重品はなるべく持ち歩かないという対策も必要です。ここは海外です。あなたのカバンを狙っている人がいると思って慎重に行動しましょう。

前田紀史 (観光・おもてなしコンサルタント)

投稿日:2014/10/09

慣れない通貨、両替時には面倒がらずに必ず確認を!

街中の両替商で両替する際、本来の額面より少なく渡される事案が発生しています。ルピアの額が大きく、慣れるまで大変ですが、その場で必ず確認することが大切です。おかしいと思ったら遠慮せず、その場で相手に伝えましょう。店を出てからでは聞いてもらえません。特に土産店がやってる両替所や路地裏にあるような小さい両替所、レートが良すぎる場所での両替は避け、正規の両替商で行いましょう。また、過去に偽札が出回ったドル紙幣は両替が難しいので、事前に確認しておくこと。また、買い物時の支払いや、釣銭の確認も慎重に。

前田紀史 (観光・おもてなしコンサルタント)

投稿日:2014/10/09

街中で声を掛けてくる見知らぬ人を安易に信用しない!

街中、特にクタのセントロ・ショピングセンター付近やクタビーチ付近を散策していると、声をかけてくるローカルがいます。「ウブドに行った?」「どこに行くの?」「マリンスポーツしない?」「女?」「葉っぱ欲しい?」等々。気軽に声をかけられてちょっとした気の緩みから一緒についていき、トラブルに巻き込まれる事案が発生しています。またガイドのように振舞う者もいますが、ほとんどがガイドのライセンスを持っていない偽ガイドです。街中で声をかけられてもはっきりと断りましょう。

前田紀史 (観光・おもてなしコンサルタント)

エリア
ウルワツ
ジャンル
  • 寺社・教会

投稿日:2014/10/09

猿に要注意!メガネやイヤリング、シュシュが狙われています!

バリ島観光名所であるこの寺院において、以前から観光客が猿たちに眼鏡や携行品を奪われるという事件が多く、同寺院を訪れる際には、携帯品の管理と猿の動きに十分注意を払うとともに、物を奪われた場合であっても、無理な深追いや、崖付近など危険な場所へ立ち入ることは避け、猿使いのスタッフ?に頼んで取り返してもらいましょう。(有料)また、観光客が猿に咬まれる事件も起きています。猿による咬傷も狂犬病感染の原因となりますので、万が一猿に噛まれた場合は、必ず病院へ行きましょう。

遠藤 嘉一 (バリ島現地旅行会社経営)

2 バウンティ ディスコ

このスポットの観光情報を見る

エリア
レギャン
ジャンル
  • ナイトライフ

投稿日:2014/10/09

バリで一番ホットなナイトスポットとして有名なディスコですが、最近、外国人観光客をターゲットにしたスリや置き引きが横行しています。現金、クレジットカードはもちろん、スマートフォンも被害の対象に。スマートフォンはすぐに売却され、金銭に変えられてしまうので、手元に戻ってくることは難しいと言えます。クレジットカードも本人になりすまし、バリ島の至るところで利用されてしまったという被害もあります。その他に、大麻や麻薬を勧められ場合も!インドネシアでは、重罪ですので決して興味本位で誘いに乗らないように!!同様に、ナイトクラブ「スカイガーデン」も要注意です。

遠藤 嘉一 (バリ島現地旅行会社経営)

エリア
ヌサ ドゥア/ベノア
ジャンル
  • ショッピングセンター

投稿日:2014/10/09

ヌサドゥア・エリアは安心!?それは謝った認識!

ヌサドゥアの高級ホテル群の中心に位置するショッピングモール「バリ・コレクション」。こちらのレストラン街(多数の店舗あり)では、ここ最近、置き引き被害が相次いでおります。ヌサドゥア・エリアは、他エリアと比較するとセキュリティ管理もされており、安心なエリアという認識がありますが、その安心感からの油断は禁物!!手荷物や貴重品等は、常に肌身離さずに手に持っているか、きちんと目の届く範囲内に置いておきましょう。ここは外国です、その心構えだけはお忘れなく。

遠藤 嘉一 (バリ島現地旅行会社経営)

4 ダナウ・タンブリンガン通り

エリア
サヌール
ジャンル
  • その他散策・街歩き

投稿日:2014/10/09

日本人の親切心、人の良さにつけこむ?!外国人詐欺師

サヌールの目抜き通り、様々なショップやレストランが軒を連ねているダナウ・タンブリンガン通り。そこで、過去に十数件もの詐欺被害報告があります。その手法は、アラブ系風外国人がフレンドリーに「あなたは日本人か?」と話しかけてきます。内容は「来週日本に行くのですが、まだ見たことが無いので日本円を見せて欲しい」というもの。気軽に「いいよ」と財布を出してお札を探すと、その隙に数枚のお札を抜き取られるという被害です。怪しい?と思ったら、今は日本円を持っていないと断るか、完全無視に徹しましょう。

遠藤 嘉一 (バリ島現地旅行会社経営)

5 デンパサール国際空港

このスポットの観光情報を見る

エリア
トゥバン
ジャンル
  • その他建造物

投稿日:2014/10/09

悪質な入国管理官には気をつけて!

通常、入国審査の際にパスポートと出入国カードに入国スタンプが押されます。しかし、意図的に入国スタンプを押さない悪質な管理官が稀にいます。スタンプがないと出国時に判明、問題となりお金を要求される事案が発生しています。入国の際にはパスポートと出入国カード両方にスタンプがあるか必ず確認しましょう。また出国カードは小さいので紛失しないように。(補足:ガルーダ航空の一部の路線では機内にて入国審査が行われますが、通常はバリ島の空港到着後に行います。)

前田紀史 (観光・おもてなしコンサルタント)

投稿日:2014/10/09

法外なチップを要求するポーターがいます!

入国後、荷物を受け取るターンテーブル付近に制服を着たポーターが待機しています。勝手に荷物をカートに載せてしまったり、荷物に着いているツアータッグを見て「XXツアー」と声をかけてきます。特に初めての方はツツアー関連のサービスかと勘違いしがちですが、わずかな距離にも係わらず1,000円以上の法外なチップを要求してくるポ―タがいます。1、2個の荷物であればポ―タ―は利用でせず自身で運びましょう。もしポーターを利用する場合は、規定の料金を確認の上利用しましょう。

前田紀史 (観光・おもてなしコンサルタント)

投稿日:2014/10/09

空港内でも気を引き締めて!自分の荷物は自分で運びましょう!

デンパサール国際空港内のポーターが、依頼していないにも関わらず、無理矢理スーツケースなどの荷物をターンテーブルから税関検査場まで運び、運び賃として荷物1個につき1,000円~2,000円相当の法外な金額を請求するという事件が報告されています。その手口は、スーツケースに付された旅行会社のタグやネームタグを目印にして、その旅行会社名や実名を呼び、あたかもその会社の従業員かと思わせ、勝手に荷物を持ち、誘導するというものです。必ずご自身で荷物を持ち、税関を通過して空港出口までお進みください。

遠藤 嘉一 (バリ島現地旅行会社経営)

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
「治安・危険情報」その他参考サイト
バリ島の治安・危険スポット情報
バリ島に関する他テーマの記事一覧

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する