1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. フランクフルト(ドイツ)観光地
  5. カールテオドール橋の現地クチコミ
フランクフルト (ドイツ) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(3人)詳細

ネッカー川にかかる美しいアーチは、ハイデルベルクのシンボル

  • 観光おすすめ
  • 定番人気

ネッカー川に美しいアーチをかける、ハイデルベルクのシンボル的存在がカールテオドール橋。

その歴史は古く、1284年に、最初の橋が現在と同じ場所に架けられていました。
この橋は、人々の暮らしや物流を支える、重要な役割を果たしていたのです。
しかし、当時は木造の橋であったため、1288年の氷床によって橋は破壊。その後も修復しては自然災害による破損に度々見舞われてしまいます。
なかでも1784年の記録的な豪雪は、雪が解けて洪水を起こし多数の死者と橋を含む多くの建物が破壊される、ハイデルベルクの歴史上最も甚大な災害となりました。
その結果、選帝侯カール・テオドールの命により、1788年に9番目の橋として堅固な石橋に建て替えられたのです。
第二次世界大戦で橋の一部は破損しましたが修復し、現在に至っています。

橋の見どころは3つの銅像です。一つは、ローマ神話に出てくる知恵の女神ミネルウァ、二つめは、選帝侯カール・テオドールの優れた知恵に敬意を払った像です。
三つめの、鏡を持っている猿の像は橋の人気者です。これは、15世紀に設置されていた、猿の銅像へのオマージュであると言われています。
その鏡は、自分の前後にいる誰よりも自分は優れていない、人は皆平等であるということを意味しているようですが、現在では、この鏡に触れると富や幸運をもたらすと、現代的な伝説となっていますよ!

所用時間:30分

<アクセス情報>
Marktplatz(マルクト広場)から徒歩2分

2017/02訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。