1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. オアフ島・ホノルル(ハワイ)観光地
  5. ハナウマ湾の現地クチコミ
オアフ島・ホノルル (ハワイ) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(9人)詳細

ボラくらくら (サービス業 PR&マーケティング)

あなたのシュノーケリング経験レベルが、行くべきか、行かないべきかを決める決定打

  • ビーチおすすめ
  • 定番人気

他の写真も見る(全5枚)

ハナウマ湾は、誰もが知るオアフ島を代表するシュノーケリングスポットだ。実際に行ってみると、ビーチに近い浅瀬は、観光客に踏まれて傷ついたサンゴ礁が広がり、環境破壊について大いに考えさせられた。イキイキしたサンゴや魚の群れをみるためには、サンゴの棚を超えて、かなり遠くまで泳ぎ出でなくてはならない。モルディブ、パラオ、東南アジアで豊かなシュノーケリングを体験した人は、わざわざ足を運ぶ場所ではない。あくまで初心者向けのシュノーケリングビーチと感じた。

どのガイドブックにも、駐車場が混まない午前中の早い時間に行くべし!と書いてあるが、本当にそうだろうか。行ってみると同じことを考えた人でごった返していた。駐車場は混んでいるものの、スペースはすぐに見つかった。日陰がないビーチでは、2時間もいれば十分で、午前11時くらいから、どんどん人が帰って行く。その日は満ち潮が午後だったため、午前はかなり浅く、サンゴの浅瀬で泳ぐのは難しかった。ならば、観光客の波が引いた、静かな午後の満ち潮を狙った方がずっと快適だったと思う。満ち潮と引き潮の時刻を調べてから行くのが賢明だ。

オアフ島を代表する観光地なだけに、ビーチへの急な下り坂のために、短い距離でもトローリーが走っている。タオルやシュノーケリングマスクなど、かさばるビーチグッズをトローリーの後部にのせれるので、家族のひとりはトローリーを利用するのが賢いと思う。往復で2.5ドル(4歳以下は無料となっている)。たしかに道は急だが、健脚には全く問題ない坂道だ。ものの5分とかからない。

ワイキキから車で30分。ワイキキ発のトローリーバスは、路線によって立ち寄るものもある。現地で手に入るトローリーバスガイドブック日本語版を読もう。入場料は、大人が25ドル、12歳以下とハワイ在住者(IDが必要)は無料。駐車場代はハワイ在住者が1台1ドル、旅行者は1台3ドル。
※2021年4月26日からオンラインでの予約システムが導入され、ハナウマ湾入場時に視聴必須の環境ビデオの予約が来場48時間前から可能に。
https://pros11.hnl.info/hanauma-bay

入場料、環境ビデオを見るシアターでの時間、そのための待ち時間、トローリー代、混み具合、サンゴの状態とさまざまな角度から考えて、オススメとは言い難かった。帰り道には、車で10分ほどで行けるカハラショッピングモールに立ち寄った。ゆったりとしたモールの素敵な雰囲気が、ハナウマ湾でのがっかり分をカバーしてくれて、結果オーライの一日であった。

2017/03訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。