1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ラスベガス(アメリカ)観光地
  5. ネオン博物館の現地クチコミ
ラスベガス (アメリカ) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(7人)詳細

The Neon Museum ネオン博物館

遠山 まさし (NPO法人アメリカ旅行協会代表理事)

古き良きラスベガスに思いを馳せて

  • エンターテイメントおすすめ
  • 穴場

ラスベガスと言えば
「ネオンサイン」を思い浮かべる方も少なくないはずです。

しかし現在のラスベガスはLEDが主流となり、
サイン看板も、
モニターで映像を上映するものが増えておりネオンは少なくなっています。
使われなくなったネオン管が集められ、
展示されているのがここ「ネオン・ミュージアム」です。

事前にツアーの申し込みをしておかないと
展示エリアに入ることすらできませんので、
公式サイトから申し込んでおきましょう。
ツアー料金は大人18ドル、65歳以上だと12ドルです。

展示されているネオンは、数十年前のものから、
つい数年前まで現役だった「サハラホテル」など、
リピーターのとっては「懐かしい」と思えるものも多数あります。
無造作に置いてあるように見えますが、
触ると簡単に崩れたり割れたりしまうため、
ツアー出発時に「絶対に触らないように」と言われます。

この美術館はNPOによって設置運営されており、
寄付金などをもとに、末永く文化財のように丁寧に保存管理されていくものです。

ラスベガスの北、ダウンタウンよりも更に北に行くため、
レンタカーの利用が望ましいところですが、
古き良きラスベガスを知る方や憧れる方にはぜひおすすめしたい穴場スポットです。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。