1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. サンクトペテルブルク(ロシア)観光地
  5. プーシキンの家博物館の現地口コミ・地図

サンクトペテルブルク(ロシア)

現地のプロ(3人)詳細を見る

The Pushkin Apartment Museum プーシキンの家博物館

  • 美術館・ギャラリー
  • サンクトペテルブルク
  • 価格帯入場料(大人) 100ルーブル
    入場料(学生) 30ルーブル
  • 定休日火曜、毎月最終金曜

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Naberezhnaya Reki Moyki 12, Saint Petersburg 191186, Russia
営業時間
10:30~18:00
公式サイト
http://www.museumpushkin.ru/eng/apartment-museum-pushkin.html
電話番号
+7-812-5713531
投稿日2015/03/23

ロシア人から愛される詩人プーシキンが最期を迎えたアパート

  • 観光おすすめ
  • 地元っ子に人気

(現地在住ブロガー)

モイカ運河に面して建つひときわ目を引く黄色い建物が「プーシキンの家博物館」。
ロシアの偉大な詩人であるプーシキン。彼がロシア文学に与えた影響は絶大で、200年近く経った現在も彼の功績は讃えられている。彼が4か月間暮らしたアパートで現在は博物館となっている。

中庭に足を踏み入れると、中央にはプーシキンの像が立つ。KACCA(チケットカウンター)はプーシキン像に向かって左手にある。博物館の入り口は地下にあるので、階段をおりて扉を開ける。

クロークにて、オーディオガイド(英語、ロシア語などあり。日本語はない。)を有料で借りることが出来る。詳しい説明を聞くことが出来るのでおすすめ。なお、KACCAではオーディオガイド込みの入場料を提示されることが多い。博物館は2層構造で、下階ではプーシキンの直筆の原稿やメモなどが展示されており、上階はアパートになっている。

1836年の9月に、プーシキンは妻と子供達を伴って11室からなる借アパートへ引っ越してきた。それからわずか4か月後、プーシキンは、妻の名誉を傷つけたとしてフランス人士官に決闘を申込み、その時に致命傷を負う。弾丸が腹部まで到達し重体になったプーシキンは、医者に「今まで数えきれないほど多くの患者を診てきたが、これほどの痛みに耐え、生きようとする患者は初めてだ」と言わしめた。生との闘いに疲れたプーシキンが2日後に息を引き取ったソファベッドは書斎に展示してある。

決闘後、アパートへ運び込まれた部屋のドアが階段の途中にあり、通常は閉鎖されている。このドアが開かれるのは1年に1回、プーシキンの命日である2月10日(旧暦の1月29日)のみ。この日はプーシキン記念日となっており、彼を愛する多くの人々が毎年この博物館へ集う。

最寄駅は、地下鉄2号(青)線「ネフスキープロスペクト」駅もしくは地下鉄3号(緑)線「ゴスチニードヴォール」駅。徒歩12分。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
プーシキンの家博物館周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する