1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. リスボン(ポルトガル)観光地
  5. ビカのケーブルカーの現地クチコミ
リスボン (ポルトガル) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(4人)詳細

Elevador da Bica ビカのケーブルカー

フィリグラーナ (インポーター)

リスボンと言えばビカのケーブルカー

  • 観光おすすめ
  • 定番人気

リスボンのアイコンである黄色いケーブルカーやトラム。
このビカのケーブルカーは、その中の1つです。

テージョ川近いサン・パウロ通りとバイロ・アルト地区を結ぶビカ・デ・ドゥアルテ・ベーロ通りを走るケーブルカーです。リスボンは7つの丘の街と呼ばれるように、とても坂道が多く、気が付くと上り坂になったり下り坂に出くわしたり、小さい階段があったりします。少しでも行き来がしやすいようにケーブルカーやエレベーターが整備されています。

このビカのケーブルカーは、なんと1892年に開通しました。急斜面を上り下りしますが、片道は約5分ほどです。あっという間ですが、レトロな車内の雰囲気や、目の前を通り過ぎる可愛らしい家々、気持ちよさそうなテージョ川を見渡すことができるので一度は乗車したいケーブルカーです。

乗車チケットはサン・パウロ通りの入口でも購入できますが、3.7ユーロと割高なので、ヴィヴァ・ヴィアジェンカード(Viva viagem card)にてチャージするか24時間乗車券(6.3ユーロ+カード代0.5ユーロ)をチャージすることをお勧めします。

月曜日~土曜日 7:00~21:00 日曜・祝日 9:00~21:00 に運行していて、いずれも約15分おきに発着

2018/03訪問
ようこそポルトガル (情報サイト運営、旅行業)

100年以上前から運転されている歴史あるケーブルカー

  • 散歩おすすめ
  • 定番人気

123年前の1892年に運転を開始した、リスボンにある3線のケーブルカーの中では一番新しいケーブルカーです。一番古いのは1884年のラヴラ線、1885年のグロリア線と続きます。

運転開始当時は水力を使ったもので、カイス・ド・ソドレから、シアード地区までの、登りは歩くと息が切れる急な坂を3分で結びます。1896年に蒸気式に、1914年に電動になったそうです。3線のケーブルカーの中でも、ビカ線はテージョ川を見渡すことができる眺めの良いオススメの線になります。

3線ともに2002年には、ナショナル・モニュメントに指定されましたが、たまに心無い人に落書きをされてしまうのが残念です。

料金は往復3.60ユーロとちょっと高めのお値段ですが、リスボアカード、または地下鉄・バスが乗り放題の1日券があれば無料で乗車できます。

ビカ線の坂にはバーが軒を並べていますので、夜はグラスを持った人々が通りにあふれ、ひと味違う雰囲気になります。

運転時間
月曜から土曜: 7:00 - 21:00
日曜と祝日: 9:00 - 21:00

  • ジャンル
    その他の観光地
  • エリア
    リスボン
  • 住所
  • アクセス
    サン・パウロ通り
  • 電話番号
    +351-21-3613000
  • 営業時間
    [月~土]7:00~21:00
    [日・祝]9:00~21:00
  • 定休日
    なし
  • 予算
    大人 3.6ユーロ
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。