1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ミュンヘン(ドイツ)観光地
  5. レーゲンスブルグ大聖堂 の現地クチコミ
ミュンヘン (ドイツ) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(4人)詳細

Kloster Sankt Peter Regensburg レーゲンスブルグ大聖堂 

フランツさとみ (フリーライター)

世界遺産の街のシンボル 最古の少年合唱団の歌声が響き渡ります

  • 歴史的観光地おすすめ
  • 定番人気

世界遺産に登録されたレーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフのなかでも、街のシンボルとして圧倒的な存在感を放つのがゴシック建築のレーゲンスブルク大聖堂。
1273年に着工し、尖塔も含めて全てが完成したのが1869年。約600年という月日が建設に費やされました。

大聖堂を訪れたなら是非とも聴いてほしいのがレーゲンスブルク少年合唱団の歌。
“大聖堂の雀たち”と称される美しい歌声は、毎週日曜日の午前10時に奏でられます。
975年にレーゲンスブルク大聖堂付属学校が設立されており、合唱団の歴史はさらに300年ほど遡るといわれています。ウィーン少年合唱団よりも古い、千年以上の歴史を持つ世界最古の少年合唱団の一つです。
前ローマ法王ベネディクト16世のお兄さんは、この合唱団のリーダーとして活躍していました。

大聖堂内の見どころは、今までに一度も壊れていない中世のステンドグラス。それらのほとんどが1220~1370年の間に作られ、その豊富さはドイツ国内でも類を見ないほどです。
また、1280年に作られた微笑む天使の像も、訪れる者に明るく微笑みかけていると人気です。
圧巻は2009年に造られた世界最大の壁に掛けられたパイプオルガン。重さは37tもあり、高さ15mの演奏台まではエレベーターで移動しています。

大聖堂の中にあるミュージアムでは、中世の素晴らしい金細工を見ることが出来ます。(入館料 大人3ユーロ、学生1.50ユーロ)

大聖堂見学の所要時間は1-2時間程です。

<アクセス情報>
レーゲンスブルク中央駅から徒歩15分
交通費はミュンヘンからバイエルン州全土をカバーする一日券のBayern-Ticket
1人25ユーロ、2人31ユーロ、3人37ユーロ

2016/11訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。