1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. サンパウロ(ブラジル)ショッピング・お土産・買い物
  5. パイオウ(フレイカネカ店)の現地クチコミ
サンパウロ (ブラジル) ショッピングの現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

Paiol (Frei Caneca) パイオウ(フレイカネカ店)

エスペランサ (ライター・編集者・翻訳家)

癒し系もいっぱい! ブラジルのかわいい民芸品が買えるお店!

  • 地元名産品おすすめ
  • 定番人気

ブラジルを観光で訪れる方によく聞かれるのがオススメのお土産屋さん。特にブラジルらしい民芸品や小物を見つけたいのであればオススメなのが、Paiol(パイオウ)。ブラジルで”納屋”という意味の素朴なお店です。

お店までは、パウリスタ通りの端にある地下鉄の駅Consolacao(コンソラサォン)駅から徒歩13分ほど。若者が集うレストランも多いフレイカネカ地区にあります。

小さな店内に並べられているのは、ブラジル北部に広がるアマゾン熱帯雨林で見られる木の実や魚の鱗、動物の骨などを使ったアクセサリー、先住民が作る色鮮やかなビーズのアクセサリー、動物を模した陶器、ブラジルの民芸品のカラフルなレースなど。品物によって価格が変わりますが、だいたいの価格帯は70-180レアルです。

様々あるアイテムの中でも私のイチオシは、ブラジル北東部で有名な癒し系の粘土人形。田舎の生活の一場面を切り取ったものが多く、飾っているだけでブラジルらしさを楽しめます。粘土人形は、持ち帰りやすい小さなサイズも売られています。

民芸品や雑貨が好きなオーナーがブラジル各地で買い付けてくるというその品々はセンスがよく、日本に持ち帰ってもインテリアとして飾って楽しめます。

基本的に定休日がないのも観光で来られる方には嬉しいポイント。夜も比較的遅くまでやっているので、ぜひ一度覗いてみてくださいね。

支払いは現金かクレジットカード。対応言語はポルトガル語。店員さんはその日によって変わりますが、皆外国人にも慣れているので言葉が話せなくても気にせずゆっくり品物を見られます。

ちなみにサンパウロ内に2店舗あり、もう1軒はメトロ黄色ラインのFradique Coutinho(フラジッキ・コウチーニョ)駅より徒歩5分ほどの場所にありますよ。

2019/06訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。