1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ベネチア(イタリア)のモデルコース
  5. ヴェネツィア貴族の館めぐり~暮らしに溶け込んだ美の世界

ベネチア(イタリア)

現地のプロ(6人)詳細を見る

ベネチアのプロがおすすめする、現地モデルプラン

投稿日:2017/04/12

1~3万円 ヴェネツィア貴族の館めぐり~暮らしに溶け込んだ美の世界 1日コース

竹川 佳須美 (現地専門旅行会社代表)

このモデルプランのポイント
ヴェネツィアは美の迷宮都市。迷い込む入口も複数あります。時の止まった都そのままの華やかな貴族の館も、そんな入口のひとつです。カナルグランデから外観だけ眺めるのではもったいない。多くは美術館になっていますので、華やかな時代の暮らしの中に溶け込んだ美の世界に、足を踏み入れてみましょう。
地図アイコン例
  • レストラン
  • ホテル
  • 観光地
  • ショッピング
スケジュール
  • 合計予算18,700円/人
  • 所要時間 8時間31移動:1時間6分を含む
  1. 1 09:15~09:30 サンタ ルチア駅
  2. 船 移動:8分 詳細を見る

    水上バスの1番で3つ目、Santa Staeで降ります。

  3. 徒歩 移動:6分 詳細を見る

    小さな運河を二つ渡って、カ・ペーザロを目指します。

  4. 2 09:50~11:00 カ ペーザロ 近代アート美術館
  5. 徒歩 移動:5分 ルート表示
  6. 3 11:05~12:00 モチェニーゴ宮博物館
  7. 徒歩 移動:5分 詳細を見る

    水上バスの停留所、San Staeに戻ります。

  8. 船 移動:3分 詳細を見る

    1番の水上バスに乗り、ひとつ先のCa' d’Oro で降ります。

  9. 徒歩 移動:9分 詳細を見る

    小さな運河沿いのレストランへ...。

  10. 4 12:20~14:00 ヴィーニ ダ ジージョ
  11. 徒歩 移動:5分 ルート表示
  12. 5 14:05~15:15 カ ドーロ
  13. 船 移動:19分 詳細を見る

    1番の水上バスに乗り、Ca’ Rezzonicoで降ります。

  14. 6 15:45~17:00 カ レッツォーニコ
  15. 船 移動:5分 詳細を見る

    1番の水上バスに乗り、Giglioで降ります。

  16. 徒歩 移動:9分
  17. 7 17:20~17:30 コンタリーニ デル ボヴォロ宮
  18. 徒歩 移動:10分 ルート表示
  19. 8 17:40~18:30 バー ロンギ
1 09:15~09:30サンタ ルチア駅
エリア
ベネチア
住所
Stazione di Venezia Santa Lucia, 30121 Venice, Italy
ジャンル
  • その他の観光地
平均予算
2,500円

ヴェネツィアの玄関はサンタ・ルチア駅。駅舎を出るとすぐ目の前がカナルグランデ(大運河)で、いきなり別世界が広がる驚きと喜びに包まれます。
構内のインフォメーションでは様々な情報と地図も入手(有料)できます。

水上バスのチケットは売り場窓口で滞在に必要な分を購入しておきましょう。
http://www.veneziaunica.it/en/e-commerce/services

水上バス ACTV公式サイト:http://actv.avmspa.it/it

水上バス利用には路線図と時刻表があると便利です。以下からデータをダウンロードしておきましょう。
路線図:http://www.actv.it/sites/default/files/ultimamappa.pdf
路線別時刻表:http://actv.avmspa.it/en/content/orari-servizio-di-navigazione-0

本島内に宿をとっている場合は、最寄りの水上バス乗り場から出発します。

船で移動 約8分

料金目安:約0円

水上バスの1番で3つ目、Santa Staeで降ります。

徒歩で移動 約6分

料金目安:約0円

小さな運河を二つ渡って、カ・ペーザロを目指します。

2 09:50~11:00カ ペーザロ 近代アート美術館
エリア
ベネチア
住所
Santa Croce, 2076, 30135 Venice, Italy
ジャンル
  • 博物館
  • 美術館・ギャラリー
営業時間
4月1日-10月31日:[火-日]10:00-18:00、11月1日-3月31日:[火-日]10:00-17:00、12月25日・1月1日:11:00-17:00
定休日
月曜日
公式サイト
http://capesaro.visitmuve.it/en/home/
電話番号
+39-041-721127
平均予算
1,800円

大運河から見ると重厚さで目を惹くのが、17世紀から18世紀にかけて建設されたカ・ペーザロです。一階部分のダイヤモンド型にカットされた切石積みや、アーチのかなめ石の人面彫刻などが印象的な、ヴェネツィアバッロク様式の代表的な建築です。

上階はヴェネツィア・ビエンナーレに出品された作品を収蔵する現代美術と、日本や中国の美術・工芸品を展示する東洋美術館となっています。

徒歩で移動 約5分

料金目安:約0円

3 11:05~12:00モチェニーゴ宮博物館
エリア
ベネチア
住所
Santa Croce, 1992, 30135 Venice, Italy
ジャンル
  • 博物館
  • 美術館・ギャラリー
営業時間
11月1日-3月31日:[火-日]10:00-16:00、4月1日-10月31日:[火-日]10:00-17:00
定休日
月曜日、12月25日、1月1日
公式サイト
http://mocenigo.visitmuve.it/en/home/
電話番号
+39-041-721798
平均予算
1,000円

モチェニゴ家はヴェネツィアで最も古い貴族の家系とのこと。18世紀の館はロココ様式で装飾されています。内部はテキスタイル・衣装・香水の博物館となっていますが、ほとんど手を加えられていないため、当時の貴族の暮らしを伝える貴重な館となっています。

徒歩で移動 約5分

料金目安:約0円

水上バスの停留所、San Staeに戻ります。

船で移動 約3分

料金目安:約0円

1番の水上バスに乗り、ひとつ先のCa' d’Oro で降ります。

徒歩で移動 約9分

料金目安:約0円

小さな運河沿いのレストランへ...。

4 12:20~14:00ヴィーニ ダ ジージョ
エリア
ベネチア
住所
Sestiere Cannaregio, 3628a, 30121 Venezia, Italy
ジャンル
  • イタリア料理
営業時間
[水-金]12:00-14:00、19:00-22:00、[土・日]12:00-14:00、19:00-21:00、21:30-遅くまで
定休日
月曜日、火曜日
公式サイト
http://www.vinidagigio.com/
電話番号
+39-041-5285140
平均予算
8,000円

ヴェネツィア料理で定評のあるレストランですが、ランチなら予約なしで入れる可能性大。ただし、ハイシーズンや週末などは予約しておいたほうが確実です。

おすすめはヴェネツィア風前菜の盛り合わせやクモガニ(Granseola)のパスタ、イカのヴェネツィア風ポレンタ添えなどから、アンティパストとプリモ、プリモとメインといった組み合わせで二品をチョイスすること。豊富なワインもグラスで注文できます。

徒歩で移動 約5分

料金目安:約0円

カ・ドーロに向かいます。

5 14:05~15:15カ ドーロ
エリア
ベネチア
住所
Santa Sofia, Cannaregio, 3932, 30121 Venice, Italy
ジャンル
  • 博物館
  • 美術館・ギャラリー
営業時間
[月]8:15-14:00、[火-土]8:15-19:15、[日・祝日]9:00-19:00
定休日
1月1日、5月1日、12月25日
公式サイト
http://www.cadoro.org/?lang=en
電話番号
+39-041-5222349
平均予算
1,100円

カ・ドーロとはヴェネツィア方言で「黄金の家」という意味。かつては壁面が金に覆われていたといいます。二階と三階テラスのヴェネツィアンゴシックの列柱は、ヴェネツィアで一二を争う美しさ、大運河に並ぶ数々の館の中でも、最も目を引く建物でしょう。15世紀の建造で、ヴェネツィア最盛期の華やかさを伝える重要な館です。

大運河に開けた玄関は船着き場兼倉庫で、船から直接商品が運び込まれました。床のモザイクタイルや井戸の装飾も見事で、商館と住まいを兼ね備えた、ヴェネツィア商人の典型的な館です。この部分は入場料無しでも見せてもらえます。

上階はフランケッティ美術館となっており、マンテーニャの「聖セバスティアヌス」など、イタリア内外の15~18世紀の絵画作品などが展示されています。

美術館のもう一つの見どころは、テラスの美しい列柱越しに眺める大運河の眺めです。運河がオレンジ色の夕陽に輝く秋の夕方や、霧に包まれた朝なども幻想的でおすすめです。

船で移動 約19分

料金目安:約0円

1番の水上バスに乗り、Ca’ Rezzonicoで降ります。

6 15:45~17:00カ レッツォーニコ

このスポットの観光情報を見る

エリア
ベネチア
住所
Dorsoduro, 3136, 30123, Venice, Italy
ジャンル
  • その他建造物
営業時間
4月1日-10月31日:[水-月]10:00-18:00、11月1日-3月31日:[水-月]10:00-17:00、12月25日・12月26日・1月1日・1月2日:11:00-17:00
定休日
火曜日
公式サイト
http://carezzonico.visitmuve.it/en/home/
電話番号
+39-041-2410100
平均予算
1,300円

カ・レッツォーニコは左右の館に比べ各階の高さも高く、威風堂々としたたたずまいで、その後没落に向かう直前の、最後のヴェネツィアの輝きをうかがい知ることができる館です。17世紀から18世紀にかけて建造されたため、切石積みの一階と三階部分は明らかに異なる様式ですが、それがかえってこの館に、軽やかさと華やかさを与えています。

淡いブルーの色使いで人気のティエポロによる二階大広間のフレスコ画や、大きなヴェネツィアングラスのシャンデリア、また家具調度品なども見事なものばかりです。加えて、「18世紀装飾美術館」としてのコレクションも、とても興味深い作品が目白押しです。

これらにより当時の貴族たちの贅沢な暮らしぶりがわかりますが、同時に、滅びの予兆のような退廃を感じ取ることもできるでしょう。

おすすめはカナレットの「柱廊のあるカプリッチョ(奇想画)」やピエトロ・ロンギのコレクション。ロンギは貴族だけでなく庶民の姿も描いており、これらの風俗画は観光にやってきた他国の貴族たちが競って買い求めたといいます。

※11月から3月は閉館時間が17時となり、チケット窓口は16時に閉まりますのでご注意ください。

船で移動 約5分

料金目安:約0円

1番の水上バスに乗り、Giglioで降ります。

徒歩で移動 約9分

料金目安:約0円

7 17:20~17:30コンタリーニ デル ボヴォロ宮
エリア
ベネチア
住所
San Marco, 4299, 30124 Venice, Italy
ジャンル
  • 城・宮殿
営業時間
10:00-13:30、14:00-18:00
定休日
8月15日、11月1日、12月25日・26日、1月1日
公式サイト
http://www.scalacontarinidelbovolo.com
電話番号
+39-041-3096605

ボーヴォロとはヴェネツィア方言でかたつむりの意味。アーチを支える列柱が円塔をぐるぐるとらせんを描いて登っていく様を、ヴェネツィアっ子がカタツムリにたとえて呼ぶようになったと言います。

この階段部分、円柱はルネッサンス様式なのですが、建築技術的にはゴシックで、形態的にはヴェネト・ビザンチンとルネッサンスの混合と評されています。

千年にわたって栄えたヴェネツィアには、様々な建築様式の館が立ち並んでいますが、その中でもひときわ個性的な館なので、外観の階段を見上げるだけでも少し時間を取って立ち寄ってみましょう。

※疲れてしまった、あるいは各館で時間をオーバーしてしまった場合など、適宜カットしてください。

徒歩で移動 約10分

料金目安:約0円

レストランが空くにはまだ早いこの時間は、イタリアではアペリティフタイム。ここでは二つの選択肢があります。リアルトに徒歩で向かい、橋を渡ったあたりに密集しているヴェネツィア名物のバーカロ(居酒屋)でチケッティ(おつまみ)と一緒にワインを傾けるのがひとつ。これはリーズナブルな選択ですが、貴族の館を巡ってきた一日は、やはり貴族の館で終わりたいもの。さっき降りたGiglioに戻りましょう。

8 17:40~18:30バー ロンギ
エリア
ベネチア
住所
Hotel Gritti Palace, 30124 Venezia, Italy
ジャンル
  • バー
営業時間
11:00-25:00
定休日
無休
公式サイト
http://www.thegrittipalace.com/longhi-bar-venice
電話番号
+39-041-794781
平均予算
3,000円

ヴェネツィアの貴族の館は、美術館だけでなく、多くはホテルに改装されて利用されてきました。かつての共和国ドージェ(総督)の館であったダニエリが有名ですが、16世紀に建てられたグリッティパレスも、今は5つ星ホテルとなっています。サンタ・マリア・サルーテ教会を運河越しに臨む最高の立地で、サービスにも定評があります。

ホテルにはレストランもありますが、ここではバール・ロンギでアペリティフにカクテルを一杯ひっかけることにしましょう。アルコールだけでなくエスプレッソなどのソフトドリンクもあります。少し早めに着けば、17:30までのアフタヌーンティーに間に合うかもしれません。おすすめは大運河を望むテラス席ですが、カ・レッツォーニコで鑑賞したピエトロ・ロンギの絵がかけられたインドアの席も落ち着きます。

なお、さすが5つ星ホテルといいましょうか、バールには「スマートカジュアル」とドレスコードが設けられています。「あまりラフな格好では来ないでね」という解釈で良いと思いますが、少しだけ気を使いましょう。

バールではサラダやサンドイッチなどの軽食もとれますが、しっかり夕食を取りたい方は場所を変えたほうがよさそうです。ただし一般的なレストランのオープンは19:30頃となりますので、それまで待てない方は、庶民の味方、リアルト橋を超えたあたりや魚市場周辺のバーカロ(居酒屋)が良いでしょう。

最後まで貴族の館で、という方は、バールでホテルレストランの予約が取れるか聞いてみても良いかもしれません。ただしレストランのドレスコードは「フォーマル」ですので、少しハードルが高いかもしれませんね。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。また、各スポットの予算も、訪問時点の為替レートに基づきおおよその日本円に換算しています。
    訪問先の都合や現地事情、為替レートの変動により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
このプランで紹介しているスポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する