1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. バンクーバー(カナダ)グルメ
  5. ニューヨークフライス (パシフィックセンター店)の現地クチコミ
バンクーバー (カナダ) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(9人)詳細

New York Fries (Pacific Centre) ニューヨークフライス (パシフィックセンター店)

森川 慧矢 (留学エージェント代表)

カナダの代表的な料理の1つ

  • プーティンがおいしい
  • 地元っ子に人気

カナダの代表的な料理の1つが「プーティン」です。「NEW YORK FRIES」はダウンタウンにあるパシフィックセンターのフードコートにあります。プーティンは1950年代後半、ケベック州で生まれカナダ内のほとんどのショッピングセンターのフードコートで食べることが出来ます。フライドポテトの上にグレイビーソースがかかっていて、チーズがふんだんにのっています。肉自体は入っていないのに肉の豊かな風味が感じられる一品です。

ジャガイモを直接栽培・管理し、チリ、チーズ、グレイビ、サワークリーム、スイートチリ、サルサと約7種類あるソースも自社が独自開発したこだわりのソース。ビーフ、チキンを使ったメニュー、チリを含めプーティーンは全部で5種類あります。こちらのお店ではフライドポテトのサイズがレギュラー、ラージ、ジャンボの3種類。プーティーンは、レギュラー、ラージの2種類。レギュラーサイズも$4〜と手軽な値段です。

あつあつ揚げたてにたっぷりのソースと野菜のトッピングをかけた太めのポテトは、ほくほくウマウマです。カロリーが高そうと感じるかもしれませんが、実際高いです。でもカナダ人は大好きです。

NEW YORK FRIESのジャガイモは厳選された生の芋を細長くスライスして作られています。芋の大きさにより長いものもあれば短いのあります。たまに、端の細い部分もあるのだが、これが他のポテトと同じ時間揚げられることによりカリカリに仕揚がって、同じフライドポテトを食べているのにいろいろな歯ざわりを楽しむ事ができます。揚げ油は独自のレシピを使い、外はこんがり中はホクホク。絶妙な温度とタイミングで揚げられるフライドポテトは専門店ならではの味わいです。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。