1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ベストワンクルーズさん

  海外エリア: アジア > シンガポール の他のブログはこちら|

ベストワンクルーズ〜クルーズブログ〜

プロフィール

ニックネーム:
ベストワンクルーズ
居住地:
東京都
会社名:
株式会社ベストワンドットコム
会社英字名:
Best1.com Co.,LTD
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-5114-0261
業種:
旅行業
自己紹介:

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

NoPhoto
2009年3月9日 横浜 クイーンメリー見学会
エリア:
    指定なし
テーマ:お祭り・イベント クルーズ ホテル・宿泊 
投稿日:2009/06/12 15:30
コメント(0)
クイーンエリザベス以来35年ぶりのオーシャンライナー(主に大西洋横断する船の愛称)として、2004年誕生のクイーンメリー2が、2009年3月9日、ワールドクルーズの途中、日本に初寄港し、停泊する横浜港での内覧会に参加しました。

(外観)
横浜ベイブリッジ(55m)をくぐれないほどの高さ(62m)があり、長さ345mと東京タワーよりも長い、約15万トンの船は、巨大な箱のイメージにもなりかねませんが、クイーンメリー2は、黒と白のカラーでまとめられたスマートな印象で、エレガントさを感じさせるデザインでした。一目見れば、乗船前の気分が一気に高まるでしょう。
実際、外見だけでも一目みたいと訪れた見学者は、悪天候にも関わらず、横浜市の想定を越える1万人以上にのぼったそうです。

(内装+アトリウム+モール)
全体の印象は木目調のクラシックで落ち着いた雰囲気でした。そして、照明も間接照明を多用した柔らかい光に、豪華客船に乗っているという高揚感を感じずにはいられませんでした。
また6層吹き抜けのアトリウムの周りには、エルメスなど高級ブランドショップやキュナードグッズを売っているショップなど連なる光景は、まるで高級デパートにいるような感覚になります。

(レストラン)
ブリタニアレストランは、3層吹き抜けの広い空間で、すぐにでも舞踏会が開けそうな雰囲気の高級感あふれるレストランでした。さらに、最高峰のクイーンズグリルは、専用ラウンジも設けられ、食前からゆったりと過ごせる、まさに贅沢な時間を過ごせそうなレストランでした。
この他にもバラエティー豊かなビュッフェスタイルの[キングスコート]というレストランもあり、まったく飽きさせないレストランのラインナップでした。

(部屋)
運良く最上クラスの部屋[グランドデュープレックス]を見学することができました。ワールドクルーズ92日間で2000万円代ととても手が届きませんが、200?超のペントハウスは、1階がリビング・ダイニング、2階が寝室と、邸宅でリラックスするような感覚になることを思えば十二分に価値がある空間だと思います。 

(イルミネーションズプラネタリウム)
クイーンメリー2自慢の世界初の洋上プラネタリウム。ゆったりしたシートに身を包まれ、天井を見上げれば、船上であることを忘れ、夢見心地になるのではないでしょうか。
(ロイヤルコート・シアター)
2階座席もある大きな空間の劇場では、夜2回、ブロードウェーのミュージカルやバラエティショーが繰り広げられるそうです。船上の劇場というよりも、どこかの都市の劇場に足を踏み入れた錯覚になります。

(クイーンズ・ルーム)
円弧を描くドーム型の高い天井には、大きなシャンデリアがあり、華やかさを添えて、まさに『社交場』にふさわしいダンスフロアでした。ここでは、オーケストラによるキャバレー・ショーやダンス・ショーなどのエンターテイメントが繰り広げられるそうで、目を閉じればその光景が目に浮かぶような雰囲気です。

(図書室)
8000冊以上の蔵書が、木目調のシックな書棚にずらりと収められている図書室は、洋上の静かな時間を過ごしたいと思ったときに、自然と足が向いてしまうような空間でした。

(G32)
クラシックな他の空間と違い、ここはドッグをモチーフにした未来的な空間ですが、でも懐かしさを感じさせるナイトクラブでした。

(ウィンターガーデン)
イギリスの邸宅にあるようなゲートを開いて中に入ると、白いグランドピアノが中心に置かれ、水が流れる音と、緑豊富なこのラウンジ空間は、名のごとく、庭園にいるような気分になり、ゆったり過ごす場にふさわしいところと思いました。

(感想)
キュナードのフラッグシップとも言えるクイーンメリー2は、期待を裏切らない、期待以上の高級感あふれる船でした。また施設だけが立派なだけではなく、ちょっとしたクルーの笑顔や片言の挨拶で、堅苦しさもほどけ、リラックスして洋上を過ごせるのではないかと思いました。
来年2月にもワールドクルーズで長崎・横浜へ寄航するということで、今回様々なメディアで取り上げられただけに、より一般の方の関心が高まるのではないかと期待が膨らむ、初寄港見学会でした。

PR
個人自由クルーズ専門のベストワンクルーズ。国内・海外クルーズ多数格安で掲載。クルーズ専門店だから圧巻の品揃え・お手頃価格・安心サービスをご提供。
個人自由クルーズ専門のベストワンクルーズ。国内・海外クルーズ多数格安で掲載。クルーズ専門店だから圧巻の品揃え・お手頃価格・安心サービスをご提供。
NoPhoto
レジェンド・オブ・ザ・シーズ号アジアクルーズ2泊3日
エリア:
  • アジア>シンガポール>シンガポール
  • アジア>マレーシア>ペナン島
テーマ:マリンスポーツ クルーズ ホテル・宿泊 
投稿日:2009/06/12 15:19
コメント(2)
レジェンド・オブ・ザ・シーズ号アジアクルーズ2泊3日

1月9日よりシンガポールから乗船。
シンガポールのハーバーフロントセンターは分かりやすく、1Fで荷物を預けて2Fのチェックインカウンターへ進むシステムです。
航空会社のチェックインカウンターのような仕様で、オンラインチェックインを済ませていると簡単にルームキーの発行まで進みました。
乗船直前にパスポートを預け、引換証をもらった上で乗船となります。
1日目は乗船〜出港まであわただしく終わりました。
【2日目】ペナン島に到着、テンダーボートに乗って上陸です。オプショナルツアーの参加者はシアターに集合し、順序良くツアーがスタートします。
トライショーに乗って散策するオプショナルツアーに参加してみましたが・・・・さすが人力!スピードが出ません(乗ってる人の体重にもよりますが)しかしながら、風を受けながら街中を通過するのはなかなか気持ちの良いものでした。
観光地として有名なお寺やインド人街などを通過して最後にE&Oホテルにてティータイム。ラッフルズホテルと同じ設計者のペナンで一番伝統のあるホテルということでした。
【3日目】ポートクランに到着・・・・近くには何もありませんが、港は立派です。
クアラルンプールの街中に行くオプショナルツアーに参加し、片道1時間ほどバスに揺られて行くと、最初にスルタンの王宮に下車観光。その後、ペトロナスツインタワーやチャイナタウンなど、クアラルンプールの見所を集約したツアーでしたが、ポートクランからクアラルンプールまでは時間が掛りすぎた感がありました。
【船上ライフ】船内で行われるショーはちょうどディナーが終わる19:30くらいにはシアターに人が溢れていました。歌を中心としたショーやマジックなど、言葉が分からなくても理解できる構成だったので、子供からお年寄りまで楽しむことが出来ます。
子供たちにはキッズプログラムが用意され、専任のスタッフが子供たちと一緒にプログラムを楽しんでいたようです。子供と大人がそれぞれに楽しむことが出来るということもクルーズの魅力の一つです。
また、スパや美容院も人気が高く、予約がすぐいっぱいになっていました。人気のメニューがいくつか楽しめるお試しパックが人気のようで、価格も50ドル〜60ドルが中心で手軽に楽しめそうです。
夜10時位になるとプールデッキでお夜食ブッフェ&イベントが行われてスタッフが盛り上げてくれます。
あっという間に3泊4日のクルーズが終了し、次回はもう少し長い期間のクルーズに乗ろう!と思わせる、初めてのクルーズや休みが長く取れない人にお勧めのカジュアルクルーズでした。

PR
個人自由クルーズ専門のベストワンクルーズ。国内・海外クルーズ多数格安で掲載。クルーズ専門店だから圧巻の品揃え・お手頃価格・安心サービスをご提供。
個人自由クルーズ専門のベストワンクルーズ。国内・海外クルーズ多数格安で掲載。クルーズ専門店だから圧巻の品揃え・お手頃価格・安心サービスをご提供。

1 - 2件目まで(2件中)