1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. 北米
  4. カナダ
  5. ケベック シティ
  6. 観光地
  7. カナダデーを祝う大きなケーキ

ケベック日記

~Je me souviens---「私は忘れない」~

QUEBEC GUIDE SERVICE
創立24年目を迎えました。 ケベックの観光は私達にお任せ下さい。
プロフィール

ニックネーム:
qgs
居住地:
北米>カナダ>ケベック シティ
会社名:
ケベックガイドサービス
会社英字名:
QUEBEC GUIDE SERVICE
会社所在地:
北米>カナダ>ケベック シティ
会社電話番号:
1-418-688-7729
業種:
現地ツアー企画・現地ガイドなど
自己紹介:
北米東部のこの地に、フランス文化を齎したのはサミュエルドシャンプレインでした。それはおよそ400年前の徳川時代です。当時、大西洋を渡るには6ヶ月もの日数が必要でした。荒れた海を奔り、海賊等から逃げ延び、そして赤痢や壊血病と闘う壮絶な旅でした。このケベックは、そうした逞しい当時のフランス人開拓者の末裔が暮らす街なのです。彼等をケベックコワ(ケベック人)と呼びます。モットーは、Je me souviens (私は忘れない)彼等はこうした開拓の歴史は勿論の事、その後に何度も繰り返されるイギリスとの植民地戦争の辛い時代も忘れる事無く、そして祖国フランスのブルターニュやノルマンディーから伝えた文化を、大切なフランス語を今でも誇りを持ちながら守り続けています。この街を訪れる多くの旅人は決まってこう言います。「こんなに素晴らしい街だったとは...。」これからケベックを訪れる予定の皆さんも、帰国の機上でこう呟くでしょう。Je me souviens...。

カレンダー
12月<2023年1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

カナダデーを祝う大きなケーキ

2016/07/02 07:53
カナダデー
エリア:
  • 北米 > カナダ > ケベック シティ
テーマ:
  • 観光地
  • / 世界遺産
  • / 歴史・文化・芸術
7月1日のカナダデーでは、恒例のカナダ国旗デザインの巨大なケーキが、無料で振る舞わられます。ケベックを代表するシャトーフロンテナックホテルのパテシィエチームの共同作業で作られるものです。ケベックのカナダ陸軍第22連隊の式典も、テラスデュフランで執り行われ、お馴染みの真っ赤な制服と黒のクマの毛の帽子の兵士らの脇には、マスコットの山ヤギも登場します。このヤギは国家元首であるエリザベス女王の分身と言われ、式典を見守っているのです。明日は、隔年ごとに開催される大西洋横断ヨットレースも行われる予定です。世界中から集まった26艇のヨットチームの中には、日本から参加されるヨットもあります。世界遺産のモンサンミッシェルすぐ傍にある小さな港町サンマロまでの5千キロを10日間ほどで走破するようです。過去の最速記録では7日間という記録もありました。ヌーベルフランス時代には、大型の木造船で半年近くも日数がかかったと言われる航路を、現代ではわずか1週間ですから、時代の流れと共に、人類は航海技術も飛躍的に発達させたことになります。
カナダデー
タグ:
ケベック
カナダデー
世界遺産
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
お陰様で創業19年!一期一会の気持ちで一生懸命お世話します。
お陰様で創業19年!一期一会の気持ちで一生懸命お世話します。
コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。