1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ベルリン(ドイツ)観光地
  5. ベルリン動物園の現地クチコミ
ベルリン (ドイツ) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(4人)詳細

Berlin Zoo ベルリン動物園

Hiromitsu Kakizoe (ライター)

世界最大級の都市型動物園

  • 散歩おすすめ
  • 定番人気

1844年にオープンした街の中心部にある動物園。ヨーロッパで9番目に古いものです。
隣接する水族館と合わせて、なんと1,504種、20,000頭(匹)以上の動物が飼育されていて、
世界でもっとも種類に富んだ動物園として知られています。

ベルリンでもっとも訪問客が多いテーマパークでもあります。
残念ながらもう亡くなってしまいましたが、
人工飼育されたホッキョクグマのクヌートの生まれた動物園としても有名です。

35ヘクタールにおよぶ敷地内には、種やその出身地域でさまざまなエリアに分けられています。
全部を見て回ろうと思うと、一日では足りないくらい。
チケットを買う際にガイドマップも合わせてもらえるので、まずは見学ルートを決めましょう。

マップには絵が多用されているので、翻訳などは考えなくても大丈夫。
ただ、ちょっと大雑把ではあるので、実際に行ってみたエリアで、
「あ、これもいたんだ」と変に納得することもあるかもしれません。

飼育している建物は、古代の建物を模していたり、宮殿風のものがあったりと、
それを見て回るのもおもしろいです。
鹿の世界分布など専門的なものを、図などを使ってわかりやすく説明しているスポットもあります。

一番の目玉はキリン館。
園内中央からやや南にいったところで、キリンたちが首を長くして皆さんの来園を待っています。

都市近郊電車の「ツォーロギッシャーガルテン(Zoologischer Garten)」駅の目の前にあります。
この入り口はライオンの門。

水族館の入り口は、駅側ではない入場口から出て、すぐのところです。
これは象の門と呼ばれているのですが、日本やアジア文化に影響を受けたもので、
とてもユニークなものになっています。

  • ジャンル
    動物園・水族館・植物園
  • エリア
    ベルリン
  • 住所
  • 電話番号
    +49-30-254010
  • 営業時間
    詳細は公式サイトを参照
  • 定休日
    無休
  • 予算
    入場料(大人) 15.5ユーロ
    入場料(子供4-15才) 8ユーロ
    入場料(学生) 10.5ユーロ
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。