1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ベルリン(ドイツ)観光地
  5. ホロコースト慰霊碑の現地口コミ・地図

The Holocaust Memorial ホロコースト慰霊碑

  • モニュメント・記念碑
  • ベルリン
  • 価格帯入場料 無料
  • 定休日月曜日、12月24-26日、年末年始、イースターマンデー、5月1日、10月3日

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Cora-Berliner-Strase 1, 10117 Berlin, Germany
営業時間
4月-9月:[火-日]10:00-20:00、10月-3月:[火-日]10:00-19:00
電話番号
+49-30-2639430
投稿日2015/04/16

整然と並ぶ石柱に圧倒される

  • 歴史探訪おすすめ
  • 定番人気

(ライター)

ブランデンブルク門の近くに存在するとても広大なコンクリート柱の集まり。
それぞれの石柱は厚み0.95m幅2.38mのブロック状で、高さは0mから4mとまちまち。
モニュメントの内部を歩くと、その群れに圧倒されます。とても前衛的な記念碑に写りますが、
2005年に完成した、大戦中ホロコーストによって犠牲になったユダヤ人を追悼するモニュメントです。

ホロコースト下で犠牲となった人々に対する慰霊碑の扱いは、長い間ドイツ国内で大きい議論を呼んできました。
そして、このモニュメントの建設に際しては、たくさんの議論がベルリン市、そして連邦議会で行われました。
主なものは、場所の問題、規模の問題、そして追悼対象の問題。

第二次大戦下のドイツで迫害されたのはユダヤ人だけではなく、シンティ・ロマの人々、
同性愛者の人々、障害者の人々なども含まれます。
最終的にナチス時代の全ての犠牲者を対象にしたものではなく、
あくまでヨーロッパ全土のユダヤ人をその対象とするということで、議論はまとまり完成と相成りました。

地下には資料館もあり、見学が可能です。
週末のみですが、ガイドツアーも行われているので参加してみると理解が深まるでしょう。

第二次大戦が終わって70年近くが経ちましたが、「戦後」を感じさせるスポットです。

ホロコースト下のユダヤ人を扱ったものにはユダヤ博物館(http://www.jmberlin.de/main/EN/homepage-EN.php 住所Lindenstraße 9-14, 10969 Berlin )もあるので、そちらにも足を伸ばしてみたいです。

こちらは外観がとても斬新な建物。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
ホロコースト慰霊碑周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する