1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ベルリン(ドイツ)観光地
  5. 壁博物館 (ハウス アム チェックピント チャーリー)の現地口コミ・地図

Berlin Wall Museum 壁博物館 (ハウス アム チェックピント チャーリー)

  • 博物館
  • ベルリン
  • 価格帯入場料(大人) 14.5ユーロ
    入場料(大人25名以上の団体) 9.5ユーロ
    入場料(学生) 9.5ユーロ
    入場料(7-18才の学生) 7.5ユーロ
    入場料(ソーシャルチケット) 6.5ユーロ
    入場料(障害証明書を持つ方) 9.5ユーロ
    オーディオガイド 5ユーロ
    写真許可料 5ユーロ
  • 定休日無休

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Friedrichstrasse 43-45, 10969 Berlin, Germany
営業時間
9:00-22:00
電話番号
+49-30-2537250
投稿日2015/04/16

ベルリンの壁にまつわる資料が大量に残る博物館

  • 歴史探訪おすすめ
  • ガイドの超イチオシ!

(ライター)

ベルリンの壁博物館の中では、写真と文章で、冷戦下のベルリンの実態を伝えています。
当時の緊張状況がリアルに伝わってくるようで、入った瞬間から少しドキドキしてしまいます。

開館は意外と早く1962年で、歴史家のライナー・ヒルデブラントが尽力しました。現在の場所に移ったのは翌1963年。
日刊紙「ディ・ヴェルト」を発行しているアクセルシュプリンガー社が後援しています。

この博物館のハイライトは、東から西に逃れようとした人々の記録です。
ある人はトンネルを掘り、ある人は気球を飛ばしました。
またある人は車やスーツケースに細工をして、人が隠れることができるようにしたりも。

そんな、自由への渇望が、今を生きる私たちに、自由とは、民主主義とは何か考えさせてくれます。
逃げた人々だけではなく、それに協力した人々、悲しくも失敗してしまった人々の物語もあり、心を打ちます。

博物館自体は拡張を続けており、あるコーナーでは、現在世界中で頻発している圧政への抵抗を解説しています。
また通りに面している部屋ではチェックポイントチャーリーを上から眺めることもできます。

冷戦下から続く、自由への闘争。今なお、終わることのない戦い。
東西にベルリンが分かれていたのは過去のこととは言え、我々の生きる世界は今なお問題が山積みです。
それに一筋の光を照らしてくれるのが、この博物館ではないでしょうか。

中央駅から向かう際は、都市近郊電車S-Bahnで「フリドリヒシュトラーセ(Friedlichstrasse)」に出て、
地下鉄U6番に乗り換え「コッホシュトラーセ(Kochstrasse)」で下車してください。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
壁博物館 (ハウス アム チェックピント チャーリー)周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する