1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ボストン(アメリカ)観光地
  5. フェンウェイ パークの現地口コミ・地図

ボストン (アメリカ) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(4人)詳細

メジャーリーグ最古の球場、アメリカ人なら一度は訪ねてみたい球場のひとつ

  • スポーツ観戦おすすめ
  • 定番人気

球場内に初めて入ったときの感動は忘れません!
これが、フェンウェイかあ…思ったより小さいなあ…芝生がきれいだなあ…あれがグリーンモンスターかあ…と球場全体が映画のセットか博物館のように感動の連続でした。

球場見学ツアーに参加してみよう。
フェンスの特徴あるあのグリーンは、”フェンウェイグリーン”とも呼ばれる特別なグリーン。

4月~9月なら試合を観戦してみよう。チケットがとりづらいことで有名なレッドソックス戦。成績が芳しくないとチケットが安く出回るし、勝ち続けているとチケットが高くなるし…と日本ではあまり考えられないチケット販売状況。対ヤンキースなどの人気のカードはプレミアがついてどんな時も高いですが、あまり人気のないチームとの対戦だと当日券が定価で買えたりします。野球に興味がない人でも、一度レッドソックスの応援に行くとまた行きたくなりますよお…

プロショップのヨーキーウエイストアの品揃えがすごい。背番号入りTシャツ、ジャージー、帽子、キーホルダー、ペンなど短時間では見切れません。ボストン土産にもとてもいいですよ。

エメラルドヘブン!?にようこそ メジャーリーグ最古の野球場

  • スポーツ観戦おすすめ
  • ガイドの超イチオシ!
  • 定番人気

1912年に誕生した大リーグ最古の球場、ボストンレッドソックスのホームグランドであるフェンウェイ球場はかつてベーブルースやテッドウイリアムスはじめ多くの名選手がプレーした伝統ある球場です。

テレビ観戦も悪くないですが、フェンウェイ球場の興奮は一度は味わってみたいもの。隅々まで手入れの行き届いた美しいターフ(芝)と土のにおい、そして世界中から集まってきた一流の選手たちが熱戦を繰り広げるのがアメリカメジャーリーグの魅力です。フェンウェイ球場はアメリカでもヤンキース、ドジャース、カブスと並んで人気球団であるボストンレッドソックスの本拠地です。

北国ボストンでは開幕してすぐの4月始め頃とシーズンの終わり頃でも、寒いときもありますので服装に十分に注意して下さい。ジャンパーやひざにかけるブランケットは必需品です。特に夜の試合では羽織るものをお忘れのないように。試合開始日は試合が夜でも朝の10時ぐらいから球場近辺は人が集まりだします。またアウェーの試合(たとえばNYに遠征中)でも試合中は近所のスポーツバーは大賑わいです。ボストンの地元ファンと一緒にバーでワイワイ観戦するのも楽しいものです。

食べ物:フェンウェイドックと呼ばれるホットドックは美味しいと評判です。イチロー選手もお気に入りでボストンに遠征にくると食べるとか…チーズをかけて食べるナチョスもおすすめ。ボストンの有名店リーガルシーフードも支店を出していてクラムチャウダーも楽しめます。ビールなどアルコールを飲まれる方は身分証明(年齢21才以上)が必要ですのでお忘れなく。

スタジアムツアー:年間を通じて球場内を見るツアーが催行されています。普段入れない特別席や記者席そしてグリーンモンスターを間近で見る事もできます。条件が整えば日本語のツアーも催行されます。

フェンウェイ球場の特徴
左右対象ではなく、ファールボールが落ちる場所もほとんどありません。レフトスタンドの代わりには、今やボストン名物となっているグリーンモンスター(緑の怪物)と呼ばれる高い緑色の壁があります。(高さ11.5メートル)このグリーンモンスターが出現したのは1947年のこと。その日の風向き・強さによって打者また内外野手選手を泣かせる怪物へと変身します。手動式のスコアボードがグリーンモンスター部分に取り付けてあります。この壁に打球があたるとシングルヒット(時には2塁打)、この壁を越せばホームランです。他都市の試合の途中経過や結果もこのグリーンモンスターに表示されます。またセンターグランドの奥がいびつにへこみ、そこに打球がはまると3塁打になりやすい。トライアングルエリアと呼ばれるこのへこみを一度みてください。本当にこんなのあり??というエリアです。多くのファンは夕方から夜の試合に風情がある球場だといいます。この世の死に場所を選べるなら、このエメラルドヘブン(緑の楽園)の記者席にしたいといったスポーツ記者もいます。

チケットの取り方:
レッドソックスホームページ(売り切れの場合はインターネット転売サイト)不安のある場合は現地旅行会社などへ問い合わせれば手に入ります。試合以外にも各種イベント開催や会社の会議の場としてスペースを利用することもできます。事前に手配すれば結婚式も可能です。メジャーリーグの超有名球場で結婚式や披露宴とは野球好きには夢のような話ですね。

フェンウェイ球場への行き方:
地下鉄グリーンラインのケンモア駅下車。フェンウェイ球場のサインがある側の階段を上がって、コモンウェルス通りをすこし進みブルックラインアヴェニューを左へまがります。高速道路(90号線)の橋を渡ると左手に照明が見えてきます。開門は試合開始2時間前。全米最大級のギフトショップも必見です、とにかく品数が多いのでゆっくり買い物したいときはさらに早く球場に着くとよい。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。