1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ボストン(アメリカ)観光地
  5. ボストン公共図書館の現地クチコミ
ボストン (アメリカ) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

Boston Public Library ボストン公共図書館

Michi (日系ランドオペレーター)

アメリカ最古の公共図書館。芸術性も高い建造物です。

  • 芸術鑑賞おすすめ
  • 定番人気

他の写真も見る(全5枚)

1895年に建造されたアメリカ最古の公共図書館。現在はマッキムビルディング(1895年)とジョンソンビルディング(1972年増築)の2つの建物で運営しています。

芸術性の高い古典的なマッキムビルディングの数々のアートは入館者をたちまち魅了します。

マッキムビルディングのメインエントランスはDartmouth Street(ダートマスストリート)に面していて、3つの重厚な門構えはヨーロッパの美術館を思わせる造り。ここから中に入ると目の前にゴージャスな大理石と柱や階段があり、2階へ上がると、圧倒される壁画の数々、、、、19世紀のフランスを代表する有名な壁画家シャヴァンヌの作品が所狭しと使われています。シャヴァンヌの特徴はフレスコ画の技法を取り入れていることで知られてますが、この大きな壁画はパリのアトリエで完成し、船ではるばる大西洋を渡りボストンに運ばれて来たのです。

2階のAbbey Room (アビーの部屋)は、Edwin Austin Abbeyという印象派の巨匠サージェントと共に活動をしていた画家なので、サージェントの技法や構図が見てとれます。ここは美術館では、、、と思わずには居られません。壁画にも驚きますが天井も忘れずに見てください。

3階のJohn Singleton Sergent (サージェント)のギャラリーへ。このチャーチという作品の前で足がすくみました。作品の中央の女性は美しく、力強い眼差しで鑑賞者たちを見ています。サージェントは第一次世界大戦中、前線の戦況を描くため、ベルギーに行きました。ドイツ軍が放ったマスタードガスの犠牲になった兵士達を描き、戦争の悲惨さを世に伝えましたが、このモデルの女性を通して平和の尊さを訴えています。

美術館ではないので、あくまでも芸術価値のある壁画や著名アーティストの作品をさっと見学する感じで30分位でしょうか。きれいなカフェテリアも併設してますから、疲れたらお茶でもどうぞ。

最寄駅:Green Line Copley, Orange Line Back Bay
住所:700 Boylston St. Boston
※入館無料

2017/12訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。