1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ボストン(アメリカ)観光地
  5. ボストン科学博物館の現地クチコミ
ボストン (アメリカ) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

Boston Museum of Science ボストン科学博物館

Michi (日系ランドオペレーター)

サイエンスファンなら必ず行くべし!体験型博物館です。

  • エンターテインメントおすすめ
  • 定番人気

他の写真も見る(全7枚)

平日は学校の遠足、週末は家族連れで賑わうこの博物館は、展示物は五感をテーマに様々な展示物で充実しています。

チケットを購入してロビーに進むと、広々とした空間で窓からチャールズ川とボストンの景色が一望できます。
同じ景色が1階のカフェテリアからも見えます。
館内見取り図を入手して、展示ルームとライブパフォーマンスの時間の確認をしましょう。

”Lightning”のライブプレゼンテーションは必見!!!
屋内で高電圧を発生させて雷を起こし、電気を通すものと通さないものを実験するプレゼンは迫力です。

”Live Animal”は、ミュージアムで飼育している生物達と自然についてのプレゼンテーションです。

人体と遺伝子や医学に関する展示ルームでは、博物館員が常駐し、質問に答えてくれたり一緒に実験をしたりします。
ひよこの孵化実験もしていて、ちょうど孵化の時にあたると、殻を割って出てくるところが見れるかもしれません。

昔ながらの公園の遊戯物もあります。
子供達が元気に遊ぶ姿を見るのは嬉しいものです。

この博物館はMITと提携しています。
MITの開発チームが発明した、有名なチーターのロボットの展示もありました。

その他、ロボットコンペティションなども開催され、地元の小学校、中学校の生徒達が腕を競い合います。
夏休みのサイエンスサマーキャンプも定評があります。

ここまで記した展示やライブプレゼンテーションは一般展示の入場料のみで見学できますが、追加料金でプラネタリウム、オムニシアター、4D シアター、バタフライガーデンなども入場できます。
入場料や追加料金については毎年料金改定になるので、訪問時に入口で確認してください。

一般展示だけならライブプレゼンテーションも含み3~4時間、プラネタリウム、オムニシアターも入るなら終日を要します。

2018年3月時点の料金は以下です。
一般展示入場料:$25
オムニシアター:$10、プラネタリウム:$10
バタフライガーデン:$6、4Dシアター:$6

アクセス
グリーンライン・SCIENCE PARK 下車徒歩5分

2018/03訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。