1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. セブ(フィリピン)のモデルコース

セブ (フィリピン) モデルプランの現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

1万円未満 定番スポット巡り&ローカル目線でショッピング! 1日コース

このモデルプランのポイント

サントニーニョ教会や、マゼランクロス、サンペドロ要塞などの市内観光を楽しんだ後は、何でも揃う地元の人御用達のカルボンマーケットでお土産探しを。セブ特有のカピスシェルで作られた、かわいいアクセサリーやインテリア、ネイティブバッグや飾りなどはスーパーマーケットで買うよりもお得で、お土産に最適!

地図アイコン例
  • レストラン
  • ホテル
  • 観光地
  • ショッピング
1 09:00~09:40サンペドロ要塞
  • エリア
    セブシティ
  • 住所
    Antonio Pigafetta Street, Cebu City, 6000, Philippines
  • ジャンル
    史跡・遺跡
  • 営業時間
    8:00-19:00
  • 定休日
    無休
  • 電話番号
    +63-32-2562284
  • 平均予算
    70円

賑やかなセブの町とは違った雰囲気で静かな建物。綺麗に整えられている庭を散策しながら、セブの歴史を楽しめます。セブではよく見かけるブーゲンビリアやその他のお花も多く咲いているはず(季節によります)。また、要塞の周りの公園は夕方になると近くの学生たちで賑わいます。夕方からは少しだけライトアップされるので、昼間とはまた違った雰囲気が楽しめてお勧めです。

車車で移動約10分
場所を知っていれば徒歩(10分くらい)でも大丈夫ですが、タクシーを利用したほうが間違いがなくおすすめ。
2 09:50~10:30サント・ニーニョ教会
  • エリア
    セブシティ
  • 住所
    Osmena Boulevard, 6000 Cebu City, Philippines
  • ジャンル
    寺社・教会
  • 営業時間
    5:00-21:00 ※ミサのスケジュールによる
  • 定休日
    無休
  • 公式サイト
  • 電話番号
    +63-32-2556697

フィリピンはカトリック宗教に熱心な人が多く、1日中この教会は人が多く居る様に見えます。大きな聖堂の中はとても神聖な場所。特に夕方には神父様のお話が始まるので、教会からあふれ出すほどの人が集まります。教会をでたすぐ外にマゼランクロス。サンペドロ要塞からずっと屋外が続くので、日焼け対策、飲み物持参は必須です!

徒歩徒歩で移動約1分
料金目安
約0円
3 10:31~10:50マゼラン・クロス
  • エリア
    セブシティ
  • 住所
    P.Burgos Street, Cebu City, Cebu, Philippines
  • ジャンル
    寺社・教会
  • 営業時間
    8:00-18:00
  • 定休日
    無休
  • 平均予算
    0円

2013年にボホール島で起こった地震の影響がセブにもあり、ここマゼランクロスにもつい最近まで、その面影が残り見学できなかったほど。場所はサントニーニョ教会を出てすぐ目の前にあるので、一瞬見逃してしまいがち。ツアーガイドさんなどがいない場合には、現地で周りの人に場所を聞く事がお勧め。(本当に見逃しがちです!)すこし歴史に関しての予備知識などがあったほうが楽しめるかも!

徒歩徒歩で移動約10分
カルボンマーケットと言っても広いので、徒歩で向かって、気に入ったところで足を止めるのがお勧め。
4 11:00~12:00カルボン・マーケット
  • エリア
    セブシティ
  • 住所
    Quezo Boulevard, Cebu City, Cebu, Philippines
  • ジャンル
    市場
  • 営業時間
    24時間営業
  • 平均予算
    1,000円

フィリピン特産のカピスシェルのかわいい小物が激安です!キャンドルホルダー、ウインドーチャーム、小物入れに、アクセサリー、ネイティブバッグなど、日本で買ったら絶対に¥3,000以上するものが¥500以下で手に入ります!多少高めの日本人価格を言われたとしても、これがこの値段なら安い!とつい思ってしまうほどです。また、路面で売られてるフルーツ(スイカやパイナップル)もお勧め!1つP10~くらい。

車車で移動約10分
料金目安
約230円
メーター料金の目安はP100~P200なので、タクシードライバーには、必ずメーターで行ってもらいましょう。
5 12:10~13:30ジョリビー(SMショッピングモール内)
  • エリア
    セブシティ
  • 住所
    114 Third Level, SM City, North Reclamation Area, Cebu City, Philippines
  • ジャンル
    ファーストフード
  • 営業時間
    10:00-21:00
  • 公式サイト
  • 電話番号
    +63-32-2321627
  • 平均予算
    230円

クーラーの効いたモール内でランチ休憩。ローカルの大定番ファストフード、ジョリビー!マクドナルドよりも人気です。日本ではファストフードと言えば、バーガーが基本ですが、こちらではライスがメイン。トマトケチャップは滅多になく、バナナケチャップで甘めの味付けが基本。個人的にお勧めのメニューは、ホットドックとアイスクリーム^^

車車で移動約30分
料金目安
約230円
シティからマクタン島へ戻るので、必ずタクシーを利用しましょう
  • エリア
    マンダウエ
  • 住所
    Aguikay Flyover A. C. Cortes Ave Mandaue City Cebu
  • ジャンル
    ショップ
  • 平均予算
    70円

Ukay Ukay(ウカイウカイ)と呼ばれる古着屋。メルカド地区はウカイウカイがたくさん並び、どのお店もP60(h)~が相場で、セール品だとP30(8)~など。フィリピンの古着って。。。と抵抗があるかもしれませんが、海外の人たちが着なくなった洋服がほとんどなので、たまにブランドタグがついた掘り出し物も!探し始めるまでに、ちょっと勇気がいるかもしれませんが、是非トライしてみて!

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。また、各スポットの予算も、訪問時点の為替レートに基づきおおよその日本円に換算しています。
    訪問先の都合や現地事情、為替レートの変動により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。