1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. クスコ(ペルー)グルメ
  5. キンタ・エウラリアの現地クチコミ
クスコ (ペルー) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(3人)詳細

Quinta Eulalia キンタ・エウラリア

藤本 Jorge 亮治 (旅行会社役員)

クスコの老舗伝統料理レストラン

  • ローカルフードがおいしい
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

クスコのアルマス広場のちょうど裏側、サンブラス地区にある(広場から徒歩5分ぐらい)クスコの老舗レストランです。
このレストラン、なんと1941年開業だそうで、まさに老舗中の老舗、実際クスコで一番古いキンタ(田舎の家の意味)だそうです。

ちなみに「エウラリア」とは比較的ポピュラーな女性の名前です。

看板もあまり目立たず、外側からは一見レストランかわからないような場所です。
中に入ると、意外と広く、老舗らしい古めかしい雰囲気です。
コロニアル風パティオ(中庭)のレストランで、天気が良い日なら、明るい雰囲気の中庭の席をお勧めします。
(室内の席もあります)

ウェイターも、ちゃんとした服装で、礼儀正しいのが好感を持てます。
ジャンルは、いわゆるペルー料理ですが、特にアンデス料理が売りの(ロースト・モルモットもあります)観光レストランといった感じです。
ですが、アルマス広場付近だと平均30ソルくらいの価格帯なのに対し、もう少し割安感がある価格設定です。
観光客だけでなく、地元の人の来店も多いのが特徴です。

お勧めは、チャイロ(Chairo)というアンデスのスープ(10ソル)です。
このスープには、チューニョ(chuño/ アンデス山脈に住んでいた先住民の保存食の1つである乾燥じゃがいも)、ラム肉、干し肉、そして野菜がゴロゴロ入っています。
ちょっとくせがありますが、地元っぽいものをトライしたい方にお勧めです。

無難なチョイスとしては、鱒のオーブン焼き(Trucha al Horno)でしょう。(20ソル)
山奥のクスコに数日いると、日本人ならやはり魚が恋しくなります。
そんな時には、地元で獲れる魚である鱒(マス)料理をお勧めします。
香草を詰めてオーブンで焼いた鱒に、ジャガイモとサラダが付きます。

もう一つ、地元っぽいものは、チチャロン(Chicharron)です。(22ソル)
チチャロンとは、いわゆる豚肉の素揚げで、クスコでもよく食されるペルー料理の一つです。
大きな茹でトウモロコシと一緒に出てくるので、かなりお腹いっぱいになります。
加えて、トクト(tocto)という、豚の皮をガリガリに上げたせんべいのようなものも付いています。
チチャロンには、胃もたれ予防の為か、常に玉ねぎ&スペアミントのサラダが付きます。

どのメニューも、とにかく量が多いので、何人かで来店する場合には、上手に分け合って食べると良いかもしれません。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。