1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ヘルシンキ(フィンランド)のモデルコース
  5. 北欧デザイン&芸術をこころゆくまで堪能する!

ヘルシンキ(フィンランド)

現地のプロ(5人)詳細を見る

ヘルシンキのプロがおすすめする、現地モデルプラン

投稿日:2015/08/31

1~3万円 北欧デザイン&芸術をこころゆくまで堪能する! 1日コース

あや (グラフィックデザイナー)

このモデルプランのポイント
北欧のデザイン、建築、映画を含め、芸術に心惹かれていらした方、必見です。 フィンランド歴6年、こちらの芸大でデザインを学び、分野の職歴2年のわたしが、きっとどんなガイドブックに載っていないヘルシンキ最新&おまけ話とあわせてご紹介します。
地図アイコン例
  • レストラン
  • ホテル
  • 観光地
  • ショッピング
スケジュール
  • 合計予算23,000円/人
  • 所要時間 14時間35移動:2時間25分を含む
  1. 1 08:00~09:00 スオメンリンナ島
  2. ボート 移動:20分 詳細を見る

    船が着く港から、そのまままっすぐ西へ向かってのびているのが次のスポット、エスプラナーディ通りです。(船の運賃は24時間乗り降り自由のデイチケットを購入した場合の金額です。)

  3. 2 09:20~10:00 エスプラナーディ通り
  4. 電車 移動:30分 詳細を見る

    ここでHelsingin Yliopisto駅から、地下鉄メトロに乗って移動します。

    オレンジ色が新鮮なメトロの車体は、50年代後半からマルチに活躍した国民的デザイナー、アンッティ・ヌルメスニエミがデザインしたもの。彼はこれから向かうマリメッコのキーパーソン、ヴオッコ・ヌルメスニエミの旦那さんです。

    VuosaariもしくはMellunmaki行のメトロで5駅、Herttoniemi駅で下車。

    駅を出て、歩道橋を渡りしばらく真っすぐLinnanrakentajantieを東へ200mほど、郵便局の次の角を左へ。しばらく進み、車会社VOLVOの手前を右手へまがると、左手にマリメッコファクトリーが見える。

    (24時間乗り降り自由のデイチケットを購入した場合の金額です。)

  5. 3 10:30~14:00 マリメッコ ファクトリー ショップ
  6. 電車 移動:30分 詳細を見る

    帰りは同じ道のりを。今度はメトロでRuoholahti行きに乗り、Rautatientoriで下車。中央駅の西口から外へ出て、徒歩5分。目の前の郵便局の脇の坂を上ると右手にキアズマ現代美術館が見えます。
    (24時間乗り降り自由のデイチケットを購入した場合の金額です。)

  7. 4 14:30~15:30 国立現代美術館キアズマ
  8. 電車 移動:30分 詳細を見る

    目の前のトラム乗り場から10番で2駅、Kolmikulma下車。進行方向を向いて左手にデザインフォーラム ショールームがあります。
    (24時間乗り降り自由のデイチケットを購入した場合の金額です。)

  9. 5 16:00~18:30 デザイン フォーラム フィンランド
  10. 電車 移動:20分 詳細を見る

    トラムの10番でセンターの方へ戻ります。ストックマンデパートの前で下車。Kalevankatuの坂をのぼって50m、左手にPutte's Pizzaがみえてきます。

    (24時間乗り降り自由のデイチケットを購入した場合の金額です。)

  11. 6 19:00~21:00 Putte's Bar&Pizza
  12. 徒歩 移動:15分 ルート表示
  13. 7 21:30~23:00 コロナバー&カフェ モスクワ
1 08:00~09:00スオメンリンナ島

このスポットの観光情報を見る

エリア
ヘルシンキ
住所
Suomenlinna, Helsinki, Finland
ジャンル
営業時間
詳細は公式サイトを参照
定休日
詳細は公式サイトを参照
公式サイト
http://www.suomenlinna.fi/ja/
電話番号
+358-29-5338410
平均予算
2,500円

1991年にユネスコ世界遺産に登録されたフィンランドの世界遺産で、約300年の歴史があります。教育文化省が管轄するスオメンリンナでは、昔の様子がそのまま保存されていて、観光地であると共に800人ほどの市民の住居でもあるにもかかわらず、車道すらほぼ無い、1700年代にタイムスリップしたかのような感覚に陥る、どこか不思議な空間がひろがっています。

要塞には6つの博物館があり、チケットはそれぞれの博物館でお求めいただくか、夏期シーズンは全博物館の共通券(2500円)があります。スオメンリンナ博物館は通年、その他の博物館は夏のオンシーズンに営業していて、一部のミュージアムは、冬期でもイベントの開催に合わせて開館となることがあります。

ボートで移動 約20分

料金目安:約0円

船が着く港から、そのまままっすぐ西へ向かってのびているのが次のスポット、エスプラナーディ通りです。(船の運賃は24時間乗り降り自由のデイチケットを購入した場合の金額です。)

2 09:20~10:00エスプラナーディ通り
エリア
ヘルシンキ
ジャンル
  • その他散策・街歩き
営業時間
24時間営業
定休日
無休
平均予算
0円

ヘルシンキ中心部に位置するエスプラナーディ通りは、北と南の平行した2本の通りを指します。北側通りにはストックマンデパート、アルヴァアアルト建築のアカデミア書店、更にフィンランドを代表するデザインショップ、マリメッコ、イッタラなどが連なり、南側にはアルテック(現在のVitra)フィンレイソンなどがあります。フィンランド人にも観光客にも人気の王道ショッピングスポットです。
2つの通りに挟まれるようにして、港までのびているのがエスプラナーディ公園です。夏場は特に、市民の憩いの場としてパフォーマーを含め多くの人でにぎわっているので、ショッピングの合間にベンチで一休みするのも◎。公園のちょうど真ん中にはフィンランドを代表する詩人、ユーハン・ルードヴィーグ・ルーネベリの像があり、1885年に建てられたこの像の足場の部分にはフィンランドの国歌が刻まれています。

電車で移動 約30分

料金目安:約0円

ここでHelsingin Yliopisto駅から、地下鉄メトロに乗って移動します。

オレンジ色が新鮮なメトロの車体は、50年代後半からマルチに活躍した国民的デザイナー、アンッティ・ヌルメスニエミがデザインしたもの。彼はこれから向かうマリメッコのキーパーソン、ヴオッコ・ヌルメスニエミの旦那さんです。

VuosaariもしくはMellunmaki行のメトロで5駅、Herttoniemi駅で下車。

駅を出て、歩道橋を渡りしばらく真っすぐLinnanrakentajantieを東へ200mほど、郵便局の次の角を左へ。しばらく進み、車会社VOLVOの手前を右手へまがると、左手にマリメッコファクトリーが見える。

(24時間乗り降り自由のデイチケットを購入した場合の金額です。)

3 10:30~14:00マリメッコ ファクトリー ショップ
エリア
ヘルシンキ
住所
Kirvesmiehenkatu 7, 00880 Helsinki, Finland
ジャンル
  • ショップ
営業時間
[月-金]10:00-18:00、[土]10:00-16:00
定休日
日曜日
公式サイト
http://www.marimekko.jp/
電話番号
+358-9-7587646
平均予算
10,000円

ここはマリメッコの本社で、ファクトリーと、正規品を取り扱うショップ、さらに奥にアウトレットがひとつになっています。エントランスからすでにマリメッコの世界が溢れ出していて、想像力かきたれられるエネルギッシュな場所。ファクトリーでは、年に100万メートルもの生地がプリントされ、世界に送り出されています。ショップでは日本未上陸の商品にも出会えたり、マリメッコ好きにはたまりません。

ランチはここのmaritoriがおすすめ。オーガニックでヘルシーな日替わりメニュー、食器、ナプキンすべてマリメッコで統一されています、食後のデザート、コーヒー込みで10€/約1400円。社員も毎日使う、食堂タイプのレストランです。よくみわたすと、運が良ければあのデザイナーさんもいるかも!お客さんも社員もデザイナーも、肩をならべてのランチタイム。フィンランドらしさがこんなところにも。

電車で移動 約30分

料金目安:約0円

帰りは同じ道のりを。今度はメトロでRuoholahti行きに乗り、Rautatientoriで下車。中央駅の西口から外へ出て、徒歩5分。目の前の郵便局の脇の坂を上ると右手にキアズマ現代美術館が見えます。
(24時間乗り降り自由のデイチケットを購入した場合の金額です。)

4 14:30~15:30国立現代美術館キアズマ

このスポットの観光情報を見る

エリア
ヘルシンキ
住所
Mannerheiminaukio 2, Helsinki 00100, Finland
ジャンル
  • 美術館・ギャラリー
営業時間
[火・日]10:00-17:00、[水-金]10:00-20:30、[土]10:00-18:00(特別開場時間 - 詳細は公式サイトを参照)
定休日
月曜日、1月1日、3月30日、4月2日・30日、5月1日、6月22日・23日、12月6日、クリスマス
公式サイト
http://kiasma.fi/ja/
電話番号
+358-29-4500501
平均予算
2,000円

しばらく改造工事で閉まっていたキアズマ国立現代美術館は、2015年3月にミュージアムショップもリニューアルして心機一転オープンしたばかり。

この外観も内観もとてもモダンな美術館は1992年に行われた国際建築コンペティションで勝ち抜いたデザインを建設したもの。当時現地民はフィンランドおよび北欧建築家の勝利を期待していたという話があります。ところが、それを押さえて、アメリカ人建築家のスティーヴン・ホールのChiasmaが選ばれます。その後1998年に開館し、これは後に彼の代表作と言われるまでに。今日ではヘルシンキの主要美術館としてすっかりなじみの顔ぶれになっています。
Chiasmaは、視神経などの"交差部分"を意味します。

電車で移動 約30分

料金目安:約0円

目の前のトラム乗り場から10番で2駅、Kolmikulma下車。進行方向を向いて左手にデザインフォーラム ショールームがあります。
(24時間乗り降り自由のデイチケットを購入した場合の金額です。)

5 16:00~18:30デザイン フォーラム フィンランド
エリア
ヘルシンキ
住所
Unioninkatu 24, 00130 Helsinki, Finland
ジャンル
  • 美術館・ギャラリー
営業時間
[月-金]12:00-17:00
定休日
土・日曜日
公式サイト
http://www.designforum.fi/en
電話番号
+358-9-6220810
平均予算
3,000円

ヘルシンキでのイベントの企画、広報、さらにヘルシンキデザイン地区への加盟店認定などを行なう団体、デザインフォーラムが主催するギャラリーです。小規模ながら、今や世界的に注目されるフィンランドデザインを、期間ごとに展示しています。

最近では、デザイン&広告ベスト・オブ・ザ・イヤーのアワード受賞作品や、イッタラでも活躍したタピオ・ヴィルッカラ100周年のガラス作品を展示をしたりと、ここに作品と名前を連ねるのは多くのフィンランドのデザイナーたちのステータスになっています。

ここ一帯はヘルシンキデザイン地区と呼ばれ、フィンランドの最前線のデザインプロダクトを扱うちいさなショップがたくさん集まっています。加盟店がわかりやすく記されている地図が手に入るので、徒歩圏内地区一帯をまわってみるのもおすすめです。

電車で移動 約20分

料金目安:約0円

トラムの10番でセンターの方へ戻ります。ストックマンデパートの前で下車。Kalevankatuの坂をのぼって50m、左手にPutte's Pizzaがみえてきます。

(24時間乗り降り自由のデイチケットを購入した場合の金額です。)

6 19:00~21:00Putte's Bar&Pizza
エリア
ヘルシンキ
住所
Kalevankatu 6, 00100 Helsinki, Finland
ジャンル
  • ピザ
営業時間
[月・火]11:00-24:00、[水・木]11:00-26:00、[金・土]11:00-27:00、[日・祝]12:00-24:00、[月-金]ランチ11:00-14:00
公式サイト
http://www.puttes.fi/
電話番号
+358-10-2818243
平均予算
2,500円

今ヘルシンキで最もおいしくてホットでおしゃれなピザ屋をあげるならここか、Skiffer。ヘルシンキっ子ならこの2つに意見が分かれるところですが、北欧デザイン通な方はぜひPutte'sに!

注目の若手デザイナー、ラウラ ヴァイノラがレストランのグラフィックデザインを、さらに日本ではポストカードなどで彼のイラストを見た方も多いはず、クラウス ハーパニエミが猫がモチーフのロゴイラストを手がけました。

ランチも大にぎわい、夜はすこしトーンダウンして大人めに、現役デザイナーが数多く通う、ヘルシンキの今がつまった話題のお店。

徒歩で移動 約15分

料金目安:約0円

来た方角とは反対方向にKalevankatuを100m、最初の角を右へ、その次を左へまがるとEerikinkatuに出ます。さらに100mで次のスポットが右手に見えてくる。

7 21:30~23:00コロナバー&カフェ モスクワ
エリア
ヘルシンキ
住所
Eerikinkatu 11, 00100 Helsinki, Finland
ジャンル
  • カフェ
営業時間
[月-木]18:00-26:00、[金-土]18:00-27:00
定休日
日曜日
公式サイト
http://andorra.fi/kafe-moskova/
電話番号
+358-20-1751620
平均予算
3,000円

フィンランド映画好き必見、映画界の巨匠アキ・カウリスマキ監督とミカ監督が兄弟で経営するカフェモスクワと、90年代まで繋がっていた、隣のコロナバー。

彼の映画を知らなかった方は、『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』または2000年代に入ってからの作品では、第55回カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した『過去のない男』から観ておくのがおすすめです。(『過去のない男』、『浮き雲』の映画の中でモスクワバーがでてきます。)

壁にはカウリスマキ映画に多く出演したフィンランド人俳優、故 マッティ・ペロンパーの写真がかざってあります。

お隣のコロナバーにも同じく彼の根強いファンが集まる他、現代の芸術家、音楽家、アート学生、はたまた広告業界人も多く足を運ぶからおもしろい。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。また、各スポットの予算も、訪問時点の為替レートに基づきおおよその日本円に換算しています。
    訪問先の都合や現地事情、為替レートの変動により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
このプランで紹介しているスポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する