1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ヘルシンキ(フィンランド)ショッピング・お土産・買い物
  5. アラビア工場の現地クチコミ
ヘルシンキ (フィンランド) ショッピングの現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Arabia Factory Shop アラビア工場

栗原 薫 (現地旅行会社統括部長、ジャーナリスト)

フィスカルスグループの台所用品すべてがそろう

  • ショッピングおすすめ
  • 定番人気

 140年以上にわたりフィンランド人の家庭で使い続けられ、いまや世界中で愛されているアラビアの陶器。シンプルながら鮮やかな色使い、使い勝手を考え抜いたシステムもの、あるいはいくつも集めたくなるムーミンシリーズなどを豊富に取り揃え、かつ安価に入手できるのがアラビア工場内のアウトレットショップだ。
 アウトレットショップの魅力は商品の豊富さとともに、掘り出し物がみつかること。最新作に加えてバーゲン品、二級品を割安に求めることができる。“二級品”といっても品質自体が劣るわけではなく、ちょっとした印刷のズレや塗料のにじみがある程度で、鑑定家でなければ気づくことはないレベル。日常の使用上には全く問題ない。そんなお買い得品が取り揃えられているので、大量に買い求めるお客さんも珍しくない。
 となると持ち帰りに不安も出てくるが、日本(のみならず世界中)への発送(別料金)にも応じているので、買いすぎた場合には利用するのもよい。
 
 陶器のアラビアと並んで人気の高いイーッタラのクリスタル製品も同ショップで手に入る。さらには抜群の切れ味を誇る刃物類を扱うフィスカルス、キッチン用品で有名なハックマンも同じ建物内に店舗を構える。なぜならアラビアもイーッタラもハックマンも、今ではすべてフィスカルス・グループの傘下にあるため。つまり、アラビア工場に行けばすべての食器類がそろうしくみ。
 なお、数点の買い物を予定しているなら、事前に9階の博物館を訪れよう。入場料は4ユーロだが、アウトレットショップでの10%割引券をもらえるので元はとれるだろう。博物館ではもちろん、アラビアのクラシック製品を堪能することもできる。

行き方:中央駅からなら71番のバス(プラットフォーム7)が最も簡単。工場の真ん前に停車する。あるいはトラム6番か8番で約20分。工場の煙突が見えたら下車の準備を。

上原 朋子 (旅行コーディネーター、シェフ)

ショッピングにも最適!フィンランドのお土産選びはここから!

  • 散歩おすすめ
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

フィンランドを代表するあまりにも有名な陶磁器ブランド・Arabia アラビアの工場。

お隣は数年前までTaikiタイキとの愛称で親しまれた芸術大学もあり、同建物にはクラフトショップ、郵便局、美術系に力を入れた図書館も併設されて、観光名所でありながら、フィンランドの生活感の漂う空間なので、フィンランド生活にあこがれている方は是非、訪れて欲しい場所のひとつです。

アラビアファクトリーの地下は工場になっており、釜で陶器を焼くときに利用される大きな煙突が建物の目印となっています。

実際に今も作業場として使われているこの工場では、平日のみツアーを行っています。

ツアーは約1時間、40ユーロ。事前に予約が必要ですので、ご予約をお忘れなく!個人でのご予約も可能。

そらに9階にはアラビア博物館もあり、こちらは月曜と火曜がお休みです。ご注意を!

この博物館は入場料9ユーロで、アラビアの歴代ヴィンテージ食器など多数の年代物の貴重な食器類が展示されています。
アラビアの陶器を愛してやまないコレクターさんは、是非覗いてみてください。

一階にはおなじみアラビア社のムーミンマグや、傘下のガラスメーカー・Iittala イイッタラ、キッチン用品のFiskars フィスカルス、最近ではロイヤルコペンハーゲンの商品も扱うアウトレットショップもあり、時期によってはかなり安くゲット出来るちゃうものもあります!こちらも忘れずにチェックです!

買い物しすぎちゃった方の為に、こちらでは日本への発送も行っているそうなので、こちらを利用すれば、帰りの荷物の心配もいりませんね。


【行き方】
トラム6・8 Arabiankatu 下車。徒歩3分。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。