1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. プーケット(タイ)観光地
  5. ワット シャロンの現地クチコミ
プーケット (タイ) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

kana (旅行ライター)

願いが叶う!? 国内でも有名なパワー寺院

  • 観光おすすめ
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

プーケット島の南東、シャロンエリアに位置するプーケットで最も大きく有名な寺院であるシャロン寺院。正確な年代は不明なものの、華僑系タイ人の先祖である錫(スズ)採掘の労働者として働いていた1837年に建立されたと一部では言い伝えられています。

1879年、錫の生産量が減小したことが引き金となり、中国からやってきた労働者達が暴動を起こしました。それを鎮圧したと伝えられているのが、当時シャロン寺院の僧侶であった漢方薬の知識に優れ、庶民の病を治し人々から尊敬されていたルアン・ポー・チャム(Luang Po Cham)とルアン・ポー・チュアン(Luang Po Chuang)です。

その後、2人が不思議な魔力を持つ僧侶ということで崇められ、現在、寺院の中央にあるお堂には、弟子のルアン・ポー・グルアム(Luang Po Gluam)とともに3体のブロンズ像が祀られています。

古くからタイ国内では、学業、商売、健康に関する願いを叶えてくれる寺院と知られており、毎日、外国人観光客のみならず、年間を通してタイ国内からも多くの参拝客が集まる有名な寺院です。

寺院内の敷地は広く、最上階には釈迦の骨が安置されているとされている仏舎利塔、仏様と島内の伝説の人物が祀れているお堂、王室にまつわる記念品が展示されている高床スタイルの建物と見どころも多いプーケットで一番知名度の高い寺院です。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。