1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. オアフ島・ホノルル(ハワイ)グルメ
  5. ビーチハウス・アット・ザ・モアナの現地クチコミ
オアフ島・ホノルル (ハワイ) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(9人)詳細

Beachhouse at the Moana ビーチハウス・アット・ザ・モアナ

POOHKO HAWAII (旅行ライター)

モアナサーフライダーの「ビーチハウス」でサンセットディナーがおすすめ!

  • 海の眺めが美しい
  • 定番人気

他の写真も見る(全12枚)

すでに行ったことがある方も多いと思いますが、ワイキキ中心のホテル「ウェスティン・モアナ・サーフライダー」にあるステーキのお店「ビーチハウス」で、サンセットディナーがおすすめです。レストランはワイキキビーチの目の前。シチュエーションが最高のお店です。

ビーチハウスで出されるビーフは、最高級のお肉、USDAプライムビーフです。ステーキがメインのお店ですが、シーフードも美味しいんです。みなさんはビーチハウスでいつも何をオーダーしていますか?ロコモコですか?一番、無難なチョイスであることは確か。今回メインにシーフードとラム肉を頼んでみました。

ドリンクは、ブルーハワイ、ラベンダーチチをオーダー。両方共アルコールがきつくなく飲みやすい。ラベンダーチチは、ラベンダーとココナッツの味がほのかで美味しいですよ〜。

アペタイザーをご紹介します。「ビーチハウス・ポケボウル」($17)はローカルアヒ、カムエラきゅうり、レッドオニオン、オゴ、ライス、膨化米で作られています。ソースにコクがあり、ビールによく合います。

プリプリのホタテ(scallop) は食感が良く、下のコーンクリームをつけて召し上がってください。アスパラガスの天ぷらは、下に引いてあるパルメザンチーズとソースとの組み合わせがGOOD! 天ぷらは見た目ほどヘビーではありません。またクラブケーキは、中に蟹足がみっしりと詰まった贅沢品です。

メイン料理の1つ目はお魚料理「キャッチ・オブ・ザ・モーメント」($41) 。この日は「エフ」でした。エフはスナッパー、つまり鯛の一種です。盛り付けはルアウ料理に見られるバナナリーフを敷いており、魚のすぐ下には白菜もあります。味付けは濃くなく、さっぱり仕立て。またお魚はしっとりと仕上がっています。こちらは日本の方にぜひおすすめしたい一品。

さらに2品。みなさんが良くオーダーする「ロコモコ」と、もう1つは夏のスペシャルメニュー「BBQデンバー・ラム・リブ」($39)。ロコモコのライスは骨髄液を混ぜたものですが、それほどこってりしていないので食べやすいです。ロコモコはじっくり焼き上げてクリスピーに。パテは肉厚で食べ応え十分。グレービーは日本っぽいデミグラではなく、アメリカ人の好きな酸味のあるソース。酸っぱさが肉のヘビーさを軽減してくれます。これもやはりおすすめの一品。

さらに今回は羊肉もオーダー。日本人はラム肉はあまり食べる習慣がないので、苦手な人も多いはず。ビーチハウスでは通常のラック・オブ・ラムと、夏のスペシャルメニュー「BBQデンバー・ラムリブ」を用意。バーベキュー・コニャックソースがあるため、臭みはそれほど感じません。もともと羊肉は世界でもっとも食べられているお肉。また他の肉と比べてヘルシーです。今回のBBQデンバー・ラムリブには、骨髄液も一緒についてきます。多少クセがありますが、免疫向上、消化促進、傷の修復、がん抑制、そしてコラーゲンがあるため美肌にもいいと言われています。普通のラム肉がいい方は、「ラック・オブ・ラム」をどうぞ。

最後にデザートの「ベリー・コブラー」($10)。ブラックベリー、ブルーベリー、ストロベリー、バニラビーン・ジェラートのスイーツ。ベリーをカベルネ・ソーヴィニヨンに浸してコブラーにしたもので、それほど甘くなく、ベリー系好きにはおすすめ。夏のスペシャルメニューです。

お店は店内席とテラス席がありますが、サンセットを見ながらのディナーはまた格別。予約するときにテラス席をリクエストしてみてください。確約にはなりませんが、ビーチが見れる席だったらラッキーですよね。

(料金はすべて2016年7月現在)

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。