1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. リスボン(ポルトガル)ショッピング・お土産・買い物
  5. コルク アンド コーの現地クチコミ
リスボン (ポルトガル) ショッピングの現地クチコミ

現地のプロ(4人)詳細

Cork & Co コルク アンド コー

フィリグラーナ (インポーター)

バラエティー豊かなコルク製品を探すならここ!

  • ファッション・生活雑貨おすすめ
  • ガイドの超イチオシ!

他の写真も見る(全5枚)

ポルトガルはコルクの生産量が世界一として知られています。
これまでは産業用やワイン栓として使用されていたことが多かったのですが、ここ数年でコルクを使用したさまざまな商品が増えてきました。

コルク商品の専門店である「コルク アンド コー」では、幅広い商品を取り扱っていて、中でもコルクバッグは種類が豊富です。
ハンドバッグやトートバッグ、ショルダーバッグまでデイリーで使えるアイテムが多く揃っています。

大きめのハンドバッグは120ユーロ以上、ショルダーバッグやクラッチなどは50ユーロ前後からあります。
ポーチなどの小物入れは25ユーロ前後です。

ユニークな商品として、靴やエプロン、傘があります。日本では見ることのないコルクの傘は、話題になること間違いなしのアイテム。カラーバリエーションは4色(ナチュラル・オレンジ・ブルー・ブラウン)で、1本89ユーロです。

お土産にはノート(18ユーロ前後)やペン(15ユーロ)も面白みがあり、おしゃれで喜ばれそうです。

ちなみに、コルクは軽くて丈夫で撥水性もあり、熱にも強いという特徴があります。ワイン栓や鍋敷きに使われていることからも、納得できますよね。

また、コルクは木を伐採せずに樹皮から採れるため、エコ素材としても注目を集めています。コルク樫の木から採るコルクですが、上質なものを採るためには樹齢50年以上の木が必要になります。

さらに同じ木からコルクの皮を採っていいのは9年に一度と決められているため、価格帯も安くはないのですが、それだけ大切に使いたい素材でもあります。

コルク大国のポルトガルで、お気に入りのコルクグッズを手に入れてみましょう。
お店は、メトロのブルー線またはグリーン線のバイシャ-シアード(Baixa-Chiado)駅から徒歩約8分です。

2019/02訪問
りゅみに (会社員)

コルク製品を集めた、今最もポルトガルらしいお店

  • ファッション・生活雑貨おすすめ
  • 人気急上昇

このお店では、身に着けるもの全て揃えることができます。

洋服、靴、バッグ、帽子、アクセサリー、ベルト、ネクタイ、スマホケース、小物入れ、財布、傘、etc。

ただし、普通と違うのは、これら全ての商品がコルクでできていること。

また、ランプシェードやソファなどのインテリア用品や、マグカップや鍋敷といったキッチン用品、文房具等の用意もあります。

これら全ての製品はデザイン性にも優れ、一つ持っているだけで注目の的になれること間違いありません。

コルク栓から分かるように、コルクには水をはじく性質があり、軽くて汚れにくいのも特徴です。

コルクは、コルクガシの幹を剥がして加工したものですが、ポルトガルはコルクの生産世界一で、全生産の5割以上を占めています。

以前からコルク栓やコルクボード以外に、防音性の高さから壁材として使用されたり、保温性と柔らかさからマットとして使用されたりもしていましたが、最近では「身に着けるコルク」が、ポルトガルのお土産のトレンドとなっています。

あったかいキャメル色が優しく、触れるとホッとする暖かさがあります。
また、商品によってはブラウンやイエロー、ブルーなどの色違いもあり、革製品のように自由自在な形に加工されています。

リスボンのお土産屋さんの多くでコルク製品も扱うようになってきましたが、当店はコルクの専門店であり、品ぞろえとデザイン性の高さでピカイチです。

当店にお越しいただければ、あったかくて環境にも優しい、コルクの魅力にはまること請け合いです!

営業時間は、月ー木:11時~22時、金・土:11時~24時、日:15時~21時。
(サマータイムによって営業時間が前後する可能性があります)

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。