1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. リスボン(ポルトガル)観光地
  5. 国立馬車博物館の現地口コミ・地図

リスボン(ポルトガル)

現地のプロ(4人)詳細を見る

Museu Nacional dos Coches 国立馬車博物館

  • 博物館 美術館・ギャラリー
  • リスボン
  • 定休日月曜日、1月1日、イースターの日曜日、5月1日、6月13日、12月24・25日

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Praca Afonso de Albuquerque, Belem 1300-044, Portugal
アクセス
バス:28番、714番、 727番 、729番、 751番のバス停ベレン(Belem)にて下車
トラム:15番で停留所ベレン(Belem)にて下車
営業時間
[火-日]10:00‐18:00
公式サイト
http://museudoscoches.gov.pt/pt/
電話番号
+351-21-3610850
投稿日2018/09/05

まるでおとぎ話の世界!馬車収蔵数が世界最大級の博物館

  • ガイドの超イチオシ!
  • 穴場

(インポーター)

1905年にアメリア王妃により開設された馬車博物館。
16世紀から19世紀に実際に使用されていた馬車が展示されています。約80台の馬車がずらりと並びその迫力に圧倒される博物館です。

その多くがかつてポルトガル王室が所有していた馬車です。それぞれの馬車の前には説明が書かれているので、誰が使用していたかイメージしながら見て周りことができます。特に18世紀に作られた馬車は、煌びやかで豪華な装飾が施されています。1706年から1750年の間、ポルトガル王として国を統治していたジョアン5世はブラジルを植民地として拡大することに成功し、そこから産出される金やダイヤモンドをもとに多大な富を作りました。馬車からもその繁栄を見て取ることができます。

プリンセスが使用していた馬車はまるでシンデレラに出てくるようなデザインで、内装も繊細な作りになっています。いくつかの代表的な馬車の前にはデジタルパネルが設置されており、内装の詳細写真を見ることができます。またどの様に使用されていたかもイラストを用いて描かれています。

2015年に新しい建物が建築されリニューアルオープンしたため、館内はとても広く綺麗です。それまでの博物館は18世紀に建てられた王室の乗馬学校を改装し運営されていましたが、こちらは今でも旧館としていくつかの馬車が展示されています。新館のみ入場の場合は8ユーロ、旧館のみ入場の場合は4ユーロ、両方の場合は12ユーロです。新館は1時間半から2時間くらい、旧館は45分前後あるとじっくり見ることができます。馬車だけをメインに集めた世界でも珍しい博物館なので、時間が許せば是非両方見てもらいたい場所です。

ベレン地区は世界遺産のジェロニモス修道院やベレンの塔、またポルトガル伝統菓子パステイス・デ・ベレンで有名ですが、この博物館は近くになりながら割と空いているので通常は並ばずに入ることができます。ただし、日曜・祝日の10:00から14:00の間は、ポルトガル国籍の人は入場料が無料のため、子供連れなどで混み合いますのでご注意ください。

2018/07訪問

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
国立馬車博物館周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する