1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ナポリ(イタリア)観光地
  5. プレビシート広場の現地クチコミ

ナポリ (イタリア) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

ナポリの中心・プレビシート広場

  • 観光おすすめ
  • 地元っ子に人気

トレド通りからナポリ湾に抜ける際に横切る25,000平方メートルの広さを持つ大きな空間、プレビシート広場。
ナポリで多くの市民が一同に何かをするとき、人々はここに集まります。
それはコンサートだったり、デモだったりと様々。プレビシート広場は、ナポリの主要広場です。

ローマのパンテオンをモデルにして作られたサン・フランチェスコ・ディ・パオラ大聖堂を背にして、
かつてのブルボン家の宮殿であるパラッツォ・レアーレ(王宮)を正面に見るこの広場、
名前の「プレビシート」とは、イタリア語で「市民会議」の意。
1860年、イタリア統一が進められていくなか、両シチリア王国はサルデーニャ王国に統合されます。
それを決めることになった市民会議から、その名前が付けられました。

このプレビシート広場の中心には2体の騎馬像があります。
ナポリは都市伝説で溢れていて、それらはつい笑ってしまうものから、背筋が冷っとするものまでとバラエティに富んでいますが、
まさにこの場所に纏わる都市伝説も、ナポリの子供達に人気な伝説の一つです。
それはその昔、時の女王マルゲリータ・ディ・サヴォイアが月に一度、囚人を一人連れてきては王宮の扉の前へ立たせ、
「目隠しをしたまま正面にある二つの騎馬像の間を通ることができたら、解放する」という約束をしたという話で、
彼らの中に成功したものはいなかったと言われています。
2体の騎馬像の間は比較的距離があり、なんの難しさも無さそうに思うのですが、
子供達、観光客が挑戦し、多くの人が左右へ大きく反れてしまい、失敗するらしく、
それにはマルゲリータ女王の呪いが関係しているのだそうです。
プレビシート広場を訪れた際は、ぜひ目隠しをして試してみて下さい。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。