1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ニューカレドニア観光地
  5. ミュール・オ・ポワットの現地クチコミ
ニューカレドニア 観光の現地クチコミ

Mur aux pouates ミュール・オ・ポワット

樫山 弘紀 (ダイビングインストラクター)

中級者向けのドリフトダイビング

  • ダイビングおすすめ

イルデパンのダイビングサイトには3つのパス水路があり、この場所に多くのポイントが集中しています。
その中でも一番生物が集まり、サンゴがキレイなポイントをご紹介いたします。
その名も「Mur aux poautes」。フエダイの壁という意味です。
しかしフエダイの仲間だけでなく、様々な生物が集まり、まるで生物が壁のように群れる場所です。
上げ潮時には、数千匹にも及ぶタカサゴの群れがハードコーラルの上を泳いでいます。

リーフトップにはハードコーラルが一面に広がっており、ドロップオフの中層にはウミウチワなどのソフトコーラルが咲き乱れています。
ブルーウォーター側では、グレイリーフシャーク、マダラトビエイ、ピックハンドルバラクーダ、イソマグロ、ヨコシマサワラなど迫力ある生物達を見ることができます。

このポイントではドリフトダイビングスタイルで潜り、ドロップオフの中層を泳いでいきます。
流れが早く、水底は50m付近まで深くなっており、アップカレントが発生しやすいポイントのため、中級者向けのポイントとなっています。

世界遺産に登録されたイルデパンを代表する外洋ポイントです。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。