1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ニューヨーク(アメリカ)ホテル
  5. ザ グリニッジ ホテルの現地クチコミ
ニューヨーク (アメリカ) ホテルの現地クチコミ

現地のプロ(10人)詳細

The Greenwich Hotel ザ グリニッジ ホテル

ニューヨーク最高人気のブテイックホテル

  • ガイドの超イチオシ!

グリニッジホテルは数多あるニューヨークのホテルの中で、現在、最高の業績をあげているホテルのひとつ。俳優、ロバート・デ・ニーロが保有するホテルとして知られているが、この人気はそれから生まれているだけとは言えない。

トライベッカは古い建物が多く残る保護地区。そこにある既存の建物をとり壊して、近代的なホテルを建てることは法的に許されない。ここに建つグリニッジホテルも100年以上昔からあるような外観をしているが、実は、2008年の4月にオープンしたもの。トライベッカの街並みにフィットした建物となっている。

内装も然り。ロビーの天井は、ニスすら塗られていない生木の柱で組まれている。床はレトロ模様のタイル張り。その上に、色褪せたカーペット。広い居間には、年季の入った家具が置かれ、中央に炎が燃え盛る暖炉がある。オープンハウスの中庭は、レンガの壁で囲まれていて窮屈さを感じる。だが、隣接したビルに描かれたジェームスデーンの巨大壁画を目にするとき、人々は〝信じられないものを見た″という感動を覚えるに違いない。

ロビーにはバーカウンターがあり、スタッフがサーブを行う。ここは宿泊ゲストだけが利用できる空間。ホテルが満室の時でも、外部者がいないので、静けさを保てる。異常な数のリピーターがついている理由のひとつは、ホテル全体が宿泊ゲストだけの場になっているからだ。ロビーが部屋の延長となり、深夜にルームサービスを利用して、そこで食事をすることなども可能にしてくれる。夜中のバーは勝手に使って、〇〇を飲んだと申告しておくだけですむ。

地下にはジム、スパ、プールがある。その壁と天井は250年前の日本の家屋で使われていた木々で造られている。映画のセットのようなその施設は幻想の世界のようだ。また、和を取り入れ、ウオッシュレットがそのフロアーに完備されている。客室のドアは、ところどころ腐りかけたようにも見える木製素材。88ある客室は全て装飾が異なり、チベット製シルク、イギリス製ソファ、モロッコ製タイル、イタリア製大理石などの素材が使われている。どんなに最先端の素材を使って建てられたホテルでも、10年たてば褪せて見えるようになるが、アンティーク素材にはそれがないという強みがある。

アンティークに興味がない人でも、この驚きとサービスがあれば、次も戻ってきたくなる。そして訪れる度に、次第にアンティークを見る目が肥えてきて、楽しみは大きくなる。それは絵画に目覚めた人が美術館に通いたくなるのに似ている。グリジッジホテルは、大人のテーマホテルと呼びたくなる場所。一度、宿泊したら、次もこのホテルに戻りたい衝動から逃げられなくなるホテルだ。

2017/10訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。