1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. パリ(フランス)観光地
  5. 国立ギメ東洋美術館の現地クチコミ
パリ (フランス) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Musee National des Arts Asiatiques Guimet 国立ギメ東洋美術館

パリで東洋の芸術品を見るなら、ここに限ります

  • 美術館おすすめ
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

メトロ9号線のイエナ駅を出ると、広場の中央にはアメリカ合衆国の独立戦争で活躍し、のちに初代大統領になったジョージ ワシントンの騎馬像があります。国立ギメ東洋美術館はこの広場に面していて、角が丸くなっている建物ですから、すぐに分かります。

入り口で簡単な手荷物検査があり、そのすぐ脇でチケットを購入します。入場料は大人11.50ユーロ、小人(18〜25才)8.50ユーロ、18才未満は無料。毎月第1日曜日は無料です。

また、無料で借りられるオーディオガイドの日本語版がありますが、機械を破損させた場合には305ユーロも取られるのでご注意を。オーディオガイドが説明する所要時間は1時間半くらいです。

この美術館は、その名の通り、エミール・ギメというフランス人旅行家・美術品収集家のコレクションをベースに設立されました。彼は古代エジプトの作品も集めていましたが、ルーブル美術館にあった東洋の芸術作品と交換して、アジア諸国の美術品に特化した美術館になりました。

日本の浮世絵だけでも約3,000枚、それ以外にも日本部門だけで11,000点。そして、アフガニスタン、インド、中国、韓国などのアジアの国々の作品を含めて、長きに渡る東洋史が5,500平方メートルの展示スペースに収められています。現在ヨーロッパで最も多くのアジアの芸術作品を集めた美術館です。

半年おきぐらいでピカイチの企画展を開催しています。日本文化にも特化した展示会もやりますので、パリを訪れたタイミングで興味のある展示があればぜひ訪れてみてください(詳細は公式ホームページをご確認ください)。火曜日は休館です。

2019/08訪問
  • ジャンル
    美術館・ギャラリー
  • エリア
    16区 トロカデロ
  • 住所
  • アクセス
    メトロ6号線イエナ Iena駅すぐ または リューベック Lubeck停留所から徒歩1分
  • 電話番号
    +33-1-56525433
  • 営業時間
    [水-月]10:00-18:00
  • 定休日
    火曜日
  • 予算
    大人 11.5ユーロ
    小人(18〜25才) 8.5ユーロ
    18歳未満 無料
  • 公式サイト
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。