2019年 格安航空券比較サイト/格安ホテル比較サイト オリコン顧客満足度®調査第1位に選ばれました!
  1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ヤンゴン(ミャンマー)グルメ
  5. ラッキーセブン(本店)の現地口コミ・地図

ヤンゴン (ミャンマー) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(3人)詳細

Lucky 7(Lucky Seven Tea Shop) ラッキーセブン(本店)

地元で愛される老舗の有名店で食べる絶品モヒンガー!

  • ローカルフードがおいしい
  • 穴場
  • 地元っ子に人気

ラペッイェ(ミルクティー)の美味しい創業45年超の老舗喫茶店。
モヒンガーやナンジートウッと言ったミャンマーを代表する朝食メニューの他に(終日注文可能)、肉まんやちまきと言った中国の影響を受けた食事、ナンやサムサと言ったインド風なものまで品揃えは幅広く、ミャンマーの伝統的な喫茶店文化を気軽に体験することが出来ます。
ロンリープラネット(TOP CHOICE)やトリップアドバイザー(342レストラン中18位)でも紹介され、ミャンマーローカルフードを気軽に食べられるお店として、海外からも高い評価を得ています。
全商品が載った写真付きのメニューもあるので、指差しで注文出来るのも観光客には嬉しいところ。

ラッキーセブンは、ボータタウンの埠頭に一軒の喫茶店を開いた事からはじまりました。夫婦2人と従業員1人の3人で始めたお店ですが、今ではヤンゴン市内に5店舗、従業員数約300名を超える喫茶店となりました。
現オーナーは日本で学び、帰国したのち、ミャンマーの伝統的な喫茶店のスタイルに<日本式>のサービスを取り入れました。

【ミャンマーにおいて、ラッキーセブンが初めて行った3つのサービス】
1、従業員に制服を着せた
それまで制服と言う文化のなかったミャンマーで、従業員が制服を着たのは画期的な事件でした。これにより客が従業員を簡単に見分けられるようになり、従業員にもプロとしての自覚が芽生えることに。

2、お茶の茶碗を煮沸消毒
街の喫茶店では、お茶の茶碗は回し飲みが基本。飲み終わった茶碗を逆さにして戻し、洗わずにそのまま次の人が使うのが一般的です。ラッキーセブンでは茶碗の洗浄は勿論のこと、客から見える所で茶碗を煮沸消毒し、あつあつのまま提供するスタイルを確立しました。

3、食事後のテーブルの洗浄
テーブルを拭く際は乾拭き、水拭きが一般的ですが、ラッキーセブンではクリーナー液を使用して清掃し、次の客の為にテーブルをセッティングします。これを、どのテーブルでも行う姿が常に見える為、客からの「この店は清潔安全である」と言う信頼に繋がっています。


一杯400チャット(約40円)のラペッイェを出す街の喫茶店ながら、一流のサービスを受けられるとあって、庶民から高級車で乗り付ける富裕層まで、ミャンマーの幅広い層から支持されている喫茶店です。

【ラペッイェの種類】
ミャンマー人が大好きなラペッイェ。同じように見えて、皆それぞれにお気に入りの配合があり、注文の際には店員に好みの味を細かく注文するのが地元流。苦さは煮だした紅茶の濃度、甘さは練乳の量。この2つの割合で味を調整しています。甘くないと言いながら、思ったよりも甘みがあるのがアジアらしいので、下の表を参考に自分だけのラペッイェを注文してみては?

苦い ↓チャーゼイン=紅茶が濃いので紅茶の苦味を楽しめる

    ↓ポーチャ=甘くなく苦い、チャーゼインよりは紅茶の濃度が薄い

    ↓ポーセイン=苦くもなく甘くもない

    ↓チョーボ=甘さが薄い

普通 ↓ポンマン=ミャンマー語で「普通」何も言わないとポンマンが出て来ます

    ↓チョーセイン=甘い

甘い↓チャウッバダウン=練乳多めでかなりの甘さ


【メニュー参考】
・ラペッイェ … 400チャット(約40円)
・モヒンガー … 500チャット(約50円)
・ノォセインカウスエ(豆乳麺) … 600チャット(約60円)
・サムサ … 200チャット(約20円)
・ナンジートウッ … 1,500チャット(約150円)
・ペータミン(豆ごはん)… 600チャット(約60円)
・パンモウンチェッウージョー(フレンチトースト)… 600チャット(約60円)

【店舗情報】
・ラッキーセブン Lucky Seven Tea Shop
住所:N0.115,Lower Kyimyindine Road, Ahlon Township, Yangon Myanmar(本店)
TEL:(01)223379,(09)73002863
営業時間:AM5:00~PM16:30、日曜のみAM5:00~~PM12:00(ラストオーダーAM11:00)

【アクセス】
・ミャンマー語で「ラッキーセブン ラペッイェ ザイン」。店の名前はタクシー運転手なら誰でも知っています。
・ヤンゴン各地に5店舗あり、利用しやすいのはダウンタウンにある49Streetのお店。
No.138/140, 49Street, Upper Block, Pazuntaung Township, Yangon Myanmar

・8マイル店は、空港の途中に立ち寄る事が出来、大変便利。朝5時から営業しているため、しっかりと朝ごはんを食べることが出来ます。
No.1-A, Selmyaung Road, (8)mile, Mayangone Township, Yangon Myanmar

・Corner of U Chit Maung Road and West Horse Race Course St, Tamwe Township, Yangon Myanmar
・No.15-B, Thu Dhamar Road, North Okklapa Township, Yangon Myanmar
※タクシー料金は初乗りが1,000チャット(約100円)~、メーターはなく事前の交渉制になります。
※ヤンゴン市内の車でのご移動は、渋滞が酷い為に所用時間はご参考まで。

【その他】
・テーブルの上に置かれた食べ物は、食べた分だけ計算するシステム。たとえば、一皿に肉まんが2個あり1個食べたなら、1個分を支払えばOK。
・テーブルの上のポットにはミャンマー茶が入っています。お茶は飲み放題で、なくなったら交換してくれます。
・モヒンガーのスープは、一回のみおかわりすることが出来ます。「ヒンイェ ペーバー(スープください)」
・タバコは1本単位で購入することが出来ます。ライターは各柱にあります。
・各席足元のバケツはゴミ箱。
・従業員の制服には2種類あり、赤い制服を着ているのがリーダー。
・従業員は男子のみ。一店舗あたり約60人が働いています。
・トイレもきれいなので利用価値あり。
・壁中に貼ってあるミャンマー語は仏陀のお言葉。
・従業員とキッチンは撮影禁止。
・お支払の際は「シンメー!(お勘定)」と一声どうぞ。

※価格は2015年8月調べ

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。