1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. リオデジャネイロ(ブラジル)グルメ
  5. フォゴ・デ・シャォン(リオ店)の現地クチコミ
リオデジャネイロ (ブラジル) グルメの現地クチコミ

Fogo de Chao フォゴ・デ・シャォン(リオ店)

Catharine (現地在住ブロガー)

ボタフォゴ湾を眺めながらブラジリアンバーベキューが堪能できるレストラン

  • 夜景が美しい
  • ガイドの超イチオシ!
  • 定番人気

ボタフォゴ湾にたたずむシュハスカリア(シュハスコのレストラン)。リオでゲストを1回だけシュハスコに連れて行くとしたら、私はこちらを選びます。お肉が美味しいのは当然なのですが、昼間でも夜でもボタフォゴ湾のキレイな景色も楽しめるから。天気が良ければ、ポン・ジ・アスーカルもみえますよ!!窓際のロマンティックな席が希望であれば、予約をしていくのがお勧めです。

レストランはボタフォゴ駅から近くではありますが、海岸沿いの道路の整備状況上、特に夜は徒歩でのアクセスは厳しいです。タクシーを利用するようにしましょう。

ブラジルが本場のシュハスコ。通常、シュハスカリアでは、お肉のバーベキューだけでなく、前菜からメインまで揃うビュッフェがあり、料理は全て料金に含まれています(R$120/人)。こちらのビュッフェでは、生ハム・チーズ等の前菜コーナーが豪華なので、お酒と一緒についつい箸ならぬフォークが進みます。

テーブルに置いてあるカードが、シュハスコのスタートとストップの合図になります。"sim, por favor(yes, please)"と書かれた緑の面を上に向けると、スタートの合図。ウエイターがお肉を持ってきてくれます。お腹がいっぱいになったら、"no, obrigado(no, thank you)"の赤の面にしましょう。

私のお気に入りはピカーニャ(イチボ)。クッピン(コブ肉)やコステイラ(リブ)も人気です。あとは、グリルしたチーズやパイナップルも美味しいです。テーブルに部位を解説したカードが用意されていますので、参考にしながら、自分の好みを探してみてください。たくさんの種類がでてきますので、自分の好みの部位でない場合には、遠慮なく断りましょう。

食後は、是非テラスに出てみてください。ボタフォゴ湾が一望できますよ。

高橋 直子 (ライター、メディア・イベントコーディネーター)

高級感を満喫できるシュハスカリア

  • シュラスコがおいしい
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

騒がしいシュハスカリアとは一味違う、おしゃれでロマンチックな雰囲気でシュラスコを味わいたい方は、フォゴ・デ・シャンへどうぞ。

ブラジル南部の肉の焼き方を採用した、シュラスカリアで、南部で初めて店がオープンしたのは1979年のこと。現在はブラジル国内外で32店舗を展開する有名店となりました。

リオデジャネイロ店は、グアナバラ湾が見渡せる、ボタフォゴ地区にあり、湾に突き出たベランダでは、まさに波の音を聞きながらリオの夜を楽しむことができます。

サラダバーには、高級素材が使用された数々のお惣菜が並び、スペイン産の生ハム、イタリアのチーズなど試してみたいものばかりです。そしてお肉は、ピッカーニャでもさらに柔らかい、ピッカーニャ・ノブレなどの、一般的なシュラスカリアにはない上等のお肉をお願いしてみましょう。メニューになくても注文すればテーブルまで運ばれてきます。

地元の人にとっては、お誕生日を祝う人気店でもあります。ウェイターが持ってくるケーキに、急にハッピーバースデーの大合唱が始まることも。そんな時は一緒に手を叩きながら祝いあう。そんな光景もこの店ならではです。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。